2019.11.02 名古屋市科学館 サイエンス&アートフェスティバル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は昨年も同イベント出演がありましたが、残念ながら雨予報。

1回目のショーは何とかできたものの、午後からの2回目は強く降った雨のため、ショーをすることはできず、屋根の下でバルーンプレゼントをしながらのグリーティングで終わってしまい、非常に残念な思いが残っておりました。

このイベント、元々屋外でもファイヤーパフォーマンスではなかったので、ショーの構成を変えることなく雨天時の対応策もありましたが、そのスペースがないということでグリーティングをしたわけなのですが、やはりディアボロ&ジャグリングを主とするパフォーマンスチームなので、本来の自分たちのスタイルでのショーを披露できるのが一番。

ということもあってなのか、今年もう一度出演ということとなりました。

現場が名古屋市科学館ということで自宅から15分以内。最近のイベント出演では最短での出勤でありました。

ロケット展示スペースでセッティング。音

OK!ヒロヤ、ロケットに興味津々。スマホで撮影中です。

この時に撮影したショットがこれ!!

こんな大きなものが宇宙に行くなんて。

さて、ショースペースでセッティング。響機材もすべて持ち込みで対応。電源だけあれば一番時間をかけずにベストなパフォーマンス環境が整うのも、私たちスピニングマスターズのメリットです。

現場のPAに接続してもらうとなると、結構時間もかかるし、この日はスピニングマスターズがセッティング完了した時点でまだマイクテストをしており、PAのセッティングが終わっていなかった様子。学生さんたちが実地訓練的にやっている感じなので仕方なかったのかな。

本日はライセンス大道芸現場ではなく、イベント大道芸なのですが、もしも電源もなければバッテリー駆動でも十分対応可能なので、普段ライセンス大道芸のように電源提供が無い所でショーをしていると様々な対応力が備わります。ここでは無事コンセントだけお借りして30分ほどでスタンバイ完了。

昨年もそうだったのですが、10時からのオープニングでの大道芸パフォーマンス。これは少し早すぎます。(笑)昨年も同じ時間で実施しているので、およその現場の雰囲気は想像できました。

ご来場のお客さんもまだまだという状況に加え、大道芸を観覧するだけのテンションが上がり切らないのではという、ちょっと心配もありましたが、朝から天気も良かったのでスタートの時から待っていてくれるお客さんも居てくれ、スムーズな展開でショーを立ち上げていけました。

芸人にとっては早朝(??笑)ともいうべき午前十時のハードルを越え、順調な滑り出し。

普段の大道芸現場であれば寄せが難しい階段席での集客もまずまず。

中盤辺りまでに大道芸らしい雰囲気に持ち込めました。

スピニングマスターズはゆっくり見ることはできませんでしたが、いろんな楽しいブースが出ていたり、キッチンカーも出店。いつもデンパークで一緒になる、スピニングも大好き!ハワイアンバーガーもございました!!3連休初日にファミリー向けイベントとしてとても良い場所です。

1回目のショーを終え、控室で美味しいお弁当を頂いて午後からのショータイム。

午後から2回目のスピニングマスターズ出演時間の前に30分の空白があり、ここで一度バラしていたセッティングをし直して、5分前から自力集客開始。大道芸パフォーマンスとして披露しているので、大道芸らしいスタート方法が自分たちもやり易く、お客さんに集まっていただくにもスムーズでベストなのです。大道芸パフォーマーがイベント出演をするケースでよくあるのが、自力で集客をしてお客さんとのコミュニケーションもし、大道芸がスタートしやすい雰囲気を会場に作り上げて、「さぁ!!」というタイミングでMCに挟まれると「はい!スピニングマスターズです!どうぞ~!」だけのために折角の雰囲気がまたまたゼロスタートに・・・。なんてこともイベントではしばしばあるので、今回は紹介MCはなし!!

1回目よりやや多目のお客さんにご覧いただけたかな?

なにより良かったのはお天気で、暑くもなく、寒くもなく、大道芸日和でギャラリー的にも快適だったと思います。

こうして無事に2ステージ目も完了。

お集まり頂きました皆様楽しんでもらえたかな?お付合いくださってありがとうございました!!!

※イベント出演、大道芸活動の記事は、一部 ワンオフエンジニアのブログ(トモヒロパパのブログ)の方にも投稿記事があります。>>懐かしい場所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする