2019.09.13 なばなの里

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月になってもまだまだ暑く屋外での大道芸パフォーマンス実施は難しいときがあります。

ショーのタイムテーブル、所要時間、演目の流れなどがパフォーマンスの出来映えの良し悪しを左右し、パフォーマーも裏方スタッフも一切油断ができず、常に真剣勝負となる現場。

久しぶりになばなの里でのショー。11時からと16時の2回をチャペル前で。

まずは1回目の11時からのショータイム。暑さの影響もありスロースタートです。

あと、カメラ趣味のお客さんがやたらと多い感じ。大道芸中の空気感は悪くはないのですが、他のお客さんの視界にダイレクトに入る場所からのショットは、あまり長い時間何度も行ったり来たりはちょっと迷惑かな。

いつもの感じからすると三分の一ほどの集客ではありましたが、お客さんのリアクションは上々。雰囲気だけはいつもの感じ。

この日は14時からウエディングがあって2回のショーとなりましたが、インターバルがかなり長かったので一度現場を片づけて近くへランチに。おかげでいつもはできないランチをゆっくりすることができました。

15時半には再セッティングをして2回目のショーを披露させていただきました。

パフォーマンスエリア自体が全体的に日影になるためお客さんはじっくり腰を落ち着けてご覧いただけている感じで、ショーを進行する私たちも時間を使ってゆっくりと。

1回目のショータームとは進行テンポは真逆でありましたが、何故かどちらもエンディングでは同じような雰囲気に。(笑)もしかして「暑いから…」とか、「日影に…」というのは過剰に私たちが考え過ぎているのかと思うほど。

2回のショータイム、どちらも良い雰囲気でフィニッシュでき、最後までご覧いただいたお客様に感謝であります。なばなの里にご来園くださったお客様、スピニングマスターズの大道芸パフォーマンスにお付合いくださった皆様、誠にありがとうございました!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする