2019.06.30 SUGO WAZA SHOW

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的に梅雨入りした!とニュースで聞くと、わかってはいても「うわわ~、ついにか」と嫌な気分になりますね。四季のある日本に居れば当然で、梅雨も避けては通れない1つの季節でもあり、雨が降らなければ降らないで今度は「水不足だ!」ということに。

自然界のバランスなので雨を嫌ってはいけないと思いつつも、この業界にいるとあまり雨を歓迎できないのであります。
土日が近づいて来るたびごとに天気予報のアプリを開く回数が多くなり、予報が良い方向へと変わっていないものかと、そんなわずかな期待もあるけど、簡単に変わるはずもないスマホのスクリーンに念力を送りながら…。「変わっていない!」と何度落胆したことでしょう。(笑)

土日で西日本~北陸への遠征、とっても久しぶりの富山入りでした。梅雨前線、そして台風とコロコロと変わる天気予報の中、滋賀県を経由して富山県で開催の「超絶!ザ・スゴ技ショー」に出演!!多くの素晴らしいパフォーマーと共演させていただきました。

今回のイベントレポートはこんなところからさかのぼってスタート。

先週無事開催できた犬山城下町 大道芸まつり 以来ショーをしておりません。というのも、スピマガ7月号のコラムでのとおり、現在引越し真っ最中で、水道屋さんから電気屋さん、アンテナ工事とエアコン取り付け、そして家具組み立てと、引越し作業オンパレードで忙しい毎日を過ごしておりましたが、その引っ越し作業と、毎日ジメジメの梅雨の影響から平日の大道芸活動がこの一週間どこでもできておらず、スピニング自身には平日活動も自分たちのショークオリティ維持という自己判断のバロメーターでもあるので、「やっていない」ということは多少なりとも「不安」なのです。

いろんな意味で少し調整も兼ねてエンジン再始動のつもりのワンクッション!!29日土曜日は滋賀竜王のete前での大道芸へ。

愛知県を出発し、途中前がまったく見えないほどの超強烈な大雨と関ヶ原で遭遇。それはそれは凄い雨量でした。こんな状態なら現場まで行っても…と不安にもなりましたが、ここは今までずっと守ってきたスピニングセオリーで「現場には行かないと判断できない!」という、やる!やらない!できない!の一つ前に「行かねば!」というのがあります。

三井アウトレットパーク滋賀竜王のete前ポイントは以前からこのイベント報告記に出てくる現場ですが、多少の雨なら問題なくショーはできます。強風が伴う雨や、フロアに溜まってしまうほどの大雨ではさすがに中止しますが、途中で遭遇した猛烈な豪雨は八日市辺りで小雨へと変わり、竜王ではなんと太陽も見えるほどに雲の切れ間も。

早速大道芸の準備して1時半ごろにはスタート。このところ土日でのこのete前ポイントでは少しスタートに時間を要するイメージがありましたが、本日は私たちの方が驚いてしまうほどスムーズなスタート。この場所での「出待ち状態」というのは、久しぶりのことだったかな?

そして1週間何もしていなかったスピニングマスターズのパフォーマンアスショーは、これまたビックリするほどウケが良く、「なんだ???どうしてだろう???普段から「修業だぜ!」と平日の厳しい現場でショーを頑張っているが、していない方が調子イイのか???」とジョークで笑ってしまうほど順調。

こんな天気予報なら1回でもできて、日曜日のためのウォームアップのつもり…であったのですが、気を良くして2回目のショータイム。これも盛り上がる!なぜ?!(笑)しばらく平日の大道芸活動をやめるかな?と、ちょっと本気で悩むほどでありました。

さて、さすがに3回目は時間が無く、竜王から富山に向かう同中で鯖江で引き取りをしたいブツがありまして、滋賀竜王撤収後に一路鯖江市へ。

パフォーマンスアイテムで使用するブツを無事入手して今度は富山を目指して。やはり移動中は強く降ったり小雨になったりハッキリとしない天気。日曜日開催の超絶!ザ・スゴ技ショーの方は雨予報を受けてすでに屋内開催へと切り替わっておりましたので安心だったのですが、屋外でブースを出されたりパフォーマンスをされる方もおいでのようだったし、何よりもご来場いただくお客さんもあまりに強い雨だと気の毒で。当日の雨は仕方ないとしても少しでも小雨となるよう願いつつ。

富山駅前のホテルに宿泊し、いよいよ当日。

開催場所の富山市民プラザです!

スタッフの皆さんも朝から手慣れた感じでテキパキと準備を進めています。

スピニングマスターズも軽く音出しのチェックを。

本日からスピニングのサウンドアイテムの仲間入りをした機材。実は前から持っていたのですが、使う機会がなかっただけのこと。(笑)ようやく登場でき、そして活躍してくれました。

ダイレクトボックスという音声レベル変換やノイズ対策に使うものですが…。イベントではサウンドセッティングを素早く確実にするためには重要なアイテムです。これは後にトモヒロパパのONE OFFブログの方で詳しく。

現場のチェック。OK!ヒロヤも真剣に、そしていつも以上に念入りにしておりました。

高さ、広さ、雰囲気、どれも申し分なし!いい環境です。雨でスピニングマスターズの一番の特徴でもあるファイヤーショーを披露させていただけなくなったことだけが心残りですが、こうして素敵なホールでショーができるのも心から感謝です。与えていただいた環境下で全力投球するのみ。準備をしながらそんな気持ちにもなりました。

11時ジャスト、スピニングマスターズからイベントスタート。

ステージでスタンバイ。目の前には多くのファミリーが。ご家族で、三世代で、このイベントを楽しみに待っていました!という雰囲気たっぷり!!そんな楽し気な空気しか伝わってきません。
音響を担当したレポート筆者もモニターでその様子は確認しておりました。ステージそでに待機していたOK!ヒロヤともアイコンタクト。気合十分のようです。

ここまでの前置きも長かったこのレポートで(笑)It”sショータイム。いよいよオンステージです!!

湿度が高めの日でしたが特にディアボロのコンディションに苦戦することもなく、序盤からエンディングまで一気に駆け抜けて行くように披露。唯一、気にしたことが吹き抜けというエントランス特有の共鳴効果でMCが聞きとりにくいかも?と

外のどんよりとした曇り空とは逆にイイ盛り上がり!!予想よりも会場内はキッズ寄りの雰囲気でもありましたが、スピニングマスターズのポリシーでもある三世代同時に楽しめる空間ということもあり、他のパフォーマーとのキャラなどもあまりかぶらないようにとか、笑いよりも技術的に押していく感じなど、全体的な演目構成もやってる自分たちも納得できるバランスだったと思います。

二回目はひとネタだけ替えて。と、その前にディアボロ体験ひろばの実施もございました!!

見ているだけでは面白くない!!自分でも体験してみよう!チャレンジしてみよう!と、今回はディアボロの体験も実施させていただきました。

レクチャースタート!!

中にはMyディアボロ持参で参加の少年がいたり、大人の皆さんも積極的に参加していただけたりと、25セットほど持って行ったディアボロもほぼフル回転。20名様限定での参加でありましたが、ご家族で参加された皆様も子供たちとのコミュニケーションもしつつ、終始楽し気な様子でディアボロを回していました。

30分の実施でウォーターフォールまでのレクチャーができたのも久しぶり。60分コースでもいつもギリギリなのですが、今回はひとつひとつの技の達成スピードもかなり早かったと思います。このザ・スゴ技ショーの人気や回数を重ねてきた歴史の中で、お客さんの関心も高くなっているのかと、そんな印象もありました。

とにかく理屈抜きでイイね!親子でディアボロ回している様子。親御さんがチビッコの手を握ってスティックでディアボロ回しているのが微笑ましいのです。

少し時間をおいて3時よりセカンドステージ!!ステージイベントとしても締めくくりのようでスピニングも全員気合十分。

やっぱりディアボロ体験をした後だと、ディアボロのパートに入ると皆さん目が真剣!!(笑)それだけディアボロもOK!ヒロヤも身近に感じてもらえるようになったということなのかな。

とにかく楽しいステージもあっと言う間にエンディング。セカンドステージでも一体感があってお客さんの笑顔がスピニングマスターズのスイッチをONにした、そんなパフォーマンスでありました。

スピニングマスターズにとって、特にケイコママにとっては高岡という場所が特別な意味を思っておりました。

富山はケイコママの母方のふるさとでもあり、子供のころからよく来ていた土地。親戚もいるので何度か尋ねて遊びに来た思いでも沢山あって街並みも懐かしいのです。

帰りは東海北陸道で。何としても食べたかったます寿司もGET!そしてサービスエリアで食べた御蕎麦とおにぎりが美味しかった!特におにぎりはお米にプライドと自信が無ければこうは書かないだろうというPRがメニューに。迷ってしまうほどのバリエーションがイイね!!

このおにぎり達は最高でした!!OK!ヒロヤは二つ食べました!!(笑)

今回は西に北にと走り回りながら楽しいパフォーマンスツアーでありました。

気の合う沢山のパフォーマー仲間もでき、それぞれのキャラを生かして一緒に作り上げていくステージの面白さ、素敵な時間をお客さんに提供していくという感じではなく、一緒に共有しようというようなスタッフ側の姿勢にも私たちも強く共感します。

こうしてスピニングマスターズも楽しくショーとディアボロ体験をさせていただけたのもパフォーマー仲間やスタッフの皆さんのサポートがあってのこと。そして楽しい時間を共有していただきましたお客様へは感謝のことばしかありません。

ご来場賜りました皆様、暖かい応援を誠にありがとうございました。また次回というチャンスがあるのなら、是非スピニングマスターズの醍醐味でもあるファイヤーショーがご披露させていただける時にも、またお会いできたら嬉しいと、私たちもそう思っております!!また一緒にディアボロ回そう!!またお会いしましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする