今年もスタートしました!ウインターイルミネーションと花火ショー。12月最初のショーはデンパークから。

さて、12月に入ってクリスマスムードも一気に加速しています。ショーを観てくれるキッズたちも、ちびサンタさんコスプレが沢山見られました。

12月になり暦上は冬となりましたが、この日まではまだまだ寒くはなかったので油断しました。(笑)

というのも、この日は風が強くデイライトでのショータイム1回目と2回目は一部の演目で苦労しました。

セーバードラゴンのレベルで言うと3mでやっと。これくらい風が強いと体感的な気温も低めに感じてしまうのでダウンジャケットやコートを着用しているお客さんが多かった…いや、…殆どと言ってもイイくらいでした。

スピニングマスターズメンバーはこの日はナイトパフォーマンスもあるので防寒は万全の体制。(特にトモヒロパパとケイコママは)

2回目のショーの時にはパフォーマンスエリアはスッポリと日影になってしまうのですが、OK!ヒロヤはドラゴンとディアボロには苦戦していましたが、12月になっても半袖のまま頑張っておりました。

1回目、2回目はお客さんもまだまだ少な目ですが、このところのコロナ状況を考えると程よくイイ感じでお客さん的にもショーをご覧になるには良かったと思いました。

 

3回目のショー直前からケイタも手伝いに駆けつけて、ナイトパフォーマンスを楽しくできました。12月8日がケイタの誕生日で、当日はお互いに仕事で会えないので、この日は夕食を兼ねて手伝いに来てくれていたのですが、2回のショーを観て、いろんな意見を聞かせてくれましたが、パフォーマンス現場から遠ざかってはいても、パフォーマーとしての感覚は失われておらず、私たちスピニングマスターズにとっては超貴重なアドバイスでもあります。

ケイタ撮影のワンショットです。

長いことこの時期のこの場所、デンパークでのナイトパフォーマンスも披露させて頂いてきましたが、いつも不思議と夜は風が止んでいることが多く、この日も3回目のナイトパフォーマンスで風が弱くなり、4回目のショーは殆ど感じないほどになって助かります。

 

今年の夏、ナイトパフォーマンスでデビューをしたセーバースピンパフォーマンス。2回やってみましたがお客さんの反応も良くスピニングマスターズのショーには馴染んでいたと思うのですが、構成上どうしても気になるところがあり、スピニング的には60点くらいだったかな?更に見応えがあるように、そして、スピニングマスターズの永遠のテーマ「三世代同時に楽しめる」という、この課題にマッチングさせるべく、それからいろいろ修正をしました。

このイベント報告記では3回目の登場となるNEWバージョンのセーバースピンパフォーマンスをinsta360というVRカメラで撮影した映像を公開します。

3回目のショータイムの様子で、セーバースピンパフォーマンスが登場するのがショーの最初。スピニングマスターズOK!ヒロヤのことを知っていてくれるお客さんも多く、ショーの15分前からベンチは埋まっていましたが、まだまだギャラリーエリアはパラパラの状態。お客さんも「何かやるのかな?」という感じで、そういう空気感が漂っているところにいきなり登場する感じでした。

セーバースピンパフォーマンスがスタートすると一瞬ザワついた後、スピニング史上最もシ~~~ンとなる瞬間が訪れます。(笑)ま、スピニング側からは思い通りで良いのですが、キッズたちは目が点。みんなマスクをしてくれているので、口がどうなっていたかはわかりません。(笑)が、ポカンとした感じの表情。

動画をご覧になってもお分かりになるように、ギャラリーからの拍手や歓声は一切ありません。そしてOK!ヒロヤからの要求も一切ありません。

大人の皆さんも360度全方位から1点に視線が集まり、かなり集中する3分間となりました。1点集中!!この空気感を狙っての作り込みだったのでスピニングマスターズとしては大成功!!やっと目指す路線に乗っかれたというのが正直な気持ちでした。

実は4回目にはこのオープニングから観てみようと沢山のリピーターが来てくれてショーの前、まだBGMも流していない時から出待ちの状態。そして本日2回目のセーバースピンパフォーマンスがスタート。これをショー化させたのは大道芸界初。唯一無二のパフォーマンスを目指して今後も磨き込みます。

5時半からの3回目のショーと4回目のショーでオープニングにて披露しました。

この時間でなければすることができない、極めて限定的なパフォーマンスではありますが、現在のスピニングマスターズのナイトverのパフォーマンスの重要な演目として既に定着した感はあります。

セーバードラゴンとセーバースピンパフォーマンスは、どちらもコロナ自粛中に映像作品を制作したプロセスで誕生したものです。しかし、映像でなければ魅せることができない動作などがある一方、生パフォーマンスでなければ感じることができない臨場感や世界観もあります。

そして次は何が出てくるのだろうと期待感が持てる、セーバードラゴンやセーバースピンパフォーマンスをオープニングという位置に持ってきたのは、そういう流れのあるショーにしたいという意図もあるのです。

是非、チャンスがあればナイトverを生パフォーマンスでご覧ください。

マスク着用、ソーシャルディスタンス確保、歓声無し&大き目の拍手、ご協力に感謝いたします。ウインターイルミネーションにご来場いただきました皆様誠にありがとうございました。

ウインターイルミネーション期間中はベテランパフォーマー、スピニングの先輩たちの大道芸パフォーマンスも実施しています。大道芸という文化、今も確かに健在です!そして、様々な形で楽しめると思います。

 

次回のウインターイルミネーション出演時のレポートは様々なイルミネーションも含めてご紹介する予定です。

またのご来場をお待ちしております。


2件のコメント

2020.12.12 ウインターイルミネーション | · 2020年12月14日 3:50 AM

[…] 2020.12.05 ウインターイルミネーション 2020年12月8日掲載 […]

極寒ナイトショーはいつもより過酷だった | ONE-OFF · 2020年12月22日 12:55 AM

[…] >>>2020.12.05 ウインターイルミネーション 2020年12月8日 […]

現在コメントは受け付けていません。