<<<< スピニングマスターズ 2014年 イベント大道芸 報告記 Page01 >>>>

1月2日 木曜日 サンリブ五日市店

スピニングマスターズの公式サイトをご覧いただいております皆様、新年あけましておめでとうございます!

一年なんてアッという間のことだと、毎年年末には思ったりしますが、こうして新しい年を迎えられると、気持ちもリフレッシュしたような気になり、また一年を頑張って活動していこうという決意が持てます。

2014年がどんな年になるのか、まだまだ白紙の状態でありますが、新しいことに向けチャレンジすることをやめてしまうと、それは前進を止めることを意味し、ついには芸も衰退してしまうと思うので、自らのアイデアで方向性を見出し、まだまだ全力投球でチャレンジし続けていきたいと思います。

元旦は友人宅で豪勢なおせち料理の数々を目の前にし、みんなでのんびりお正月気分を味わうことができ、午後からはイベント出演のため広島県に向けて出発!!

広島の五日市まではスピニング号でゆっくり目に走行し大体8時間くらいの予定。しかし、やっぱりお正月休みということもあり、ちょっと混雑していたり、あちこちで事故があり9時間かけてホテルに到着。帰路はもっと心配ですが・・・。

広島県でも山口県に近い方面でスピニングマスターズとしてはボートレース宮島での出演以来の上陸でした。

イベント会場のパフォーマンス空間は結構広くで動きやすいのですが、天井に制限はあってエンディングのローラーの高さを少し低めに設定したり、クスダマの高さも調整して準備完了。

準備をしながらオープンした店内にやって来るお客様を見ていると、なんとなくではありましたがちょっと冷たい視線。よそ者・・って感じなのかな?などと思いましたが、先入観だけでそんな風に思ってもいけないと、本番スタートに向けてテンション維持。

スピニングマスターズのパフォーマンスショーのスタイルは、前半は前座的なネタ系のパフォーマンスで構成され、後半はファイヤーショーでもイルミネーションショーでもそれほど大きな演目変化はありません。この時も最初に津軽三味線の演奏をしようと準備だけはしてありましたが、ショータイム10分前から流し始めたBGMとMCのお姉さんの軽快なトーク、そして金髪ちょんぼケイタとOK!ヒロヤの呼び込み開始。

その時にちょっとだけと思って繰り出したデビルスティックの何気ないアイドリング。これが拍手喝采となり会場の空気は一瞬にして宴会場のような雰囲気になりました。

大道芸のショーというものはいつもこの報告記でも書いてきたように現場の空気感や雰囲気というものはパフォーマーだけでつくり上げられるものではありません。絶対的に一体感が無ければそれは無理。

決して思い上がっているわけではありませんし、お客さんの助けがなければこんな雰囲気は味わえなかったと思いますが、新年初イベントでの初パフォーマンスから幸先が良いスタートでした。

1回目のショーが終わった後、一人のおばあさんがすぐ近くまで来てスピニングマスターズに深々と頭を下げ「どうぞ、これからもお体に気を付けて頑張ってください、ありがとうございました。」と震える声で言っていただけた時の声が今でも耳に残っております。

1回目は比較的大人のお客さんが多目。2回目は良い感じに子供たちも混じってご覧いただけましたが、やっぱり人気だったのが津軽三味線。前半の演目は少し入れ替えてのショーでしたが、1回目のショーに輪をかけた一体感のある盛り上がりで大成功!

私たちも気持ちよく今年のスタートきれた一日でありました。

1月3日 金曜日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 大道芸

広島のイベント終了後は予定通り(?)の大渋滞。山陽道、中国道、名神と合わせるとかれこれ合計で100キロ程が渋滞。しかもほとんどが事故渋滞という状況でスピニング号は広島市からグングンと北上し、山陽道をパスし中国道へ抜けました。こちらは混雑はしていても渋滞らしい渋滞もなく距離的に大回りしても時間的には大幅に短縮することができました。

お正月のUターンラッシュは本当に怖い!!そしてその翌日はホームグランドの長島での大道芸。自宅から1時間以内という移動もさることながら、やり慣れた場所というだけで安心感が違う。

この日は最近成長がめざましい後輩芸人のわくわくブーブさんとご一緒。

広島遠征の疲れを引きずらないようにと思うのだが、トモヒロパパのエネルギー回復率は50パーセントくらいだったかな??(笑)年々体力復帰するまでの時間が長くなっているがなんでだろう?(って歳のせいに決まってるじゃないか!!とツッコミどころを作ってみました!)

各国でラリーの仕事をしていた時は3日ほど寝なくても食事もモリモリ食べられて、10分も仮眠すれば500キロくらいはノンストップでスイスイドライビングできたものだが、現在はそんな風にはいかない。それなりに体力を温存しながら道具箱の裏でひっそりと、そして必死になって仕事をしております。そんな体力消費の心配などとは無縁の金髪ちょんぼケイタとOK!ヒロヤ。表舞台ではガンガンパフォーマンスを展開しておりました。

さすがに最後のナイトショーのころにはジャグリング中にドロップしたりケアレスミスが目立ちましたが、落ち着いて最後まで状況を見極めながらショーを完了しました。何故か暗くなっていくにしたがって我々パフォーマーは徐々に体力が薄くなり、お客さんは逆にテンションが上がって来るという不思議な感じでしたが楽しく初大道芸をホームグランドですることができました。

初詣の時に「今年も全員が怪我もなく、楽しい活動ができますように!」とお願いしてきました。

1月4日 土曜日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸

2日に広島から帰ってくるときに関ケ原付近は高速道路から眺める景色は全面雪でありました。それを考えると出かける時にナーバスにならざるを得ないのですが、新年、初竜王なので気合を入れていざ出陣。

天気予報では雨ではなかったはず。しかし彦根から先は小雨が降っていて、その雨は竜王に近づくにつて次第に強くなり、現場に到着してもパラパラ状態のままでした。

仕方がないので雨が止むまで現場待機。幸運にもすぐに止んでくれてセッティングできました。本当に天気の変化が激しく、時には振り回されてしまうことが多いので苦労します。それにしても吹き込んでくる風の冷たさが身に沁みる!この場所に業務用のストーブを入れてほしいのでありますが・・、いろいろ都合というものもあるようで。

時々このホームページでも書いてきましたが、館内を歩いているお客さんにとっては本当に発見されにくい場所なんです。このセンターコート、ど真ん中にあるのに何故と思われるかもしれませんが、本当に人通りが少ないのが特徴。

この日の大道芸でもBGMをスタートしても、音量の制限もあるので館内放送にかき消されてしまい、そして目の前を流れている人はなかなか止まることもなく、パフォーマーは絞り出すようにオーラというヤツを体中から出しまくってはいるものの、しばらくはゼロ人のまま待機するのでこの時点で精神的にめげそうになるのです。(笑)

それが状況が急に好転するのは最初の2組くらいのお客さんがベンチに着座したときにおこります。まるでイス取りゲームのように我先にとベンチに人が集結。一瞬の出来事ですよホントに。お客さんなのでさすがにそんなことはできませんが、この様子をYOU TUBEに載せたいくらいです。ま、それはジョークでありますが、人間、何事も辛抱することが大切なのだよ、とお客さんに教えられているのでしょうか。

こうして今にも雪が降りそうな高速道路を走ってここまで来たからにはバチコーン!とひと盛り上がりして帰りたいもの。そういえば帰りはまたしても正月休みのUターン渋滞がひどく、ALL下道で峠を越えて名古屋へ戻りました。真冬の遠征は今年も大変だ!!

1月5日 日曜日 リーフウォーク稲沢

一般的にはこの日がお正月休みの最終日だったのではないでしょうか?スピニングマスターズも元旦から行動を開始して事実上、本日のリーフウォーク稲沢でのイベント出演がお正月活動でありました。

広島や竜王への移動時の大渋滞は予想以上で少々疲れ気味ではありましたが、パフォーマンスを行うコンディションとしてはまずまず。しかも自宅から30分以内という最高の移動条件で、それだけでもテンションが上がるぜ!!!

初めての現場でしたが、到着してすぐに吹き抜けの天井空間を確認。これはディアボロ上げるしかない!って感じの場所でした。今日も気合が入るね!!

午後1時と3時の2回のショータイムでスピニングのじょんがらワールドをバリバリに展開します!!

セッティングには担当のスタッフの方に丁寧に対応してもらい、とってもやり易いスタイルで設置できました。

この場所でのメリットはディアボロだけではなく、津軽三味線の演奏もしましたが、吹き抜けの会場で天井の方まで津軽三味線特有のウヮ〜ン、ウヮ〜ンというウナリ音が響いており、その共鳴効果にパフォーマーも気持ちよく演奏できたようでした。

ディアボロのパフォーマンスはスピニングマスターズにとってはお家芸。そしてこの稲沢では8年ほど前になりますが全児童館でディアボロのレクチャーをしていたころが懐かしく思い出されました。

金髪ちょんぼケイタ曰く、「今日はディアボロのハイトスが一番盛り上がった!!」

パフォーマンススペースの頭上にあった2枚のタペストリーの間を貫く様に飛ばしたディアボロは真っ直ぐ飛んでいき、真っ直ぐストリングスへ帰還。その瞬間のお客さんの歓声が道具箱の裏で音響オペレーションをしていたトモヒロパパの耳にもハッキリと届きました。

1回目も2回目も沢山のお客さんと一緒に時間を過ごせて嬉しかったけど、一番うれしかったのはどちらの回もショーが終わりクスダマが割れた直後に大勢のお客さんから握手や写真撮影を求められたこと。OK!ヒロヤが「握手会、サイン会のお客さんはこちらに一列にお並びください!」とボケMCをして大笑いを取っておりましたが、それくらい大勢の方とコミュニケーションできたことがスピニングマスターズには嬉しかったのです。

こうして2014年がスタートし、お正月の活動は無事に完了しました。まだまだ今年はどんな年になるのか未知数でありますが、大道芸でのイベントでも1回1回のショーでの出会いだけは大切にし、お客さんの期待を裏切らないパフォーマーになれればと考えております。

初心を忘れず、どなた様にも楽しんでもらえるパフォーマンスをお届けすることをお約束します!!

1月12日 日曜日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 大道芸

お正月休暇も皆さん一通り終わったようで平日の大道芸現場はどこもガラ〜ンとした感じで、お正月の浮かれた雰囲気から一変、落ち着いた雰囲気になりました。大道芸の方は1回1回が真剣勝負のようにスタートするのも一苦労するくらい難しくなってきました。

例年のことなので「1月中旬を過ぎればこんなもんさ!!」などと、顔で笑い飛ばして、内心はビビリながらも頑張っております。冷たい風もパフォーマーにとってはマイナス要素なのですが、ジャズドリーム長島のこのサザンベルスクエアは「夏はカンカンに日が当たり暑く、冬は日蔭となりメチャメチャ寒い!!」そういうところなのであります。

ゆえにステージ回りの観客用ベンチには屋外用大型ストーブがあり、これがあるおかげで何とか30分程度のショーはお客さんにもお付合いいただけているのかな?って思います。滋賀竜王にもこんな大型ストーブが2つでイイから欲しいものです。

ショーを始める直前にパフォーマーが点けて、ショーが終わったら全部消すということになっておりますが、お客さんの休憩タイムのみならず、イベントや大道芸パフォーマンスもゆっくり楽しんでもらえるようにとの施設側の配慮です。

スピニングマスターズの3回目のナイトパフォの時に子供がこのストーブによじ登って遊んでいるのを見かけました。昨年のクレーム事件以来、ケイコママやトモヒロパパが直接お客さんにお声かけすることはしなくなりましたが、さすがにこれは危険すぎるしマナー悪すぎ。見かねたケイコママが注意していましたが、遅い時間帯だと良く見かけるのですが子供だけでステージ周辺にいるので本当に困ります。

この日のジャズ大道芸は久しぶりにパクパク先輩と。ステージでのイベントやライブはなく3回ずつピッチをあげてショータイム実施でした。さすがに最後の回は通算6回目の大道芸。連休中なのでお客さんは確かに多かったのでありますが、暗くなってきてかなり寒いし・・もうお客さんも見てくれないんじゃないかと。

ステージ周辺に漂う空気感がちょっと厳しそうな気配がありましたが、自分たちを奮い立たせてナイトパフォ、いざスタート!!!

OK!ヒロヤも金髪ちょんぼケイタも気合が入っていました。気合が入りすぎで最後の演目ローラーに乗る時に股引きがバリッ!!股引きが股裂けに!(笑)

OK!ヒロヤや金髪ちょんぼケイタが大道芸じょんがらの時に身に付けている衣裳は本来お祭り用のもの。御神輿担いだり、人力車を引いている人が着るためのもの。「腹掛け(はらかけ)」と「股引き(またひき)」と言いますが、丈夫にできているのですが、毎日のように酷使してきているので仕方ありませんね。年間でOKも金髪も4着ずつくらいダメになります。演技中お客さんの目の前で、にこれほど激しく裂けたのは珍しいことでありました。(笑)

1月13日 月曜日 大府 アグリタウン げんきの郷 大道芸

げんきの郷では11日にはおしるこやキノコ汁、今日13日はつきたてのお餅など美味しいものがお客さんに振舞われておりました。

大道芸でいつもお借りしている場所の近くで行列ができるので、振舞いイベントの時間帯は避けてショーをしました。お客さんからは「何時からやるの?」とさんざん訊ねられて、興味を持ってもらえたことが嬉しい反面、場所が空いたらやろうと思いますとも言えず、「イベントではないので時間は決まっていないんです・・」と説明。

11日は極寒過ぎて2回で終了!本日は3回なんとか頑張りましたが、風が強くて4ディアパスはおろか、3ディアパスさえできなくて、ショーの構成なんかもいつもと違っていてちょっと変な感じになりましたが、お客さんのテンションは高め!

毎回沢山のお客さんに集まってもらえましたが、ショーを開始してから集まり切るまでのスピードが早かったのが私たちスピニング的には有難かったというか、早目に来てくれたお客さんになんだか寒いところでジッと待っていていただくのも心苦しいので、素早くスタートでき、そしてテンポ良く短めのショーでやれたのが良かったのかもしれません。

風さえなければ日向は暖かそうだったのですが、今日の大道芸は風を敵に回し、そしてお客さんに助けられという感じでした。

偶然スピニングマスターズの大道芸を見てくださった方、そして目指していらしてくれた方、沢山の方から暖かいメッセージをいただきました。またスピニングマスターズのホームページからも多くのファンメール、誠にありがとうございました!!

1月17日 金曜日 三井アウトレットパーク 滋賀竜王 大道芸

今年2度目の広島への旅。その前に三井アウトレットパーク滋賀竜王での大道芸活動をしました。この時期になると名古屋からは名神ルートで関ヶ原を抜けるにしても鈴鹿方面から新名神を使うにしても、どちらも雪や凍結の心配があります。

「トンネルを抜けるとそこは…」という有名なフレーズがありますが、本当に怖いのは現場付近まで接近しないと雨なのか、雪なのか、晴れているのかが判断できないこと。本日はどちらにしてもその先、西日本へ向かうので帰路の心配も無用だし、少し時間も余裕があって久しぶりに滋賀竜王のフードコートでランチをしながらお客さんが増えてくるのを待ちました。

結局1回のみのショーではありましたが、1時過ぎにはスタートできました。目指して来てくださったお客さんも居てくれたおかげでショーは成立でき、少人数ながらもアットホームで、やって良かった!と思える大道芸でした。右写真の親子に感謝しつつ広島に向けて再スタート。

1月18日 土曜日 松本様 白石様 結婚披露宴

すでに今年2度目となりました広島。大した渋滞もなく無事にホテルに到着。

ある人からの依頼を受けて、今回のショーは特別でした。依頼内容は結婚式披露宴会場でのパフォーマンス。約20分間なのでお届けするショーの内容もギュギュッと凝縮して構成を決定しましたが、実は新婦さんから新郎さんへのサプライズ演出。

新郎さんがスピニングの大道芸を気に入って何度もご覧いただいているとのこと。新婦さんから新郎さんへプレゼントをということでおよびいただきました。そこでスピニングもサプライズ登場する必要があってシークレット大作戦を決行!。見つからないようにすること、気が付かれないようにすること、これがめちゃめちゃ大変ではありましたが、最高に楽しい!!

挙式会場となる大きなホテルに前日から宿泊していたのですが到着した夜は大丈夫でも、翌日は出演時間は夕方の6時。それまでリハやセッティングなどやることは沢山あるのですが、控室から一歩も出ないわけにはいかず、ホテルの館内でどこかで見つかってしまったりしてはシークレット大作戦が台無し。広島に向かう道中、スピニング号の中での打ち合わせはそればかり。

ヒロヤもケイタもそれはそれ超目立つ出で立ち。ホテルのロビーを通過していくだけでもそこに居合わせた8割り以上の人がもれなく振り向く状態。本人たちはオーラを消し去っているつもりでも、赤毛と金髪は目立つ!!
そしてスピニングにとっては礼服を着ている人が大勢居るなかで、果たしてどのかたが新郎さんなのかも今一つ定かではなく、トイレや昼食に出かける時もコソコソと。

スピニング本人たちは「こりゃぁ、ちょっとしたスパイ映画のようだー!」とスリリングな気分を味わっていても、ホテル客には変な髪型の挙動不審者がコソコソ歩いてる、ってそりゃぁそうなるよね。(笑)そんなスパイ気分で食べに出かけた広島焼きは最高!

新郎さん新婦さんがチャペルで式を挙げている隙に披露宴会場でセッティングと津軽三味線の音合わせチェック。そして一旦セッティングした機材は控室へ。めちゃめちゃ忙しい!そんな忙しい時間の中でもシークレット大作戦でメンバーはニヤニヤと楽しそうでした。

次は新郎新婦さんがお色直しで会場内に居ない15分の間に本番用のセッティング。そしてホテルで用意してもらっていた大きな布で機材や道具を隠して、もう一度控室へ。トモヒロパパだけはパフォーマーが登場するときにいきなりBGMを流さなければならず、ひっそりと機材の裏に隠れて新郎新婦さんのお色直し再入場となりましたが、見つかりはしないかとヒヤヒヤでした。!

いよいよ披露宴会場でのパフォーマンススタート!

司会の方にご紹介いただき、暗転とピンスポットの中で登場!まずはお二人にきちんとご挨拶とおめでとうのお祝いを申し上げました。

ご着席されたまま見ていただきやすいようにと考慮した演目だけでショーの構成を決め、津軽三味線、ディアボロ、ジャグリング、そしてクスダマとシンプルながらも、それなりに運びは考えたつもりでしたが、想定外だったのがピンスポット。けっこう眩しくてジャグリングに苦戦してハプニング続きでした。また天井の高さと20分という時間の関係でローラーには乗らずではありましたが、新婦さんの新郎さんへの思いや、新郎さんがファンでいてくださる気持ちなどを考えながら精一杯頑張ってショーをお届けしました。

会場のご両家の皆様、ご列席の皆様、新郎さんへのサプライズのために会場が一致団結していたような雰囲気でした。暖かい方たちに囲まれてスピニングのショーを見ていただくお二人もとっても幸せそうでした。

昨年の9月にはスピニングの周辺でも、金髪ちょんぼケイタの結婚式も行ったばかりでまだまだ記憶にも新しく、この会場に集った皆様の気持ちや感情までも手に取るようにわかり、なんだかお二人のことや、ご両家のご両親がとっても身近に感じられました。

末永くお幸せに!本当におめでとうございました。また、大道芸でスピニングマスターズを見かけたらお声をおかけください。

ホテルを出る前にお二人とも記念撮影をして広島から名古屋に向けて帰路を出発!山陽自動車道に乗ったとたんに大吹雪。岡山あたりまで強風と雪で通行止めになってしまわないかと心配でしたが、岡山を過ぎると不思議に雪はやみました。

それからしばらくは大丈夫だったのですが、神戸の三木あたり、そして草津からの新名神に入ってからは吹雪と真っ白な路面に2本のわだちだけという状態。そんなスリリングなドライビングをトモヒロパパは必死でしている時に、メンバー3人はスヤスヤ夢の中。そんな恐ろしい路面状態とも知らず・・実に幸せな連中です。(笑)

1月24日 金曜日 名身連 第2デイサービス 新年会

施設のご利用者の方々から「是非!大道芸が見たい!」というご要望があったということで、私どもスピニングマスターズにご依頼をいただき本日のアトラクション出演の運びとなりました。

ご高齢者の皆さんのお集まりかなと思っておりましたが、障害者の方もいて当ホームページでの報告記記載にはちょっと迷いもありましたが、ケイコママも気遣って後方から写真を撮影してくれており、お客さんのお顔など特定できるものではなかったのでアップさせてもらいました。

大道芸の現場においてもいろんな方がギャラリーとなります。また本日のようなホテルショーでの披露形態も様々。今日に至るまでにスピニングマスターズもいろんな経験をさせていただいたおかげで、現在は対応力がついたのですが、10年くらい前までは苦戦したこともありました。

正直なことを書きますが、こういう現場ではパフォーマーが言うところの「反応」とか「拍手」または「歓声」などがいただけるわけではありません。時にはそれらすべてがゼロということも有り得るということ。ルーキーのころはそんな状況の中に立たされると自分自身からグラつきが出て、最後までショーをやり切ることさえもままならないこともありました。

ただご覧になっている方々が「楽しんでいない!」ということでは断じてありません。むしろ物凄く楽しみにされているのです!普段は中々イベントに出向くチャンスも少ないと思うし、それこそ「この時に!!」という気持ちで「大道芸が見たい!」とご要望されたのだと思い、スピニングマスターズも普段の大道芸と、まったく変わらないテンションで明るく元気よく全力でショーをお届けしました。

時間を要する食事をしながら、それぞれ手を止めてまでも一生懸命拍手をしてくれたことに私たちスピニングマスターズの方が元気をいただきました。本当にありがとうございました。

スピニングマスターズがお届けする大道芸「じょんがら」は様々な条件に合わせた設定が可能です。お問い合わせ、出演依頼は事務局のケイコママが女性ならではのきめ細かい対応をお約束いたします。いつでもお気軽にどうぞ!!

★屋外でも室内でもOK!火器使用可能な場合も使用できない場合でも対応可能。
★パーティーや宴会、そして社内イベントなどではお集まりになるお客様の年齢層に合わせた演目での特別な構成でショーを実施いたします。
★お時間にゆとりがある場合には長めに、タイトな場合では短めにというような対応をいたします。お問い合わせやご依頼の段階でご要望をお聞かせください。
★音響機材・ステージ照明など別途ご用意いただく必要はありません。電源と適切なパフォーマンススペースがあれば最高のパフォーマンスをお届けできます!
2月3日 月曜日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 大道芸

ちょっと遅い、しかも久しぶりのお正月休みを頂いたスピニングマスターズ。それぞれ好き勝手にバラバラの行動でありました。ま、地球上のどこかにはいたようですが、地球の真裏とメールで「元気にやってるよ!」って少しやり取りをした程度で1週間も顔を見なかったということはスピニングマスターズの歴史的な大事件だったかも知れません。(笑)

で、そのスピニング流の連休明けでの大道芸。しばらくぶりなので「緊張する!」とか、「念入りにウォーミングアップを!」とか、「しゃべくりが出てくるかな?」などの数々の不安を抱えまくってジャズドリーム長島へ。

搬入口で警備スタッフの方に「今日はお客さん少ないよ・・」と言葉を交わしステージ前へ。「ほんとだ!全然スカスカ!」と全員で笑う飛ばして、セッティングだけはしたものの、このスカスカ感の中でスタートしておもっきり勢い良くスベルのも嫌なので、先にランチタイム。しばらく様子を見ることに。

ようやく「何とかできそうかな?」と思えだしたのは1時過ぎ。でも歩いている人は中華系の人が多数。先日のワイハ旅行でのアラモアナで見た雑技のショーを思い出し、そういえばチャイニーズニューイヤーなのでありました。そうは言うもののスピニングマスターズには雑技はできないし、せいぜいディアボロをいつもより10秒ぐらい長めにやるのが精一杯。(笑)久しぶりの大道芸なのに異国情緒たっぷりの中でショーをするのか?!

