この時期、雨や雪が多い池田温泉です。

朝早くは雪も降ったりしていたようですが、意外と午後からは好転して青空も。

道の駅 池田温泉では午後からの方が天気が良い方向になることが多く、丸一日中が「雪」マークの予報でない限りは現場で待機しています。

この日も様子を見ながら現場待機していて午後からは2回のショーをすることができました。大道芸の基本でもありますが、天気予報も参考にしますが、現場で空を見て、お客さんの流れを見ていて「今!!」というタイミングを決めたら、迷わず一気に…というのが時には大切です。

これだけコロナ関係のニュースばかり流れていて、更に寒波がやってきて連日寒さが際立っているので、ご来場者は少な目なのは当然であり、仕方ありません。

大道芸をご覧いただけるお客さんが多いとか、少ないなどと、それは今の状況下で口にするべきことではありません。このところ、大道芸の現場に立つと必ず思うのですが、与えられた環境でベストを尽くせばよい!と。その都度、全力でショーをすれば良いのです。特にこの御時世、そう思います。

ショーが終わってからも沢山のお客さんに声をかけていただけます。

チビッコからも大人からも、よく聞かれるのが「熱くないの??」ということば。

「熱いですよ!」とお応えしてます。ホントに普通に熱いですが、我慢しているだけ。(笑)真冬の零℃に近い時などはちょっと暖がとれますが…(笑)

2回のショーは、どちらも40~50人のお客さんにお集まりいただけ、コロナ禍らしい盛り上がり。歓声を上げない、寒くて拍手もなかなか。そういう状況でも確かな手応えを感じることはできます。

スピニングマスターズも焦ったり、無意味にあおったりもせず自然体でショーを進行していけば、エンディングでは笑顔にも出会え、「楽しかったよ!」「面白かったよ!」とお声掛けもいただけます。また、道を挟んだ向こう側からも最後までご覧いただけ、お気持ちをわざわざ持って来てくださるのを見ていれば「ああ、楽しんでもらえた!!」という実感が持てるのも当たり前のことなのかも知れません。

寒い夕方でも最後までご覧いただき感謝しております。

このところ、緊急事態宣言発出や、不要不急の外出自粛などがニュースで飛び交っておりますが、前日の1月10日に開催予定だったイベントは自主的に延期とさせて頂きましたが、小規模の大道芸活動は継続していきます。

これまで以上に、感染予防をしながらできる範囲を、できるように努力していきたいと思います。

 

道の駅 池田温泉にご来場くださいました皆様、そして大道芸をご覧くださった皆様、誠にありがとうございました!!

またのお越しをお待ちしております。