お菓子の製造をされている某メーカーさんの新年会に出演で吉良温泉方面に行ってきました!!

こちらの新年会パーティーでのアトラクション出演も昨年に続いて2年連続。

前レポートの幼稚園公演とこの会社の新年会のタイミングはどちらも昨年とほぼ同じだったので、私たちスピニングマスターズにとってはまるでデジャブを見ているかのような…嬉しいリピートでした。

さて、レポートで特記すべきは幼稚園公演と同じように前日からの仕込みや準備。いつもの大道芸パフォーマンスでの標準的なショー構成から大きく外れてお届けする構成でのショータイムですが、さすがに子供が一人もいない企業のパーティー会場でバルーンのモデリングをするわけにもいかず、ならばと登場したのが久しぶりの本番登場となったボールジャグリング。

そしてこのボールジャグリングとディアボロの技を生かした「OK!ジャグリングクイズ」と題してスピニングマスターズからクイズを出題し、テーブルのグループごとに回答をしていただくというアトラクション。事前にネタ作りをしたり、回答用のプラカードを製作したりして事前の準備をしっかりしました。

回答用のプラカードは3枚1組を10テーブル分で30本製作。もちろんスピニングマスターズのエンジニアリング完全オリジナルです。

 

パーティー会場でのパフォーマンススペース確保が意外と大変で天井がジャグリングにはギリギリの高さ。突出しているところを避けて縦3メートル、横5メートルを確保していただいて宴会用テーブルを置いて頂きました。

ホテル側のスタッフさんの協力は必要不可欠で、こうしたパーティールームでのショーでは主催者とホテル側とスピニングとが綿密な打ち合わせをしながらショータイムまでにセッティングを完了します。

2時間の余裕をみて搬入はしておりますが、これが結構ギリギリ。(笑)スピニングマスターズもテキパキとセッティングをしているのですが、いつものルーティンと違う部分もあるので可能な限り急いではいるものの、パーティー開始までにスタンバイ状態になっていないとダメで、作業完了をしたのはタイムアウト5分前。(ほっ)

ここまでセッティングができればお仕事の8割は終わったも同然。それほどセッティングまでの準備が大切で、いかに完璧にしてはあっても大なり小なり必ずハプニングはあるものです。

しばらく控室でランチをしながら休憩。このあと、いよいよショー本番です。

のどを大切にしているので何もしていない時にはマスク着用です。

ビンゴが終わってスピニングマスターズのショータイム!!

ボールジャグリングからスタート。たまにしかやらない演目での登場でありました。

ディアボロもかなり大きく振り回すタイプのパフォーマンスなので天井のハリを気にしながら一番高くトスできる位置を狙って。写真を見直しても天井ギリギリでコントロールできています。芸歴は21年目ですが、スピニングマスターズの歴史上一番長くディアボロ歴だけなら26年の絶妙なコントロールで切り抜けたシーンでした。

この後も前年とは被らない演目でのショーを続け後半のメインパフォーマンスの演目へ。

後半の演目は高輝度LEDを使用して2020年に新しくスピニングマスターズでオリジナル製作をしなおしたNEWアイテムを使っての大道芸じょんがら。ここで本日のハプニング!(笑)

予定になかった突然の暗転。おそらくどなたかが演出で気をお使い下さってのことだったと思うのですが、OK!ヒロヤは何気ない表情でショーを進行させておりましたが、実は天井ギリギリでのジャグリングをしており手元や周囲も暗いと距離感が全くつかめないのです。

慌てたのは事務局&マネージャーのケイコママ。明るくしてもらえるように会場の隅の方で走り回っておりました。(笑)

自慢のモヒカンが天井にこすれてしまいそうなくらいでしたが、1段減らしてローラーバランスをしながらのジャグリングもでき、お家芸のクスダマでエンディング。

 

そしてその流れのままOK!ジャグリングクイズをスタート。事前に10問用意しておきました。三択での勝負。ここで本日2回目のハプニング発生!!

ボールを使ってジャグリングの技の名前当ててもらうのですが1問目、2問目と立て続けに正解者ゼロ!!まさかのハプニングでした。(笑)

その後はディアボロにスイッチして1位と2位を選出するまでクイズを続行。技も目の前でご覧いただけてテーブルごとのグループ対戦で盛り上がっていました。

 

こうしてパフォーマンスショーとクイズのアトラクションタイム約50分くらいの出演を無事に終えることができました。

スピニングマスターズも一緒にパーティーを楽しめて感謝しております。ありがとうございました!!