2017.08.26 愛西市 老人施設 古都まつり

ジャズドリーム長島での大道芸を終え、老人施設の夏まつりに出演のため移動です。途中でハンバーガーを買って大急ぎで愛西市へ。

まだ準備中の会場に到着して機材搬入とセッティング。自分たちの判断で最良の方向や位置を見出して主催者に「この場所で、こんな感じです、いかがですか?」と提案するのもプロとしての努め。主催者もご来場が安全に楽しんでくれることを望んでいるに違いなく、特にファイヤーショーの実施なので、スピニングマスターズとしても一番やり易いスペース確保をして、見やすい環境を作るのも重要なのです。

夕方になり、涼しい風が吹きかけたころ和太鼓パフォーマンスがスタート。

他にも盆踊りや夜店や屋台の食べ物もあり、ご近所の皆さんもいらして賑わっておりました。

どこか懐かしい感じが良いですねぇ!キッズたちも大喜びで遊び回っておりました。

スピニングマスターズは6時15分スタート予定を5分切り上げて開始。司会者の方に簡単なご紹介を頂いて、あとは大道芸スタイルでOK!ヒロヤのマイクパフォーマンスで徐々に空気を作り上げていきます。

スタートしてから中盤までは周囲も明るかったのですが、ファイヤーショーの突入することには薄暗くなりはじめ、まるで主催者の方がこの瞬間を狙っていたのかというほどのファイヤーショーにとってはストライクゾーンな時間。

写真では頭上に提灯が沢山見えておりますが、これは完全に計算の内。火炎噴射の方向や風の強さも把握した上でのパフォーマンスです。

こんなにもお年寄りの方が声を出して笑ってくださったり一体感のある盛り上がりになったのは、この施設のスタッフさんのおかげでもあり、スピニングマスターズの大道芸が始める直前まで会場中央にあったやぐらを皆さんで移動してギャラリースペースを正面に作ってくださいました。

これによって、皆さんが近くでご覧いただけて、丁度良い距離感でショーができたことで本当に助かりました。

古都まつりにご来場いただきました皆様と楽しい夕方のひと時を過ごさせていただき感謝しております。ありがとうございました!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする