2019.11.09 LPガス祭り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前日から福山のイベントに向けて移動を開始。

ふくやま大道芸の時とな時tと同じように三井アウトレットパーク滋賀竜王のセンターコートで大道芸に立ち寄りました。前ブログでも書いた通り何故なのかは不明のまま、集客に反比例(笑) して結果は順調であります。何よりも翌日のステージショーに合わせて良い調整が出来たのですが、ディアボロのLEDユニットにトラブル発生し、事前に修理対応することができてセーフ!!(笑)

原因は基盤のハンダの割れなど。

いつもように2回のショーを実施することができ、多くのお客さんに笑っていただけたと思います。

その後、のんびり山陽道のドライブ。走行中の景色も紅葉してるところも多くなってきました。夜には福山に到着し、住み慣れた(?)ビジネスホテルにチェックイン。

福山のイベントで音響のセッティングと軽くリハ。

ワイヤレスマイクのチャンネル変更をしたり、ハウリングポイントをチェックしたり、いつもよりも念入りにサウンドチェック。ステージにあるフロモニターをどけてもらえるようになど、音響スタッフさんにちょっとだけお願いをして10分くらいで完了。(念入りと言ってもスピニングの場合はリハを通さないのでいつもなら5分ほど)

写真に写っているようなステージ上に置かれる歌手やミュージシャン用のモニタースピーカーが客席から見えない演目や技が発生してしまうことや、動き回るパフォーマーの場合にはハウリングの原因になってしまうことも。大道芸パフォーマーの場合にはこのスピーカーが意外と邪魔者なのです。

もちろん本番ではバッチリ対応していただき、クリアーで素晴らしいサウンドに乗ってパフォーマンスをすることができました。そして、もう一つの問題がパフォーマンス構成をどうする??OK!ヒロヤも演目の構成や流れをリハの時から気にしていました。

なんと言っても客席の後方には更にこれだけの席があり、ここからもお客さんに集中してもらえるように配慮をしなければ。本来ならステージ前の客席だけで一体感を作り、盛り上がり、そして笑っていただければ大成功なのですが、そこはやっぱり一線を超えてステージから一番遠い所からも拍手を頂けるようにビッグローズ内全体で一体感を狙って・・・。

その本番。さぁ!この日一回だけのステージショーのスタート。ステージ前のギャラリー席も半数位埋まっている状態から開始。

フラッシュデビルスティックは遠くからも視認性が良いので、この日のような大きな会場でも役立ちます。ショーのはじめからお客さんの視点を道具にも行くようにとの目的も持っております。

オール電化(?)の大道芸パフォーマンスショーのスピニングマスターズ。(笑)ジョークではなく、本当に高輝度LEDをギミックに仕込んだアイテムが多い!!つづいて・・・ブラックビームコンタクトジャグリング。

この距離感でも集中してご覧いただけており、この会場の雰囲気にスピニングマスターズのメンバーは一安心するポイント。ステージ前のギャラリー席も随分お座りいただけて使用率8割!!

ここでちょっとレポートを脱線。

ふくやま大道芸でいつもご覧いただくファンの皆様、応援に駆けつけてくださってとっても嬉しかったです!皆様が客席から笑顔で観てくださっていたことがどれほど勇気と元気を頂けたかはかり知れません。

そして、もう10年来のお付合いとなる、ふくやま大道芸初参加の時からの友人も来てくれました。その中にはいつもナイスショットを提供してくださるコバリンさんも。

デンパークでナイトショーを撮影してくださるMATSUDAさんもそうなのですが、どんなに腕の良いプロカメラマンだとて、スピニングマスターズのパフォーマンスを知らなければ絶対に撮影できないショットがいくつもあります。お二人の撮影したショットにはこのイベントレポートのページで度々お世話になっておりますが、今回もコバリンさんが撮ってくださった決してスピニングでは撮影できない画像を一部記載させていただきます。

コンタクトです・・

ディアボロです・・・

必殺!ふくやまの皆さんには懐かしいでしょ??

LEDトーチ・・・ファイヤーショーしてるみたい。

どれもスピニングマスターズOK!ヒロヤらしい躍動的なショットをありがとうございました!

さて、レポートに戻り、後半の会場の様子など。

ディアボロのパートに突入し一気にテンポを加速。会場の熱もイイ感じに上昇しておりました。こんな後方からでもお客さんが応援してくださっているのが感じられるほど良い雰囲気に包まれておりました。

かつての金髪ちょんぼケイタがやっておりました必殺芸ネタ。この4年はOK!ヒロヤが大切に継承しておりました。また、ケイタがやる必殺芸もいつか見られるかもね。

ブルー&パープルのライティングもなかなかイイね!!照明スタッフさんも専属の方がついてやってくれておりました。こういうのもステージショーならでの楽しいところです。

おかげ様でメインパフォーマンスの「じょんがら」ではほぼ満員御礼の状態で、遠くのお客さんからも声援&拍手が飛んできておりました。こういう感じを理想として想像しながら目指しておりましたので思い通りのショーができて良かったと思います。

そしてエンディング。持ち時間の関係でクスダマを構成から外しました。スピニングマスターズのお家芸ではあるので「是非やりたい!」との思い入れはメンバーにあるのですが、ご挨拶口上&クスダマを入れるといくつかの技とネタを抜かないと30分の尺に収まらないので、お客さんが楽しめる構成を選んだのがその理由。

このシーンでスピニングマスターズのショーはエンディングです。こんなに広い会場でお客さんとのコミュニケーションができ、これほどの反応をいただけるとは…。思い描いたショーができ、本当にうれしかったスピニングマスターズでした。

応援に駆けつけてくださった皆様、サポートをしてくださったイベントスタッフの皆様、ステージ演出をケアしてくださった音響&照明のスタッフの皆様、ありがとうございました。スピニングマスターズのショーは皆様の力があってこうして素敵なステージが完成するということを改めて知りました。

そしてご来場くださいましたお客様、皆様との楽しいひと時はスピニングマスターズの良き思い出のワンシーンとして刻まれました、最後までご覧いただき誠にありがとうございました!!

最後に、OK!ヒロヤもステージ上からアピールしておりましたが、来年5月に開催のふくやま大道芸もよろしくお願い申し上げます!!スピニングマスターズもまた参加でき、皆様とお会いできたら良いなと思っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする