2019.04.29 デンパーク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠征から帰還して翌日。近くて慣れ親しんだ現場だとなんだかホッとするというか、やり易いというか…。体力的には移動距離も少なく、搬入もなれているので本当に助かる!というのが本音。

ありがたいことに平成最後のパフォーマンス現場はラスト4日間の内3日間は愛知県内。最後の最後も三重県と言ってもナガシマリゾート。GWはまだまだ長いですが、ダレないようにコンディションを整えて頑張りましょう!!

ということで富士山から帰ってきて27日土曜日にも安城へ。しかし富士芝桜まつりでも体験しなかったような爆風です。もちろん、危険でなければ楽しみにしてくれているお客さんがいれば全力でショーはさせていただくのですが、ちょっと不安になるほどの強風で、折れた木の小枝が水平に飛んでくるほど。

写真だけ見ていると青空なのですが。

お客さんにも集まっていただけてコミュニケーションもできいつものように楽しいショーではありました。しかしパフォーマンスエリアの目印にしている三角コーンは重ねて置いても直ぐに風に持って行かれてしまうので、緑色の電源ケーブルをその代わりに。(笑)

その時は1回目のショーはいつものポイントでいつもの向きでやらさせていただきましたが、お客さんのみならず、パフォーマー自身もちょっと危険性が感じられたので万一のことが絶対にないようにと、場所の変更をお願いして小規模ながらも安全第一でのショーをさせていただきました。

本当に暖かくご覧いただけるのでスピニングマスターズも全員が嬉しかったこと、そして少し風当たりが少ない所でショーはしたものの、こんな強風の中で最後まで応援いただけて感謝の気持ちでいっぱいです。

それから一日をあけて2日後に再度デンパークでのパフォーマンス。

そして本日は、曇り空でそよ風くらいの穏やかな日でした。準備をしているときにほんの一瞬だけパラパラと小雨が降りましたが、黒い雲などは一切なく、風に流されてきたのかな?という感じであったと思います。

一回目のショータイムからスピニングのことを応援してくれてるお客さん、ファンの方々が大勢だったことはいつも以上に感じました。本当にいつも準備をしているときから「OK! OK! のお兄さんだ!」とか、ガッツリ笑顔で「今日は何時からですかー?」と声かけていただけたり、「後で見に来ますね~」とご家族で…。こんなに幸せなことはありませんね。パフォーマー冥利に尽きるとは正にこのことであります。

水のステージではお笑いライブもありましたので、そちらが完全に終了したことを確認してBGMやアナウンスを開始しました。三角コーンを置いたところから着座いただき、ヤル気もテンションもMAX!!パフォーマーとしての血が沸騰!!これで張り切らないわけがない!!

2回目のショーはOK!ヒロヤを写真に収めることが困難なほどでどちらから撮ってもケイコママの身長では…。(笑)

3回目ラストパフォーマンス。雨が降ることもなく多くのお客さんと楽しい時間を共有できたことが嬉しかった一日となりました。この日はご家族で遊びに来て小さな子供たちも多く、一生懸命にちっちゃな手で拍手をしてくれる様子が忘れられません。

スピニングマスターズのパフォーマンスはバルーンのモデリングをするわけでもなく、特にチビッコ向けのネタがあるわけでもありません。しかし、スピニングマスターズがアマチュア時代から貫いてきたのは三世代で同時に楽しめるショーを!というコンセプト。

子供だけが楽しめるものでもなく、大人だけが盛り上がれるものでもなく、お年寄りに気に入ってもらうためでもありません。全員が120パーセント楽しんでもらえるようにと願いは持っておりますが、欲張りはせず、お集まりいただけた皆様全員が70点、80点という満足点を付けていただけるようなショーを目指して来て、それは今も全く変わってはおりません。

誰にでも自由に気楽に見てもらえたらと思うのですが、たとえ「子供たちだけではご覧になれません」とアナウンスをしている時だとて、それは子供たちの安全のためであり、ショーを中断しなくても良いように、最後までお集りいただけたお客さんに喜んでいただけるようにと配慮をした結果。

安全にそして楽しい空間をつくるということも大変なことで、300人、そして400人と集まっていただけた時でも、それをコントロールしてすべての方向に気を配るのはたった一人のパフォーマー。

スピニングマスターズはまだ3人いるので、ショーの進行中は少しはサポートできる体制がありますが、ソロパフォーマーの場合はそうは簡単なことではないのです。

特にこの日に何か問題があったわけではなく、終始良い雰囲気のショーが3回ともできたことに心から感謝しております。ただ、大型連休のGW中なので自分たちももう一度姿勢を正して絶対に事故、怪我がないように、そして一生懸命拍手してくれるチビッコたちにも安全で楽しい時間をと、そう思って時々はこんなことも自分たちの中で話し合うということも知っておいて欲しいと思い書きました。

ご覧いただきました皆様、本当にありがとうございました。スピニングマスターズのメンバーも忘れられない思い出の一日となりました。感謝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする