2019.01.27 松坂競輪場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この日向かう方面は、前日の夕方から雪予報。夜からは現実となり高速道路でも雪が降っていたようです。

渋滞、あるいは雪による通行止めとなることも十分予想できたので、通常の移動時間にプラス1時間。そして朝目が覚めたら真っ先にスマホで道路情報をみましたが、案の定あちらこちらで赤丸のバツ印が・・・。

とにかく大急ぎで準備をして出発。外は真っ暗で、早朝というよりは夜中という感じ。とても寒い朝でした。とりあえず朝ご飯はコンビニで。(笑)

途中までは高速で行き、その後は一般道で。

太陽が出てくると周囲の状況もハッキリとわかるようになり、凍結している部分が多数あったりしてスタッドレスタイヤでもツルツル。事故をしている車もあり、一般道でも移動にはとても気を使いました。

通常よりも多少時間がかかっても焦らず安全ドライビングができるよう、移動計画をたてることもトモヒロパパの仕事であります。早起きしなければならなかったり、所要時間が長くなってしまったり、メンバーに負担もかけてしまいますが、こういうことがしやすい環境というのも「家族経営」で頑張ってきたから、協力し合っていけるのはとても助かります。

さて本日のイベント出演現場は松坂競輪場。昨年はLOTO先輩との共演でありました。

本日は加藤みきお大先輩との共演。いろんな現場ではご一緒させていただいたことがありますが、二組だけでイベント出演をご一緒させていただけるというのはかなり久しぶりのことで、このイベントが決定してからの楽しみでもありました。

しかも初めてお会いした時とは大きな違いが。親子でのパフォーマンス。このスタイルになってからご一緒するのも、拝見できるチャンスも初のこと。芸歴的には大先輩なのでありますが、親子で、家族でというこのスタイルにはとても共感する部分も多く、スピニングマスターズもまだセミプロで、やっとイベント出演などができるようになった当時に出会った先輩が、今度は、その当時に私たちが家族でこの世界に踏み出した時のような、そんな感じがして懐かしささえあり、立場も、芸風も、目標も、ただる道も違えども、トモヒロパパやケイコママにとっては「親である」という立場は同じで、更に身近に感じました。

そんな思いを胸にしながら楽しく拝見しつつ、芸の勉強をさせていただきました。先輩!ありがとうございました!!

さて、スピニングマスターズのレポートです。

一回目が10分少々、二回目が20分少々という短時間でのショータイム。与えられた時間がどうであれ、ご来場くださったお客様に楽しんでもらえるよう頑張るのがパフォーマーの努め。

されど、真冬の気温と、嫌と言うほど今日のような強風の中でもパフォーマンス経験が豊富なOK!ヒロヤをしても「ジャグリングができるのか?」と言わせるほどの強烈な突風。

スピニングマスターズの「らしさ」という部分の必須科目だけは残して、それ以外の演目は被らないようにある程度は演目構成のミーティングもしました。

1回目はフラッシュデビルスティックでスタート。ディアボロとファイヤーショーで終了。

フラッシュデビルスティックはルーティン的にもかなり安定してきました。風の影響もありましたが、無難なスタート演目だったと思います。

ディアボロもそうですが、これだけは外せません!(笑)スピニングのじょんがら。

こんなに強風で寒い中、多くのお客さんに集まっていただけて無事にジャストオンタイムで1回目を終了。

2回目はブラックビームコンタクトジャグリングでスタート、ディアボロとファイヤージャグリングの後、バランス&火炎噴射&ジャグリングの名物も披露させていただきました。

屋外でも表現しやすいブラックビームコンタクト。

持ち時間が少ないので、ショーをスタートしながら同時に集客もするというパターンで。

強風の中のディアボロ。コントロールは難しいのですが、ノンドロップで披露できました。

ラストはこれ!!これはスピニングマスターズの完全オリジナル名物。(笑)各方面からのリクエストもあり披露させていただきました。

寒さや強風などの環境や、いただいた時間、そういう中で一生懸命頑張ってお届けいたしました。ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。私たちスピニングマスターズにとってもとても楽しい一日でありました。

さすがに早朝からの行動と、冷えた体をいたわるため、帰りにこれ(笑)食べました。

こういうの食べて、まだまだ芸を磨かねば!!では、また次回!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする