2018.09.03 8月のメイカーズピア(POPUP活動)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しくナゴヤ ポップアップ アーティストの活動現場として始まったメイカーズピア。

早速スピニングマスターズも8月2日から何度かパフォーマンスをさせていただき、私たちは私たちなりの視線と考え方で、今年の暑い夏という環境の中でも、いかにしてお客さんにも安全に楽しいショーをご覧いただけ、そしてスピニングマスターズもパフォーマーとして充実した活動ができるだろうか?という取り組みをしてみました。

そのまとめとして8月から現在までのパフォーマンス活動を記載しておきます。

トモヒロパパのブログ「ワンオフアイテム」の方にも度々この様子はアップしておりましたが、あちらのブログは更新が頻繁であることや、元々はモノ作りや、パフォーマンスアイテムを作る時の様子、車のメンテナンスなどが中心のブログなので、数日は残すようにしておりますが、気が付いた時に記事を削除してしまうので、現在は残っていない記事も。

スピニングマスターズとしての活動記録、鈴木家としてのファミリーアルバムとしてホームページやこのレポートを作ってきましたので、そのブログの内容や写真を少しずつ転用してこのページに残すことといたします。

メイカーズピアはLEGOランドと直結した場所で、名古屋港の金城ふ頭にあり周辺にはリニア鉄道館やポートメッセなどがかたまっております。ポートメッセはヨーヨーの大会なども開催され懐かしい思い出の場所であります。

自宅から30分以内という近距離で買い物やホームセンターなどフラフラと行くような生活圏内なので、平日の活動現場としてはうれしい場所。ランチをしに行ったりして事前に現場のチェックもしました。

特に気にしていたのが、夏場の日影の時間帯や移動方向。これはとても重要でした。

LEGOランドとなりなのでご家族連れ、特にチビッコも多くなると想定でき、そうなれば短くしても20分以上のショーをご覧いただくならば日影が無ければ実施はほぼ不可能。人の流れや滞留のこと、そして集客などは二の次、いや三の次でありました。

何度も何度も話題には出てきております、今年の夏の猛暑ときたら現場に居て危険を感じるほどで、まったく容赦ないものでした。本当にエアコンの効いている場所にいる時には思いもしない危険な状況の時も沢山あり、毎年考える以上に「安全に実施する」ということを強く意識しました。この「安全に、、、」というのはもちろんパフォーマンスでお客さんにモノが当たったり、バランス芸で落下してパフォーマーが怪我をするということもあってはならないことですが、そういった意味ではなく、単にご覧いただくギャラリーがショーに夢中になっていただければパフォーマーとしては嬉しい限りですが、その時に熱中症になったりしては大問題。決して「お客さんが勝手に見ていたので自分たちには責任はない!」とは言えない事態になるのは明白。

そして名古屋市の看板を持ってパフォーマンス活動をしている以上は、そこまで踏み込んだ危機感を持って安全管理をすべきだと思っておりました。

8月2日初日は予約時間には一度現場事務所を訪ね、猛暑であり安全実施のため15時まで実施できないとお話をして、その上で場所も芝生の広場では夕方17時まで難しいという理由から実施場所をLEGOランド入口の導線確保ができるポジションでの位置を提案して了解いただきました。

ちょうど近くでランチを済ませてもう一度現場へ向かおうとしていた時に、メイカーズピア事務所を通じて、ポップアップ事務局からもお客さんが待っているようですと、携帯にお電話をいただきましたが、私たちスピニングマスターズの時間的な都合ではなく、安全上の理由であることをもう一度説明して現場へ。

スタッフの方もとても協力的でLEGOランドの方にもお話をしていただき、場所の件はバッチリ!15時からであればスッポリと日影で安心してショーができるように図らっていただき感謝でありました。

こういう活動ができるようになったことに拍手!!これこそ名古屋市に望んでいたようなシステムです。

こうしてその後も何度かショーを展開して活動もスムーズにできました。

何日がスケジュールを入れていた中で1度だけ噴水を背にしてわずかにあった木陰の方向を向いてショーをしたことがあります。少し気温も低く、薄っすらと雲が広がっていたのですが、それでもその日の条件としては極めて過酷な状態で、同じ条件ならスピニングマスターズは二度とその場所ではやりません。そうOK!ヒロヤが口にするほど。

お盆休み中で早くスタートできたこと、短いショーで対応したことなどでそれなりに集客もでき、良いショーだったとは思いますが、この1回はスピニングマスターズとしての反省材料でありました。

最後までご覧いただいたお客さんにも現場にも感謝しております。まさに最後までやり遂げられたのは皆さんのおかげでありました。

猛暑対策とは別にして、この場所特有のやり方だったのがスタート時間。

毎時間ジャスト定刻に噴水ショーがあり、その時間には重ならないようにスタートしてショーを終えていなければならないルールがあります。

約3分~4分の音楽に合わせた内容なので、15時台にスケジュールを持っていれば14時台後半にセッティングをしておき、噴水ショーが終わるのを待って15時5分にはアナウンス開始という流れで実施。このパターンは9月3日現在も同じです。

なのでスピニングの場合には例えば13時、14時、15時とスケジュールを持っていれば12時半には現場に。

気温的な条件がクリアさえできれば13時5分にはスタートします。しかし、炎天下であったり、湿度が高く熱中症の危険が考えられる場合には見送ったり、確実に日影ができる15時5分に向けてそのタイミングに集中して待機します。

ちょっとショーのスタートに時間を要したり、ショーが脱線して長くなったりすると16時ジャストの前に完了できなくなるので、今でも進行時間には気を使ってやっております。

この噴水ショーの時間が9月以降の大道芸などには大きな影響があり、噴水ショータイムにかぶらないようにというルールをクリアするのが9月3日の大道芸では大変でした。

13時、状況を見てやりませんでした。

14時、芝生広場でセッティングをして呼び込みをしても中々スタートできず、ついに14時35分!スタートできても次の噴水ショータイムには間に合わないということで一旦中断。

場所を移動してLEGOランド側へ移動して再セッティング。

15時10分くらいから呼び込みをしたのですが、お客さんの往来が少ないことなどが理由でスタートに時間がかかってしまいショーが開始できたのは15時30分。

フルショーをしていたのでは次の噴水ショータイムまでに大道芸終了が完全に間に合わない!

かなり短くしたショートverで駆け足気味のテンポで3分前ギリギリでありました。

最前列で観てくれたチビッコたちが一生懸命拍手してくれてました。

かわいいね!

エンディングまで良い雰囲気のショーができました。

あと、13時ジャストにはやらなかった理由は飲食店の周辺で大道芸をしているわけで、人が多いからと実施すべきではないと思ったことと、芝生広場にはキッズだけが走り回っていて、大人の方たちはお店の中だったような・・。ハシャギ回っているキッズだけを集めた場合には収拾がつかなくなる可能性が。子供会経験豊富なスピニングではありますが、ちょっと自信がありませんでした。

18時ジャストにやらなかった理由。これも周辺の飲食店に配慮してのこと。LEGOランド閉園時間ということもあり、飲食店にとってはゴールデンタイム。平たく言えば「邪魔はしたくない」というのが本音。もう一つは既に暗くなるので照明機材を使う必要があったので・・・。LEGOランドはキッズというより、チビッコが多い場所。多くのチビッコが走り回る中。照明もなく暗い所でのパフォーマンス中は危険だと感じました。

施設の状況に合わせて共存させてもらっていくといった考えで「やれてもやらなかった」のは事実。お客さんの安全配慮も大切なら、周辺のテナントさんへの営業的な配慮も必要な現場でありました。

9月に入って急に難易度が上がった感がありましたが、一日で4コマのスケジュールを持っていたとしてもチャンスは2回。こんなマイペースなスピニングマスターズですが、平日活動ならではのやり方と自分たちのオリジナルルールで頑張っていこうと思っております。

ナゴヤ ポップアップ アーティスト のHP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする