2018.05.19 東京都ヘブンアーティスト活動 お台場展望デッキ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘブン活動、葛西臨海公園からの流れでお台場展望デッキに到着。

いろんなパフォーマー仲間からは、「展望デッキは風が強いよ!」と聞いていたので、ジャグリングとディアボロの技数が多目のスピニングにはちょっと不向きなのかな?と思って今まで避けぎみでありましたが、そんなこと言って、食べず嫌いでも良くないかな?と思い直し、今回初登場!

いろんな場所でやってみるという試みはパフォーマーとして経験値も上がるので一度はやってみようとチョイスした現場。

いろいろ考えながらここへ来ましたが、まずは風が強い場合への対処、それと、ちょっとどうかな?と思ったのがスピニングの芸風が現場に会うかな?と。

スピニングマスターズOK!ヒロヤのマイペースでナルシスト的なキャラを盛り込んでのテイスト、さらに日本語オンリーのシュールな笑いをネタにしてショーとしているため、外国からのお客さんが多い場所は苦手。

なので、外国人のお客さんは、ジャグリングやディアボロの技の部分だけを淡々と見ることになるため、ひとネタごとに入れ代わるお客さんも少なくないのです。 笑いや歓声が起こるショーポイントもまったく違うし・・・。(笑)

早く次の演目にいきたい!トークデンポを速めたい! そんな自分たちの芸風とは真逆の気持ちと闘いながらのワールドワイドな現場でありました。海外でストリートパフォーマンスをするとこんな感じなのかな?と思いました。

確かにスピニングマスターズもホノルルのカラカウアストリートに遊びに行った時に、何組かの地元パフォーマーを見ましたが、やっている技や内容には目が行きますが、言っている内容はスピニングの語学力では半分もわからず、そうなると見るという集中力が切れ「行こうか・・」に。なかなか最後までは見れなかった記憶が。なるほど、その逆なんだよねここは。

※何組か見たホノルルのストリートパフォーマー。写真はめちゃめちゃマッチョなバルーンパフォーマー。(笑)

※こちらはガリガリのモノ ジャグラー。なのに、ボーリングの玉投げてました。

お台場展望デッキの話に戻ります!(笑)

今のスピニングのスタイルでも普通にやれなくはないけど、やはり「ここ向けのショースタイル」というものを別途作り込むか、大改造が必要になると思いました。

スピニングマスターズとして今まで「三世代で同時に楽しめる!」とか、「お年寄りにも聞き取りやすく」とか、「ジャグリングショーではあるけど、和が感じられるように」というような思いを込めたコンセプトがあるので、そこを崩すのもね・・・と、今は大切にしたいと思うものを維持していこうと、そんな風に感じた展望デッキでした。またチャンスがあれば違う形でチャレンジしたいと思います。

今回のヘブン活動も、満足のいく活動ができて良かった!持てる力も、リチウムバッテリーも全部出し切って、メンバー全員くたくたでありました。(笑)

ご覧いただきました皆様 ありがとうございました!!

今回の関東遠征は明日がメイン。ソラマチ大道芸につづく・・・

※スピニングマスターズのイベント出演のご依頼はこちらからお気軽にどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする