2017.8.26 ジャズドリーム長島

お盆休みを過ぎ、まだまだ毎日暑い日が続いております。

ジャズドリーム長島での大道芸はよほどの曇り予報でもない限りは、3時頃まで大道芸実施は難しい状況なのであります。というのも日影がないことに付け加え、この日はステージ上にあったテント式の屋根の補修工事を行っており、ステージ上にも客席にも影がなく、ピーカンの天気ならば、それは苦戦をする!という前触れなのであります。(笑)

午後からは別の現場へと移動する予定があり、どうしても1時頃から、遅くても1時半までには大道芸をスタートできなければ、搬入&お片付けという、ショータイム抜きのさみしい結果となってしまう。どうしよう。(笑)

ちょっとした曇り空となった瞬間にスタートできるようOK!ヒロヤもスタンバイ状態に。

できるだけショー本番の構成に入るまでの時間を短く、を心掛け、呼び込みを開始してから上手く形を作り、お客さんとの空気感も良好な状態で次第に進行でき、ここから後半戦!となった瞬間にお天道様が顔を出し一気にピーカン!!!!

さらに、トモヒロパパが痛恨のミスで OK!ヒロヤからは短い時間で進行できる「必殺芸」のフリがMCで出ていたにも関わらす、「ダイス~セブン」という、長めのネタの音源をポチっ・・・。

長年互いにやってきましたので、こういうミスにもどちらもが素早く対応可能なのですが、ピーカンの中で見ているお客さんには対応できない!(笑)

ファイヤーショーの前にOK!ヒロヤが自ら「曇り空でしたが、現在はかなりの炎天下となってしまいました!ご覧いただくお客様もどうぞ、日陰に退避してご覧ください!」と折角寄せたお客さんを日陰へと誘導。

エンディングでは目の前のベンチが少し寂しくなってしまいましたが、これもプロとして潔い判断だったと思っております。時には自分だけの都合ではなく、勇気ある決断としてショーを中止しなければならないこともあります。

お客さんが熱中症にならず、エンディングまで楽しんでもらえればそれでOK!!!

最後までお付き合いくださいましたお客さま、そして「どうぞ!遠慮なく」と誘導してもベンチにいてくれたお客さま、本当にありがとうございました。

最後まで頑張ってよかった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする