2018.03.23 三井アウトレットパーク滋賀竜王センターコート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この日は朝からドタバタ!スピニングマスターズが、というよりも鈴木家が、と言った方がよいハプニングがあり、現場に向かうところから「本日、1回限定のパフォーマンスショー」なのでありました。

急に入院となった身内がおり、急ぎ帰らなければならないという状況が駆け足のショーとしてしまったのか、何となくショーをするにも気が入らなかったからなのか、たまたまお客さんの雰囲気がそうだったというのか、特別感情を閉ざしたままのショーをしたわけでもなく、まして、手抜きをするなどスピニングポリシーでは絶対にあり得ないのですが、いずれにしてもお客さんは無反応、無表情。妙な雰囲気のまま一体感もない状態でそのままフィニッシュ。

しかも、写真をご覧いただいてもお分かりになるように、エンディングのこのシーンのタイミングでは、この角度から見ているお客さんが居ることは殆どないはずなのですが、離れて遠巻きに見ているお客さんや、真後ろでしゃがんでいるお客さんまで。

こんな気持ちの時はやっぱり何か余分なものがお客さんにも伝わってしまうのものなのか!

私たちも急いでいたため、反省会や原因追求も考えもせず愛知県に戻りましたので、気にも留めておりませんでしたが、こうして報告記を書きながら「一体何だったんだろう?」と不思議な一日を思い出しました。

また次回、この場所でリベンジを!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする