2018.08.18 ナガシマスパーランド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この夏、2度目のナガシマスパーランドです。

実に久しぶりのフィールドで、スピニングマスターズがOK!ヒロヤのソロパフォーマンスになり初めてでした。

何年もナガシマリゾートでのパフォーマンス活動に参加させていただいておりますが、この現場には他の場所では感じないエネルギッシュな雰囲気があります。

大道芸パフォーマーならばフィールドに合わせたショーのテンポ、トークスピード、ショーの尺などを変化させながら、状況を見極める力があると思いますが、数年前に4人でやっていたころのショースタイルとはガラリと変わっている現在のスピニングマスターズ。

過去の経験は生きると思いますが、そのままのフィーリングでは当てはまらない部分も多々あり、もう一度自分たちのショーの構成や進行具合など、細かく見直す必要があると思いました。

4人でやっていたころとはショーも別物ですが、世の中も大きく動いている感じもあります。

ショー自体は同じことをしていても、変化に対応するために細かい部分では時代に追従できなければ、それは結果に顕著に表れます。

前回は本当に久しぶり。フィールドの様子も確認したり、自分たちのショーとのマッチングも見つめてみたりと、冷静な分析をしてからの本日2回目。

少しは、お客さんのエネルギッシュな部分とか、ある種の若さというスピード感みたいなものにも対応でき、夕方からの1回目のショーを無事終了。

二回目は6時半からで、エンディングでは暗くなるために照明機材を準備。

ライティングはお客さんから見やすくするためのモノでもありますが、パフォーマーの手元を照らすモノでもあり、さらには遠くからでも「何か?」と気づいていただくことにも一役あります。

スピニングマスターズではすべてリチウムバッテリーのライトに変更したため充電作業が大変な代わりに、現場での電源確保が楽になりました。

1つのコンセントでハロゲンランプ500Wを2発点灯すれば、同じコンセントで音響を使用するのはとてもデンジャーです。万一ショーの途中でブレーカーが落ちでもすればエンディング一歩手前でTHE END!!(笑)なんてことにも・・・。

そうならないためにもLEDの高輝度で充電式のライトがとてもありがたいのです。

もう、7時前には暗くなっているので、6時台後半のショーでは照明機材は必須であります。

本日、ナガシマスパーランドでスピニングマスターズの大道芸にお付き合いくださった皆様ありがとうございました!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする