イベント パフォーマンス top メンバー 出演依頼・お問合せ
◎ 2016年イベント報告記 ページ1
スピニングマスターズの出演するイベントや大道芸現場での出来事やパフォーマンスについてのエピソードなどをまとめて報告記として記載しているページです。
<<<前ページへ ((ページ1)) ((ページ2)) ((ページ3))

((ページ4))

((ページ5)) ((ページ6)) ((ページ7)) 次ページへ>>>

◎ 2015年12月28日〜30日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 金髪ちょんぼケイタのラスト大道芸へ

2015年のラストスパートで三井アウトレットパークジャズドリーム長島へ3日間連続の大道芸実施。

2016年より大道芸活動を無期限休止するケイタ。イベントなどではもう少し出演もあると思いますが、スピニングマスターズとして長年続けてきましたジャズドリーム長島での大道芸はケイタにとってラストステージでありました。

トモヒロパパのブログSNSにも沢山のコメントが載っておりますので、大筋はわかっていらっしゃる方が多いかと思います。

3日間とも良い天気にも恵まれ暖かい日中、まるで気象条件まで応援してくれているようでありました。好条件でスピニングマスターズも思う存分パフォーマンスを発揮でき、私たちとしてはとても満足なショーをすることができました。

また、毎日多くのファンの方が応援に来ていただけて、暖かいお言葉をかけていただき、どれほどのパフォーマンスをしたらその気持ちにお応えできるだろうかと思えるほどの感謝と共に、毎回のショーを全力投球でお届けいたしました。

ラスト30日も時間の関係で1回のみの限定的なショーとなりましたが、多くのファンの皆様の涙に誘われてケイコママも号泣しておりました。

こうしてこの十数年の足跡を振り返ると、スピニングマスターズはいつでも幸せ者でありました。もちろん努力なくしてはここまで来られなかったでしょうが、いろんな方々やファンの皆様の応援なくして現状のスピニングマスターズは存在できていなかったでしょう。

感謝の気持ちとお礼を込めましてラストパフォーマンスを完了!ここまで4人のスピニングマスターズを応援してくださいました皆様、本当にありがとうございました。大道芸には世知辛い時代ではありますが、新スピニングマスターズとしても荒波にもまれながら頑張って前進したいと思います!どうかよろしくお願いします。


◎ 2016年1月2日 伊那谷道中かぶちゃん村 お正月イベント

あけましておめでとうございます!2016年もスピニングマスターズをよろしくお願い申し上げます。
2016年スタートのパフォーマンスは伊那谷道中かぶちゃん村から。昨年も元旦のイベント出演でこの場所から一年がスタートしました。今年もここからスピニングマスターズの一年が始まるのです!

まだまだこれから先のスピニングマスターズとしてのパフォーマンス、ショーのクオリティーなど自分たちが完成しているとは思ってはおらず、それどころか伸びしろは十二分にある!と感じておりますので、3人で力を合わせて昇進したいと思います。

 

早起きして南信州へ。伊那谷道中の朝はマイナス3度!
スピニングの一年の始まりは、晴天に恵まれました。 昨年は雪で屋内のショーをしましたが、今年は天気もバッチリ!!日が当たるところにいるとポカポカとしていて、お客さんも見ていただきやすそう。

セッティングをしながらついつい焚火の近くへ。(笑)火にあたりながら雑談するって、なかなか雰囲気があってイイね!しかしグズグズしてると開園時間になっちゃってお客さんが入ってきます。慣れているからとノンビリ油断していてはダメ!!

大道芸活動の方は昨年末のジャズドリーム長島がラストでありましたが、イベント出演はもう少し続き、まだこの日は、金髪ちょんぼケイタのイベント出演もあり、4人で行動しておりますスピニングマスターズ。

本日も一日3回のショー。さっちゃんのMC進行でのジャンケン大会を挟みながら1回目11時から、2回目は13時から。ケイタの持ちネタなどが全部出し切れるような構成を考え、少しずつ前座のネタを変えながらのショーを進めますが、さすがに3回目は陽が陰り、寒くなるとお客さんの足も早くなってしまい、パフォーマーも辛くなることが予想されるためラストは14時半から。こういう判断も相談させてもらいながらできるのもこの場所のイイ所。



構成や流れ的には 同じ「大道芸じょんがら」をやっているわけですが、1つの演目でも場所が変われば見せ方や間、そしてしゃべり方さえも変わってくるものです。ここ、伊那谷道中かぶちゃん村にはここだけの雰囲気づくりというものがあり、それは長くやってきたから培ったスピニングにしか出せない芸風があります。

1回目のパフォーマンスではそれがしっかりと出ていたと思いました。遠く長野県まで足をお運びいただきました皆様、そして偶然、スピニングマスターズのパフォーマンスに遭遇して見ていただきました皆様、本当にありがとうございました。今後も伊那谷道中かぶちゃん村 共々スピニングマスターズもよろしくお願い申し上げます!


◎ 2016年1月3日 アピタ松坂三雲店 新春イベント

2016年の活動2ヵ所目は松坂市へ。
寒さや雨を気にしないでもよい、屋内でのイベントは安心してショーができます。過去には津軽三味線の演奏1つを取り上げても屋外でのイベントでは演奏がしたくてもできないほどの極寒の時もあり、今日は本当に何をやるにも行動しやすい店内でのイベント。

1回目と2回目の内容を変えたのは言うまでもありませんが、天井の高さ、長椅子の配置、会場の広さなどを考慮し、「やれる演目」と「やれない演目」そして「やるべき演目」と「やってはいけない演目」とに、芸人の事情で仕分け。(笑)

仕分けてみると「客層的にはこれはやりたかった!」というネタも「んん、後ろのお客さんは見えないだろうな」と、あきらめるしかないネタもありましたが、同時にいつもならやらない演目も条件さえ合えば登場となります。久しぶりの店内イベントでの津軽三味線生演奏。

1回目のショータイムでは集客から自力でほぼゼロスタート。こういう状況には慌てなくなりましたが、ショーのスタート時はまだまだ空席もある状態。ディアボロまでには満席となり立見のお客さんもスペース内は満員御礼となり、一体感のある盛り上がりで、これぞ!お正月のイベント!という感じがしてパフォーマーも気持ち良くできました。ご来店ありがとうございました。


◎ 2016年1月4日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸

2016年、初大道芸は三井アウトレットパーク滋賀竜王で。

昨年から何度かのソロパフォーマンスはやってきておりますが、本格的にこれより新体制のもと、スピニングマスターズ@OK!ヒロヤのショーがスタート!!

まだまだソロパフォーマンスの流れに慣れ切ってはいませんが、少しずつ調整、改良などを繰り返し、大道芸活動も滑り出しとしては順調な方でありました。このホームページ管理を担当するトモヒロパパのブログでも何度も発言しましたが、我々スピニングマスターズにとって2016年は1つの節目でもあり、もう一度ゼロから開始するかのような再スタートなのです。芸歴十数年のベテランだからと自分を驕らず、新体制初年度を良い年だったと今年の年末にも口にできるよう頑張りたいと思います!

今は失うものは何もなく、またピン芸人としてはルーキーなのだと、そういう自分たちの足元をじっくり見つめることが、進むべき道を見極められると思うので、この先の一年間はジタバタとモガキながらも、その苦労も存分に楽しんでみようとスピニングマスターズ全員が、そう思っております!

初心を思い出し、現場に向かう移動中の車内ミーティング、そして現場での全力投球、さらに帰路の反省会。私たちの伝統的なやり方、この繰り返しで一歩ずつ前進します!!どうか今年2016年もスピニング大道芸をよろしくお願い致します!!


◎ 2016年1月9日 ジャズドリーム長島 大道芸

新年となり、ホームグランドでの大道芸パフォーマンスも開始!

OK!ヒロヤのソロパフォーマンスとなって数回目の大道芸現場ではありますが、やはり経験だけはある場所なので、何度やってもそれなりの形にはなります。

もしかしたら、大きくスベルことも恐れないで、何もかもをガラッと変化させた大冒険を一度はしてみる必要があるのかも。何年もやっていると「スベル」ということに恐怖を感じ過ぎ、守りの芸をしてしまうものです。何かの起爆剤とか、刺激が必要になる日も近いのか?


◎ 2016年1月16日 幼年体育学園祭 ウインクあいち

ケイタのイベント出演最後のステージとなりました。後日のお話ではありますが、この時はまだ数回の予定がありましたが、就職先の都合でどうすることもできないという状況から事実上、この場所でパフォーマーとしてのラストステージを。

自宅からわずか数分で到着する現場、ウインクあいちのホールは昨年のクリスマスにも出演いたしました。ステージの大きさも客席との距離感も、そして楽屋の中も知っているので、とってもやり易く助かるという、そういうところ。

ステージ上では入念にリハーサル。今日はここで2回のショータイムをします。

体育の先生たちによるパフォーマンスに大いに盛り上がり、さすがに身体能力ではかなわないものの、スピニングマスターズも技では負けないように頑張ろう!
小さなお子様から大人の方まで、ご家族でのご来場が多くショーの流れも子供が楽しめるネタと大人が笑えるネタとを、ちょうど良さそうなバランスでミックス。

後半は技数が多く、もともとスピニングマスターズのショーのスタイルは技の繰り出し方が連続で流れがあります。中には難易度が高い技もあり、2つのメインパフォーマンスのディアボロもジャグリングもすべての技をノーミスでできる確率は50パーセント。(正直な数字であります(笑))

この日、OK!ヒロヤはすべてをノーミスでやりたかったようで、それが達成できた時、ショーが終わってから「ノーミスだった!」と嬉しそうでありました。

こうして楽しい2回のショータイムを子供たちとも盛り上がり、私たちスピニングマスターズにも、とても良い時間を共有でき、印象深く記憶に刻まれました。きっと金髪ちょんぼケイタ(この日はすでに金髪でもなく、チョンボもなく・・(笑))も良い思い出となったことでしょう。

最後にこうした良いステージを与えてくださった先生がた皆様、そして客席から応援してくださった皆様に感謝であります!!


 
<<<前ページへ ((ページ1)) ((ページ2)) ((ページ3))

((ページ4))

((ページ5)) ((ページ6)) ((ページ7)) 次ページへ>>>

イベント パフォーマンス top メンバー 出演依頼・お問合せ
to Page Top
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。Windows8.1/Internet Explorer ver11 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。