2018.07.12 富士急ハイランド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりの山梨県への遠征!

平日、プレスデーというちょっと特殊な条件でのパフォーマンスで、富士急ハイランド初登場でありました。

はじめての現場というのは、どんな感じになるんだろう?というワクワク感と、どのようにショーを構成し、進めていけば良いのか?など、ちょっぴりの不安と、いろんな感情を抱えて現場に向かいます。

深夜に出発し、一日でパフォーマンス3回、そして深夜に帰宅という、いつものパターンですが、これはもう慣れっこであり、ドライビングや夜行バス&弾丸特急には不安はありません。

むしろ心配だったのは天気のみ。雨予報でも、晴れてピーカンであっても、どちらにしてもショーは大変になるだろうと、毎年この季節には大活躍してくれる簡易テントを持参。これは大正解でした。

現場に到着し、この日を一緒にするパフォーマー仲間とご挨拶し、スタッフの方からブリーフィングを受け、早速現場で準備開始。

スピニング号から機材を降ろしているところから既に小雨がパラパラと。

1回目のショーを開始しても降ったり止んだりを繰り返していて、時々上空にやってくる、真っ黒な雲を気にしながらも必死に集客。

お客さんはあまり気にしていなさそうでしたが、どうしても足早で落ち着いてご覧いただける雰囲気を作るのが難しく感じました。

夏休みでもなく、普通の平日で、しかも無料化直前という状況の園内なので、海外からのツアーのお客様が8割、9割。もう真剣に中国語を片言だけでも覚えないとヤバイね!

集客をしながら、お客さんとのコミュニケーションも少しは視野に入れて・・・けど、長引かないようにと、そして雨雲・・・気にしていなければならないことが多過ぎ!(笑)

3回のショーすべて無事に完了できましたが、どの回もひとネタ抜いて、短めのショーを駆け足でやりました。

この日は、いろいろ新システムや園内が変わる直前のプレスデーで、私たちスピニングマスターズも8月4日土曜日から9日木曜日までの期間を毎日この場所でショーをするスケジュール。そのための事前経験という下見を兼ねたショーでもあり、何がウケて、何にリアクションが薄いなどなど、自分たちがこの場でショーをするための構成や方向性を上手く探ることができました。

充実の一日!ご一緒したパフォーマーの皆様お疲れ様でした!

スタッフの皆様、いろいろお気遣いいただきありがとうございました!

パフォーマンスにお付合いくださったお客様、ありがとうございました!

8月の大道芸フェスタ本番では、楽しい時間を作れるように精一杯頑張ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする