2019.01.11 幼稚園のおたのしみ会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チビッコとのイベント大好きパフォーマーの、スピニングマスターズでございます!!

2019年お初の幼稚園イベントへGO!!

小学校、子供会、幼稚園、保育園、児童館、そして敬老会や老人養護施設などでのアトラクションとしての出演経験は豊富なスピニングマスターズ。スピニングマスターズの芸歴をさかのぼれば、大道芸界にプロデビューする前から子供会や幼稚園のイベント出演は多数あり、言わばスピニングマスターズの原点ともいうべきところなのが、児童館と子供会行事、そして幼稚園。何と言っても一番出演回数が多かったので、園庭とか、小学校体育館に行くといろんなことが思い出されて懐かしい気持ちになります。

しかし何度出演を繰り返しても、この、何とも言えない圧倒的な可愛さと、超元気なチビッコたちからの力一杯の声援に心から癒される場所。そしてショーをするときに一番楽しいと心から感じて進行していく場所、そこが幼稚園 保育園行事のイベント現場。

OK!ヒロヤをはじめ、スピニングマスターズはチビッコ大好き!!!!誰とでもすぐに友達になれるのです!

本格的なストリートの現場。それがたとえ東京都や名古屋のライセンス現場だったとしても、派手なスタイルでパフォーマンスなどをすれば、一般的には「警戒」というマイナス感情から関係づくりがスタートするもの。まして、ファイヤーショーをするとなるとなおのこと。

その一般的な大人と違って、チビッコたちやキッズたちは見た目だけでは人を見ない、判断しないというピュアな特技があります。このマイナスラインからのスタートではなく、同じフラットなラインからコミュニケーションが始まります。

OK!ヒロヤも今日も口にしておりましたが、チビッコたちと向き合う時にはMCは特にゆっくり丁寧に、そして姿勢は同じように低く、更に全員と目線が合うように常に右から左、左から右へと、絶えず視線を動かしているそうです。

チビッコたちが一生懸命拍手してくれ、がんばれ!がんばれ!と応援してくれる気持ちに少しでも応え、身近な存在なんだよと伝えるようにアイコンタクト。こういう自分自身から向き合う時の姿勢を落とすということがOK!ヒロヤにとっては一番大切だということだったようです。

さて、準備から撤収まで、何から何まで役員の方にお世話になりました。子供たちにプレゼントするバルーンも、全員が割れずにお家まで持って帰れるようにと、小さなワンちゃんを作り、一匹ずつを透明なビニールで包んだため、いつも以上に時間がかかってしまいましたが、お母さんたちが快くお手伝いしてくださったおかげで無事に全員に手渡すことができました。

こうして御父兄の皆さんが「子供たちのために…」と一生懸命にやっている現場では、かつてセミプロ時代だった頃から一度もハズしたことがありません。必ず良い雰囲気に包まれるショーとなる確信もあります。
一生懸命なお父さんたち、お手伝いをかって出てくださるお母さんたち。そういう様子を見たり、登園してくるときのお父さんやお母さんたち、先生たちの子供への接し方などを目にして、パフォーマーである私たちが一生懸命にならない理由など一つもないのです。

ショータイムギリギリまでバルーン作りに追われ、パフォーマンスエリアに出た時には、もう期待感一杯のチビッコたちの目がキラキラしていたのが凄く印象的でした。

そしてカラフルな園児たちのお帽子が、まるでお花畑のように見えるほどで、晴天となった空と、昨日までの気温を思えば比較的暖かくチビッコたちも何だかウキウキルンルンって感じに見えました。

幼稚園イベントにしては珍しいチョイスでフラッシュデビルスティックから開始。

本来ならチビッコ用のペンシルバルーンのモデリングねたもありましたが、屋外でショーをしているということ、少しずつ風も出てきている状況だったことなどで、あまり長いショーは?と思い通常の大道芸の演目並びとほぼ同じで。大人も楽しめれば子供たちも楽しい!みんなが一緒に盛り上がれることも重視してのこと。

コンタクトジャグリング。もちろんブラックビームとの組み合わせ。天気が良くコンタクトボールがどこまで光ってくれるのか?どう見えるのか??
OK!ヒロヤここが一番心配していたところ。この新しいルーティンでのショーではチビッコたちの拍手や不思議感に包まれた表情や、そこまで「がんばれ~!」と叫んでいたチビッコたちが一瞬にして拍手に変わった瞬間、私たちの心配は安心へと変わりました。

少しだけ風もありましたが、ディアボロでミスをするほどの風速ではなく、まったく問題なし!青空に打ち上げたハイトスも真っすぐ上昇し、真っすぐストリングスに帰ってきます。

トークテンポもとてもゆっくりなので、所要時間も長くなりがち。集中力が続く30分以内にギュギュと詰め込んでのショーとなりました。

幼稚園では珍しい園庭でのパフォーマンス。オファーにお応えしてのファイヤーショーを披露。ファイヤーショーはどこか危なげに見えるパフォーマンスですが、スピニングマスターズが一番観客に配慮し安全第一で組み上げたルーティン。無臭に近く煙の出ない燃料使用など一般的にはわからない部分での安全配慮は20年分のノウハウと確かな技術でお届けしております。

ショーが終わってからはベルーンプレゼント!子供たちの嬉しそうな笑顔が沢山見られて本当に幸せな気持ちになれました。

「来てくれて、ありがとう!」と言ってもらえて涙が出そうなほど嬉しかったけど、私たちスピニングマスターズの方が「よんでくれて、ありがとう!」と言いたいのです。

心から、みんなに会えてありがとう!と言いたい!また、どこかで会うことができたら、お話しに来てね。

今日の思い出の写真を集めたフォトボード。先生たちの素早い作業でスピニングマスターズが撤収完了するころには完璧に仕上がっておりました。OK!ヒロヤにも良い思い出となったようです。

チビッコたち、おとうさん、おかあさん、幼稚園の先生、今日は楽しい時間を一緒に過ごさせていただき、誠にありがとうございました!!

※幼稚園、保育園、子供会イベントの出演のご依頼、お問い合わせはケイコママが窓口を務める事務局オフィスマムへどうぞ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする