2019.10.26 大阪万博記念公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ「はじめてです!」という初登場現場が多いスピニングマスターズです。

今回は2日間続けて関西圏へ遠征でありました。

ブログの方でも遠征中に少し書きましたが、実は大阪という場所での大道芸パフォーマンスというのが「お初」だったのであります。

※ワンオフエンジニアのブログ(トモヒロパパのブログ)の方にも投稿記事があります。>>大阪って初めてだった???

遠征一日目は大阪万博記念公園での大道芸。とっても良い所です。

ケイコママやトモヒロパパにとっては小学生の時に開催されたエキスポが懐かしい場所でもありました。まだまだ日本がそれほどバブルではなかった、各家庭がやっと余裕が出てきたかな?という時代で、この太陽の塔がそんな日本を象徴しておりました。

スピニングマスターズにも思い出が・・・エキスポランドがまだ存在していた時に家族旅行もして、そういう意味でもとても懐かしいスポットだったのです。

スピニングマスターズのホームページは、元々のスタートがファミリーアルバム。このスタンスは今でも変わらずなので、時々こんな懐かしいショットも登場しちゃうのであります。エキスポランドの観覧車の中での一枚。デジカメ買いたてのころかな??ヒロヤもケイタも小学生だ!!(笑)

お分かりになるでしょうが、左からヒロヤ、ケイコママ、ケイタです。大道芸でもう一度ここへ来るとは、誰も想像しなかっただろうなぁ。

大道芸の方は、初回ということでいろいろ経験をしておきたかったので4回のショーを実施。けっしてガツガツとやっているわけではなく、単に毎月何度も来られる場所ではないとこであり、できる時に頑張って、早く経験値を上げて安定したショーができるようになりたいという思いだけ。

1回目はとりあえず初めてなので一番標準的な構成のショーで。「なるほどこんな感じ」と、ショー全体を通して手応えある部分と、ゼイ肉だと感じる部分と振り分けショーの進行スピードやトークテンポ、間、それなりに地域性にマッティングするよう探りながらのショー。

スピニングマスターズ全員でいろんな角度から1回目のショーを観察し、ランチをしながら分析しました。

2回目はちょっと本気モードで。手応えがあり、スピニングマスターズもやる気満々になってきました。

2回目以降のショーはどのパターンでも、どの演目でも雰囲気が凄く良かったと思います。お客さんのリアクションもグっと引き出せた感じで、笑い声が巻き起こるような感じ。関西圏へ来てるんだ!という印象でありました。

その後3回目のショー。日が傾いて来てちょっとお客さん眩しそう。

4回目のショーはセッティングの向きを変え、逆光からお客さんの視線を外したかったけど、それをしていると照明が必要になるほど暗くなる可能性が。

ナイトパフォーマンスの予定など1ミリも無かったのでライトなど照明機材は一切持っておらず、そのままの向きでスタート。

ちょっとこの場所での空気感を作り上げるやり方や、スタート時のツカミかたもわかってきた!!

時間との勝負。ショーを進行しながら辺りも暗くなっていくスピードも加速度的に早い。

結局、ラストパフォーマンスは最後のローラーバランスを省きました。それでもお客さんが最後まで楽しんでくれたことや、満足感があった様子で、演目やネタを変え、いろんなことでチャレンジしてみて私たち的にも良かったと思います。充実感も味わえて、いろんな経験ができて満足!!!!

11月もここでの大道芸を予定しております。

この日はベストと思える場所がお祭りのイベントを実施されており、太鼓やお囃子がなり止むことは無く、迷惑やトラブルになってもいけないと思い、日本庭園のゲート前のスペースをお借りしました。

特に場所的な不満もなく、太鼓の音などとの干渉は感じられず、思い出深い場所で一日を楽しく大道芸ができて良かったと思いました。場所を提供してくださったすべてのみなさまに感謝しております。また立ち止まってご覧いただきましたお客さんにも「ありがとうございました!」を伝えたいと思います。

暗くなるギリギリまで頑張って、きちんと後片付けとスタッフ皆さんにご挨拶して万博公園を後にしました。さぁ!翌日の奈良県イベント シャープファミリーフェスティバル2019に向けて移動です。万博公園周辺の夕方はどこも大渋滞でありました。(笑)

つづく・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする