2019.12.14 西尾市 子供会のクリスマス会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供会でのイベントはしばらくぶりのことだったかな?特にクリスマス会は久しぶりだったし、ディアボロ体験もあるのでスピニングマスターズも楽しみにしていました。

年間で多くのイベント出演をします。商業イベントやステージイベントもかなりの回数になりますが、芸歴20年と言えどもそれなりの緊張感がわずかでもあるものです。それはステージに実際に立ってみて、目の前のお客さんと向き合ってみないと会場の雰囲気、お客さんの年齢層などショー構成の方向性が判断しかねるための緊張なのです。

そういう意味では子供会イベントは構成を迷うことはないのです。1つだけショーをスタートしてからでないと判断できないのが親御さんたち大人の存在。

子供たちが主役のイベントであることは確実なのですが、役員のみなさんや親御さんも一緒に会場にいらしているので、ショーをお届けするパフォーマーとしては子供だけでなく、大人も一緒に巻き込んで、是非楽しんでもらいたいという願いをもってショーに挑みます。

そういうお父さん、お母さんも一緒に笑って、楽しい時間を過ごしたクリスマス会という思い出が子供たちの中に長く残ってくれたらそれはどんなにうれしいことか。そのために大人を置いてけ堀にしてしまうようなショーではダメで、かと言って子供中心の会なので、子供がポカンとしてしまうショー展開でもダメ。そのさじ加減というのがとてもむつかしいのが子供会イベントなのです。

ショーをスタートするまでの準備時間が少しタイトだったので、ショーのセッティング、バルーンの製作、ディアボロ体験の準備など大忙し。ケイコママも準備中の写真を撮る暇もなかったのではないかと。同時に役員のみなさんも子供たちを迎え入れるスタンバイで大変だったことでしょう。こうして子供たちが存分に楽しめるよう大人たちみんなが力を合わせて準備を頑張るという様子は素晴らしいものです。

スピニングも忙しかったけど、そんなことは子供たちの「楽しかった!!」「面白かった!!」「キャ~!カッコイイ!!」という声を聴けたことで私たちにとっても何もかもがハッピーな時間だったと、良い思い出として残っていくのです。

ショーは普段の大道芸パフォーマンスでは絶対にやらないバルーンのモデリングから。少しでも多くのコミュニケーションを子供たちとしたいから。

演目の並びはいつもと大きな違いは無いけど、OK!ヒロヤのトークにはテンポも間も大きな違いが…。丁寧にトークすることは基本中の基本ですが、わかりやすくすることも重要。ナントいっても1年生から大人まで年齢は超ワイド。反応は上々、ショーの進行は順調でした。

低学年のキッズたちにはちょっと難しいかな?と迷っていたのがブラックビームコンタクト。子供会行事では演目としてあまり組み込みませんが、最前列あたりのチビッコたちからは「ええ~~」と摩訶不思議に見えたリアクションが聞こえてきました。本来ならショーの所要時間が30分を超えてしまうので、集中力が大丈夫かな?と心配でしたが、あえて大人の皆さんに向けてのネタでもあるので、これはこれでやってみて良かったと。

ディアボロはショーの後に体験コーナーもあるので、モチベーションが上がるようにOK!ヒロヤも力を入れていた感じでした。普通のイベントや大道芸現場だと盛り上がる一番加速感があり、盛り上がっていくシーンですが、見てもらうということを重視。興味を持ってもらえるかが、この後のディアボロ体験の取り組みも変わってくるのです。

「バラエティー豊富に!」と思いいろんなネタもやり、ほとんどフルショー。トークテンポや展開のスピードをかなりスローにやっていたということもありますが、ショータイムの所要時間は40分。ちょっと長めでしたが低学年の子供たちも最後まで一生懸命拍手をしてくれて楽しそうに見てくれていたのが本当に嬉しい気持ちになりました。

ショーが終わるとそのままディアボロ体験へと突入。

レクチャーはもっと大変かと思っていたんですが、みんなあっさりと回していました。これがショーの中で披露するディアボロのパートを見てくれているので、子供たちにはイメージができているんだと。それに子供の好奇心と身体能力はあなどれない!何でもできちゃうんですね。本当に楽しそうにやってくれていました。

OK!ヒロヤとケイコママはレクチャーに、トモヒロパパは様子を見ながら後片付けとレクチャーを掛け持ちで。

ディアボロ体験が終わってジャンケン大会。

最後は全員にバルーンのプレゼント。。子供たちひとりひとりと笑顔でご挨拶できOK!ヒロヤも楽しそうでした。帰っていく子供たちみんなとってもイイ笑顔でした。

このイベントが終わるまでにこんなに多くの絵やお手紙を書いていてくれた子供たち。他にもいっぱい書いてくれましたが、プレゼントしてくれたのだけでもこんなに!!

OK!ヒロヤの一番の特徴でもあるモヒカンが、みんな上手く書けてます!

ありがとうございます!!だなんて、こちらこそありがとう!!

盛り上がっていた様子がちゃんと表現されてます!!

こんな立体的なクリスマスの絵を書いてくれた子も。

みんな!ありがとうね!!一緒にディアボロ回せてとっても楽しかったよ~!!また、一緒に練習できるとイイね。

久しぶりの子供会行事で、私たちスピニングマスターズにとって良い思い出がまた一つできました。そして、今日のクリスマス会のこと、子供たちにも大人の皆さんにも会場にいらしたすべての皆様の良い思い出のひとコマとなってくれたら嬉しいね!

お父さん、お母さんたち子供会役員、PTAの皆さんもお疲れ様でした。皆様の努力があってこそのクリスマス会大成功だったのではないかと思っております。

地域行事の中で、スピニングマスターズもその地域の一員になったつもりで一生懸命頑張りましたが、子供会の役員の皆さんの事前準備や当日の結束力には頭が下がります。そういう中でイベントに参加させていただけたこと、子供たちとのふれあいの時間をくださったことを心より感謝いたします!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする