2019.04.03 施設イベント「ディアボロ体験ひろば」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県のとある施設でディアボロ体験ひろばをクローズドイベントとして開催させていただきました。

何か夢中になれる一つのことを、あるいは一つ一つ練習を重ねていくことで味わえる達成感を、いくつもの選択肢がある中でディアボロも、そんなことのひとつとして気軽に体験してもらえたらとっても嬉しいと思います。

今日はそんな気持ちで実施させていただいたディアボロ体験。決して特別なことではなく、ディアボロやジャグリングなど一般的には気付き難いということなだけ。ちょっとマイナーな世界なのかもしれませんが、やってみたらすっごく楽しいものだった!ということはスピニングマスターズのディアボロ体験活動の中には数え切れないほど経験があります。

キッズたちの可能性はとてもワイドなもの。やってみて楽しかったら継続していってくれればうれしいし、この場だけで楽しんでくれても嬉しいのであります。別にそれがディアボロでなくても良いのです。何か一つでも好きなこと、得意なことを見つけて一生懸命やってみたら「できた!」という感じが味わえて、それを人から応援してもらえたり、ほめてもらえれれば子供たちの自信にもつながっていくかも。

そういうことを自分たちの経験の中から見つけ出し、ディアボロというアイテムを使ってコミュニケーションも重視してやってきました。
見ているだけではなく、とにかく一歩踏み出してやってみよう!そういうコンセプトでこの二十数年、ディアボロ体験をやってきました。

スピニングマスターズにとっても長く続けている言わばライフワークのようなもの、それがディアボロ体験というレクチャー活動なのです。

今日は事情があって詳しく現場の報告ができません。しかしディアボロを通じてコミュニケーションできたり、またキッズたちもディアボロに興味を持って練習に取り組んでくれたりと、私たちもとても遣り甲斐を感じることができたイベントでした。気が付けば大人も子供も一つのことに夢中になれた!ディアボロのレクチャーを通じて身近に感じてもらえた!そんな様子が印象的でした。

今回は少しモチベーションUPのためと、バルーンパフォーマンスやボールジャグリング、そしてディアボロデモンストレーションなどのミニパフォーマンスショーも合わせて披露させていただきました。

また、キッズ代表でデモンストレーション後にはディアボロの回し方や簡単な技を説明するのもお手伝いしてくれました。

体験中の様子。みんなとても上手に回せて、たった45分間でディアボロのトス&キャッチを何度も連続でできるキッズも。

最後にはみんなできちんとご挨拶!素晴らしい!

またチャンスがあれば一緒にディアボロ回そうね!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする