イベント パフォーマンス top メンバー 出演依頼・お問合せ
◎ 2016年イベント報告記
スピニングマスターズの出演するイベントや大道芸現場での出来事やパフォーマンスについてのエピソードなどをまとめて報告記として記載しているページです。
<<<前ページへ ((ページ1)) ((ページ2)) ((ページ3))

((ページ4))

((ページ5)) ((ページ6)) ((ページ7)) 次ページへ>>>

◎ ヘブン活動 葛西臨海公園&パンダ広場

特定の場所だけにとらわれず、いろんなフィールドを経験し自らの対応力や芸の柔軟性を養うために、たまには関東への遠征も良いかと思い、あえてこの時期にヘブンアーティスト現場を予約して行動を起こしてみました。ライセンスを取りたてのころは毎月のように上野公園やここ葛西臨海公園での大道芸実施もしてきましたが、この4〜5年は年に一度か二度の活動で、それも拓郎さんのライブやら関東方面でのイベント出演のタイミングに合わせて、申し訳程度の活動のみ。

それではせっかく所持しているライセンスがあまりにももったいないので、それならばと武者修行の旅に出てみようと2ヵ所を予約。葛西臨海公園は比較的経験もある方でしたが、5月という時期的には初めてのようなもの。おかちまちパンダ広場はまったくのお初。どちらもどうなるのかまったく予想すらできない状態でしたが、今回どちらの場所もショーの形になり、普段の地元大道芸では経験できないようなこともあり、良い勉強となりました。また数か月に一度はこういう経験ができ、積み重ねていければスピニングマスターズの成長にも役立てていけそうであります。

葛西臨海公園、おかちまちパンダ広場でお会いできました皆様、スピニングマスターズのショーにお付合い頂きありがとうございました!!!!

 

◎ 伊那谷道中かぶちゃん村

毎年恒例のGWイベント、伊那谷道中かぶちゃん村での出演。

お客さん用の移動式屋根が新しくリニューアルして日差しの強い日も、多少の雨が降っても快適にイベントをご覧いただけるようになりました。更に、大道芸パフォーマンス的に嬉しかったのは屋根の高さと角度。んん?何か大道芸でメリットが?と思われた方は認識不足であります!(笑)

実はディアボロのトス系の技やジャグリングでも高めに投げ上げると後方のお客さんは見えなかったのです。ましてやスピニングマスターズ名物のエンディング「ローラー&ファイヤージャグリング&火炎噴射」ではお客さんがかなり姿勢を低くかがめてくれないと見えなかったのですが、これで万全!!後ろの方のお客さんもバッチリ盛り上がっていただけます!!これも伊那谷道中のお客様への気遣いの一つ。

ブログの方でも少しご紹介させていただきましたが、お祭り広場でも美味しい食べ物、飲み物がいっぱい!!「ほっと屋」が人気!!
食べ歩き、そして大道芸観覧中もOK!!大道芸パフォーマンスも2倍3倍とお楽しみいただけます。

5月5日こどもの日ということもあって三世代ファミリーでのご来場も多く、大変な賑わいでありました。以前の4人でやっていたころのパフォーマンス内容に比べれば2016年バージョンのショー構成は、より幅広い年齢層に受け入れやすくなったと思っております。とりわけOK!ヒロヤのチョイ濃い目のキャラから繰り出される小ネタは、この伊那谷では毎回大ウケでした。

中でもウルトラマンが登場するおバカなネタは キッズたちにウケるより、おじさんウケしていました。やっぱりそういう年代層ウケのネタなのかなぁ?(笑)

数日前に関東遠征を強行したばかりだったので体力的にきつかったのも事実なんですが、やっている最中はそんなことを忘れてしまっているほど集中して終始楽しくショーができました。

ここ伊那谷道中かぶちゃん村へやってきたら「大道芸、楽しかった!!」と言っていただけるように、そして少しでも良い思い出になってもらえるようにと、スピニングマスターズも常々そう願ってパフォーマンスをお届けしております。

この日は 地元 南信州パフォーマー 伊那谷芸人こと「さっちゃん」が、どうしても一緒に大道芸したい!!とダダをこねまくり、3ステージ目をさっちゃんの大道芸を実施することに。かれこれ2年ぶり?ほっと屋で買ってきたフレッシュジュースを飲みながら後輩の奮闘ぶりを間近なところで久しぶりに見せてもらいました。

伊那谷道中かぶちゃん村のスタッフでありながらも、大道芸パフォーマーとしても園内で活動。どちらもお客さんを「おもてなししたい!」というさっちゃんの気持ちの表れなのであります。

GWも始まったばかり。スピニングマスターズも移動の連続と、急激に暑くなったピーカンの天気のおかげで早くもお疲れモード。伊那谷道中の温泉でちょっとのんびりさせてもらって名古屋へ戻ってまいりました。

伊那谷道中かぶちゃん村でのスピニングマスターズ、伊那谷芸人さっちゃんの大道芸パフォーマンスをご覧いただきました皆様、本当にありがとうございました!!


◎ ふくやま大道芸2016 一日目

ふくやま大道芸2016の1発目、既に真夏のような太陽光線を浴びながらのショーでありました。日影で見ていらっしゃるお客さんを寄せるのさえも気が引けましたが、導線確保を主催者からも指示を受けておりましたので、ご協力いただき近くに来ていただきながらショーを進めた宮通り。

こうしてお客さんがパフォーマーに協力的なこと、みんな一緒に楽しもうという姿勢もスピニングマスターズがふくやま大道芸が好きなところであります。

例年の場所とは少し変化し、奥まったところになりました。歩道のデコボコがあり足場の安定が確保しにくい所なのですが、そこは「臨機応変に対応して!」ということなのでしょう。スピニングマスターズも自分たちにベストなセッティングでショーを実施しました。

毎年 土曜日の1回目というのは、まだまだお客さんのテンションも穏やか気味だし、立ち上がりも比較的緩やかなのですが、今回はいきなりの一体感で一気に・・・という感じでした。暑さが苦手なOK!ヒロヤもお客さんにのせられてモリモリ元気にショーをしておりました。

2ヵ所目が天満屋前。ご存じデパートの入り口の前。

ちょっと困ったのがタイムスケジュールで、多少のことはお互いさまなのでそこまで細かいことは気にしないのでありますが、準備時間が全く無くなってしまっており、ショーをスタートできたのはスピニングマスターズのショー開始時間を既に15分経過しておりました。

当然30分で構成したショーを25分程度には短縮できても15分にはできないので若干押し気味のままフィニッシュ。フェスティバルなどではありがちなトラブルではありますが、自分の持ち時間と、15分のインターバルとはきちんと区切りをつけて使うべきでしょう。私たちも気をつけなければと、改めて思った次第であります。

ただ、こちら天満屋でのショー。OK!ヒロヤのキャラ表現も大してできないままどんどん進行していきましたが、こんな駆け足で早口なトークで大丈夫なのかと思っていたのとは裏腹に、信じられないほどの反応を頂き、盛り上がったショーとなっていきました。

そのこととは別の話題でもう一つ。

ブログにも書きましたが移動式の大道芸フェスティバルなどでは、移動とセッティングでなかなか休憩時間をとることが難しく、ランチ抜きとなることは当たり前のような状況なんですが、そういう時に暖かく手を差し伸べてくれるのでファンの皆さん。

パンや飲み物を差し入れしてもらったりしたおかげで、程よくお腹が空っぽにならないようにエネルギーチャージしながらショーをすることができました。

その時の「たくあんサラダロール」というネーミングからして不思議なパン。びっくりするほど絶品でありました。※ブログ参照

今回のふくやま大道芸では 街角パフォーマンスで「天満屋賞」をいただきました。結果的に駆け足だった短めのショーが良かったのか、それともたくあんサラダロールのおかげなのか??

3カ所目がローズナード霞。天満屋前からは少し距離がありますが、時間的な余裕もあったし、車での移動ではなく台車をゴロゴロ押しながら移動しました。こうして荷物を押しながら移動するのも大道芸フェスティバルらしくってイイね。

ローズナード霞で待機中に加藤みきおさんやひこひこさんとしばしの交流。パフォーマーの皆さんもお客さんと同じくらいこのイベントを楽しんでいます。

このローズナード霞というポイントは、スピニングマスターズがふくやま大道芸に参加させてもらうようになり、初めて大道芸を披露させてもらった場所。ほぼ、毎年1度はこの場所にくるので、商店街のおじちゃん、おばちゃんたちとも仲良しであります。やってて、本当に楽しい場所。そういう気持ちがショーの中にも表れるのか、お客さんにも伝わるのか、スピニング的には一日目の中で一番納得のいくショーができました。

もちろん、少し遅い時間で涼しかったし、このポイントのラストがスピニングマスターズなので気持ち的にもゆとりを持って落ち着いたショーができたということも良い方向に作用したのかも知れません。一日目終了!!


◎ ふくやま大道芸2016 二日目

二日目の最初のポイント。この数年二日目の1発目はバラ公園のパレード会場を担当しております。1つには、ふくやま大道芸のPRという役割もあるので、最後のご挨拶の時には「あちら、福山駅の方でも賑やかに大道芸のフェスティバルを開催しております!みなさん!遊びにいらしてください!」とアナウンスを忘れずに。

かなり広い道のど真ん中、そして両サイドにワイドな観客エリアはトラサクに沿って一直線。いつもの大道芸のように360度囲まれて…とか、半円状の人垣ができて…というような大道芸特有のお客さんとパフォーマーの位置関係というのはココでは無理。

更に電源がない場所なので発電機かバッテリー駆動を使うことになるのですが、何年もこの場所でやってきて、バッテリー駆動では明らかにパワー不足。両端のお客さんまで声が届かないのです。折角、大道芸にお付合いくださるのに「何言ってるかわからない!」ではふくやま大道芸のPRとしても困るので、この数年スピニングマスターズは発電機とバッテリーと両方を活用しています。

他にもスピーカーの向きでどの方向に音を飛ばすのか、マイクの音質をいかに聞き取りやすくイコライザーをかけるのか、などなど、トモヒロパパにとってもエンジニアとしての腕を試される現場でもあります。

パレードの時間もあり、タイムリミットが決められているので少し早めにスタートして、焦らずお客さんとのコミュニケーションができるように進行。

数年前には「こんなに難しい環境はない!」と思っていたのに、今ではそれなりに大道芸として成立してしまう。慣れというのも怖いな。(笑)

パレード開始30分前には完全撤収。近くのコインパーキングにスピニング号を駐車しておき、撤収したらすぐに積みこんで移動。次はエキシビジョン会場でステージショー。またまた特殊フィールドであります。その都度、環境に合わせたセッティングも大変ではあるのだけれど、それも楽しめないとダメ。スピニングマスターズのパフォーマーもマネージャーもエンジニアもそれぞれの仕事の中で苦労しながらも楽しんでおりました。

唯一のステージショーだった歴代のグランプリ受賞者が集うエキシビジョンパフォーマンス。

このステージパフォーマンスでは、ここでしかやらなかった一発芸がありました。その理由まではあえて書きませんが(気になる方はブログの方を!)いろいろ思うところがあって、たった3分程度の小ネタではありましたが、昨年までのスピニングのことを少しだけ思い出してもらえたら嬉しいと思っておりました。

また、いろんな関係者やパフォーマー仲間、そしてお馴染みのお客さんや、いつも応援してくれるファンの皆さん、誰もが絶対に気になっていたはずです、「スピニングマスターズはOK!ヒロヤ1人になって大丈夫????どんなショーになるんだろう?」・・・はい、当然のことです。心配していただいてたお気持ち、よ〜〜くわかっておりました。だからこそ、今までずっと大切にやってきた「大道芸じょんがら」のできるだけそのままのテイストでお届けできるようにこの半年を頑張っていたのであります。

このエキシビジョンのステージで「今のスピニングはこうですよ!」とありのままを見ていただき、安心して楽しんでいってもらえるショーをと思ってショーをしておりました。今までの苦悩や努力は、このステージで全部スッ飛んでしまいました。

今回のふくやま大道芸ではラストパフォーマンスとなるトライアングル広場。今年から設定された新しいポイントです。

ここも15分押し。急いで準備をするも最低限かかる時間はどうしようもなく、ショー開始時間を10分くい込んでスタートしました。仕方がないとは言え、お待ちいただいておりました皆様すみませんでした!!ホント。

さて、はじめてのフィールドだったんで「どうなのかな?」と思っておりましたが、なかなか良いポイントです。ただ、「この向きでやってください」という指示に従うと宮通りは完全に通行不能です。(笑)も、これはスピニングのせいじゃぁないからね!実行委員長どの!

しかしアットホームな感じの接近戦のようなショーができ、今回のラストにふさわしいパフォーマンスをお届けできたかと思います。やっていて本当に楽しいし、お客さんの表情がどんどん笑顔になっていくのも一人一人見ながら進行できるのが良かったな〜。パレード会場とは全く逆の楽しさであります。

2日間で6ヵ所6回のパフォーマンスを行わせていただきましたが、OK!ヒロヤもラストパフォーマンスでは声もガラガラ、靴の中は足の皮がベロン状態で、最後の最後まで出せる力を振り絞っての全力投球を貫きました。大変ではあっても楽しいパフォーマンスばかりでありました。スピニングマスターズのパフォーマンスをご覧いただきました皆様のみならず、ふくやま大道芸2016に足をお運びいただきました、すべての皆様に感謝いたします。ありがとうございました!そしてまた来年 このふくやま大道芸でお会いしたいと思います。

◎ 2016ショッキフェスタ

毎年ふくやま大道芸へ参加するときには「もうきっと暑いだろうからTシャツは半袖だね」とOK!ヒロヤの衣装などを担当するケイコママと話をします。さらに5月中盤を過ぎると晴天の日は真夏のような暑さ。

このショッキフェスタに出演させていただいた一日もピーカンでありました。

日影を探してセッティングしないと本番ステージ登場前にバテてしまいそうなほどの真夏の陽気。ステージでのショータイムも完全に炎天下でありファイヤーショーを予定しているスピニングマスターズにとっては過酷な条件ではありましたが、登場するときから沢山のお客さんにお待ちいただいているのを見て「今日も全力で頑張ろう!!」と3人で気合を入れました。

芝生の上というのは結構ムシムシと暑く、見てくれているお客さんだってきっと汗だく。OK!ヒロヤもショーをスタートする前から汗がボタボタとステージに落ちておりました。ファイヤーショーをする頃には「体中の水分が出ていった!」(笑)というほどで、最後までエネルギッシュなステージをお届けできたかと思います。

バックヤードに戻り休憩する時間も惜しんでディアボロ体験の準備。

ステージから少し離れた場所でディアボロ体験。一緒にお手伝いしてくれた、まったりんこピエロ らむねちゃんや暑さもぶっ飛ぶほどの元気いっぱいだったスタッフの皆さんと、みんなでディアボロ体験を開催しました。

開始してすぐに満員御礼で、終始常に順番待ちとなるほどの人気ぶりにOK!ヒロヤもケイコママもレクチャーに大忙し。少しでもディアボロに触れていただければ、その楽しみ方や回すことの面白さもお分かりいただけると思います。

たまには大粒の汗をかきながら、体を動かしてちょっとだけ自分の努力から「楽しめる!」という、そんなスキルトイで親子のコミュニケーションの時間を持ってみたり、家族で共通の趣味にしてみたりするのもイイかもね!!

実はスピニングマスターズの原点もこうしたファミリーで楽しんだ共通の趣味から。そこから今の大道芸パフォーマンスへとつながっております。

この日も時間を延長して少しでも多くの皆さんにディアボロを体験していただけ、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。ご参加くださいました皆様ありがとうございました!!


◎ ディアボロ体験教室のご案内

大道芸やサーカスで大人気のディアボロ (中国ゴマ)の体験ができるお客様の参加型イベント向けです。スピニングマスターズが基本的な回し方や誰でもできる簡単な技を丁寧にレクチャーいたします。

スピニングマスターズのパフォーマンスショーをご覧いただいた後、スピニングマスターズのメンバーが回し方を説明、その後に貸出し用のディアボロのセットを配り、いよいよディアボロ体験のスタート!時間の許す中で様々な技にもチャレンジいただけ、子供たちはもう夢中!親御さんも一緒にでき、「子供たちとのコミュニケーションができた!」と意外なほど大人がハマるのです!
殆どの子供会イベントでショーとディアボロ体験教室と組み合わせて実施され、どこでも大好評です!「やればできる!」という達成感を子供たちは感じることでしょう!OK!ヒロヤの大道芸パフォーマンス、又はファニーショーと一緒にご依頼ください。

お気軽に こちらのページからどうぞ!!>>> オフィス・マムのページへ
 

◎ 伊那谷道中かぶちゃん村 大道芸パフォーマンス&ディアボロ体験

伊那谷道中かぶちゃん村で大道芸パフォーマンスとディアボロ体験イベントを開催。いつもわかりやすいPOPを作ってくれるのがさっちゃん。ディアボロ体験の隣には実物のディアボロがぁ!これが一番わかりやすいかもね!!(笑)→

さて、このところ危うい天気予報に悩まされております、伊那谷道中かぶちゃん村でのイベント出演。完全に雨予報というわけでもなく、晴れという安心感もなく・・・。室内ホールで準備すべきか、それとも屋外おまつり広場にファイヤーショーのセッティングをすべきか?4月、5月と連続で悩まされておりまして、今回も午前中はホールでのショー、午後からファイヤーショー、そしてラスト2時半ごろからディアボロ体験の開催と、殆どスピニングマスターズの装備をフル活用しての一日でありました。

いつでも、どんな状況でも対応できるようにフル装備を持ち歩いてはいるので、スピニングマスターズ的には全く問題なく、現場でお客さんのニーズとお天気状況に合わせて行動できますが、まさにこの日はその対応力を問われるかのようなイベント出演の一日。

1回目のショー開始時間ギリギリまで「どうするのか?」をみんなで協議。10分前に屋内向けの大道芸じょんがらを実施と決定。ただ、準備やセッティングにうろたえるのはスピニングマスターズのエンジニア「トモヒロパパ」なのであります。(笑)

ホールでのパフォーマンスショーは不思議なほどいつも盛り上がります。「不思議なほど・・」と書くと語弊があるかも知れませんが、どういうことかと言うと自分たちの予想としては、もっとスロースタートで階段を一歩ずつ登っていくように雰囲気が出来上がって、中盤あたりで一体感が完成し、そしてエンディングへ・・、という感じかなと。

しかし、今までもこのホールで4〜5回のパフォーマンスを経験しましたが、ちょっとした前座から一瞬にして空気感ができ、「みなさん、全員が親戚なんですか??」と訊ねたくなるような一体感があることに、パフォーマーである私たちの方がびっくりしてしまうのです。

これを一言で例えるのならば「ライブハウスを貸し切って1家族、親族の宴会をしているみたい!」であります。それほどパワフルなお客さんだったと思います。

1回目のショーをしているうちに外も少し明るくなり、霧雨のような状態。もう少しすれば外でファイヤーショーもできるのではと、期待をしつつランチへ。
予想通り午後からはおまつり広場でファイヤーショーが実施できました。ショーの途中、ほんの少しだけパラパラと降られましたが、進行には影響もなく無事にファイヤーショーを披露することができました。

今回はディアボロ体験イベント実施も予定してましたので2時半過ぎからは、大道芸パフォーマンスではなく、ディアボロのデモンストレーションパフォーマンスとレクチャー、そしてミニゲームという流れで1時間ほどをお客さんの参加型のイベントに。

伊那谷芸人さっちゃんとコラボで「こんな技があるんですよ」とトリック紹介を兼ねたノンストップ30トリックメドレーをデモンストレーション。私たちスピニングマスターズもこれをするのは何年ぶりだろうか?30トリックも憶えているであろうかとちょっと心配でしたが、もっと緊張していたのはさっちゃん。(笑)

デモンストレーションパフォーマンスでは緊張してプレイしていたさっちゃんですが、ディアボロゲームのための景品準備、表彰状作りなど、少しでもお客さんに楽しんでももらえるよう、こちらからお願いをしていなくてもいつも準備万端!周囲のスタッフの皆さんもお客さんと一緒に楽しい雰囲気づくりにご協力いただき、ディアボロ体験イベントは大人気でありました。

これからも定期的にこうした体験教室の実施をしていこうと思います。ご参加いただきました皆様、そして一緒に盛り上げてくださったスタッフの皆様、心から感謝しております。ありがとうございました!!!


◎ スピニングマスターズの「大道芸 じょんがら」はすべての世代が楽しめます!

スリリングなバランス芸と豪快でスピーディーなファイヤーショー!津軽三味線サウンドにのせてスピニングマスターズのOK!ヒロヤが繰り広げる笑いと感動のステージショー!

ファイヤーパフォーマンスができない屋内、屋外を問わずそのフィールドや時間、条件に合わせたショーを構成したり、年齢を問わず、ファミリーで楽しんでいただけるよう、安全にパフォーマンスを組み立てを考えます。

出演依頼・お問い合わせは、スピニングマスターズ事務局オフィス・マムまで。
お気軽に こちらのページからどうぞ!!>>> オフィス・マムのページへ


 
<<<前ページへ ((ページ1)) ((ページ2)) ((ページ3))

((ページ4))

((ページ5)) ((ページ6)) ((ページ7)) 次ページへ>>>

イベント パフォーマンス top メンバー 出演依頼・お問合せ
to Page Top
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。Windows8.1/Internet Explorer ver11 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。