パフォーマーにとっては1週間もショーから遠ざかっているということはある意味では「新鮮」にショーが再開できるということでもあり、また「不安」という要素を抱えてということでもあります。

プラスに考えれば程よく緊張感があるということでもあるので、良い方向に作用すればイイ感じのパフォーマンスを展開できるのかも。

活字なんかではとっても表現しきれないほどお客さんはいないし、聞いたこともないような言葉が飛び交っているし・・。とりあえず勇気の第一歩ということでスタートしてみました。

上の写真は自分たちでもキツネに騙されたかのような信じられない状況。ディアボロのルーティンあたりから急激に集客できショーの後半では満員御礼。

もちろん、こんなことはそうそうあることではなく、久しぶりなのでとにかく回数やって調子を戻したいということも有りましたが、調子に乗って2回目、3回目とやってみました。結果はまあまあでしたが、パフォーマー的には久しぶりの大道芸満喫と、コンディションをアベレージに戻すという意味で大いに有意義な大道芸活動となりました。

トモヒロパパが音響操作していてもハッキリと感じるくらい「ん??今のところの間はあんな感じじゃぁなかったけど・・」がいたるところにいっぱいありましたが、そういうショーを今後もした方が良いのかと錯覚してしまいそう。こうやって数日をかけてリハビリをするスピニングマスターズでした。

※お正月休みのことはそれぞれ各自メンバーがミクシィやフェイスブック、ブログの方に写真アップしたり日記も書いていると思うのでそちらをご覧ください。

2月8日 土曜日 四日市 ララスクエア ディアボロ体験教室&ミニパフォ

昨年の5月、ふくやま大道芸のエキシビジョンパフォーマンス向けに作ったパフォーマンスをベースに新しい作品に取り組んでいるスピニングマスターズ。通常の大道芸や商用イベント向けとしてではなく、照準を合わせたのはチビッコやキッズたち。

現在スピニングマスターズの製作ものを担当しているトモヒロパパは小道具や道具箱などの工作に追われておりますが、金髪ちょんぼケイタやOK!ヒロヤが組み上げているパフォーマンス内容自体は80パーセント完成しており、本日出演させていただきました四日市のララスクエアでのイベント「ディアボロ体験教室」でミニショーとして、完成している部分だけでしたがテスト的にというつもりで初披露となりました。

最近の大道芸の現場ではめったにやらなくなった演目などにあえて再チャレンジ。スピニングマスターズの持ち味でもあった音楽に合わせて動くスタイルのルーティンで構成されております。

大道芸じょんがらでは比較的大人の皆さんに楽しんでもらえるような方向性でショーを作りました。シュールな笑いとスリリングなパフォーマンス。最近では津軽三味線の演奏までも組み入れてお届けしておりますが、スピニングブラザース・ファニーショーはかつての爆笑!西部劇やそれ以前にやって来たスピニングマスターズらしいテイストだと思っております。

リズミカルにショーを進行する中ででもコント風のお笑いを含めてハイテンポな展開を目指しています。久しぶりにボールジャグリングの演目にチャレンジしました。金髪ちょんぼケイタは大道芸現場でも時々手にしておりますが、OK!ヒロヤはビーンバッグを手にするのは本当に久しぶり。

本日オープニングでお届けした二人揃ってのデュオプレイでのボールパフォーマンスは大好評で多くのお客さんに楽しんでもらえたようでした。何よりもパフォーマーの二人が本当に楽しげにやっていた感じがお客さんにもダイレクトに伝わっていたと思いました。

15分間のミニパフォーマンスはスピニング的には大満足な感触。誰も声にこそ出さないけど「よっしゃぁっ!!」という確かな手応え。短時間に沢山のお客さんが集まってきてくれて、皆さんが笑顔になっていたことにも嬉しさを感じます。何よりもキッズの反応。これが今回のパフォーマンスではテーマでもあるので子供たちの笑顔がスピニングには何よりのご褒美でありました。

今日のイベントのメインディッシュはディアボロ体験。ミニショーの後、その流れで実施させていただきました。昔ジャズドリーム長島でのディアボロ体験教室を2ヵ月に1度のペースで定期的な開催をしていたころがありましたが、その当時に「おにいちゃんたちに教えてもらった!」という少年と出会いました。子供のころに埋めておいたタイムカプセルを開けてみたらその当時の大切なものが飛び出してきた!といったところでしょうか。

日々の活動の中でついつい忘れてしまいそうになることがあります。今日はいろんな意味で自分たちがもう一度大切なものを思い起こさせてもらえたイベントでした。ありがとうございました!

 

<<<< スピニングマスターズ 2014年 イベント大道芸 報告記 Page01 >>>>

このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。