2017.5.6-7 葛西臨海公園~おかちまちパンダ広場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前日5月5日の伊那谷道中かぶちゃん村出演を終えてから大渋滞の中央自動車道を使って関東入りしました。あまりにも到着予定時間を過ぎてしまったためホテルのフロントから電話がぁ!スタッフさんのやさしい対応のおかげでベットまでたどり着くことができました。

東京都のヘブンアーティスト活動で2日間でそれぞれ二ヵ所ずつの大道芸を予定してスケジュールを組みました。

翌朝は初日1回目の葛西臨海公園へ。何度もヘブンアーティストの大道芸活動で訪れている現場であります。慣れてはきてますが、本当に電源も告知も何もない、場所だけは貸しますよ!という活動なので、すべてが自力での実施となります。

東京都が許可だけはしてくれているというだけであり、本当のストリート現場に近い状況での大道芸。そんな雰囲気もスピニングは好きで、葛西臨海公園はお客さんも楽しい。

まずは1回目の大道芸は成功!途中でランチをして御徒町へ移動です。

東京都内で移動中にランチをしたり、ちょっと座ってコーヒーでもしながら休憩ということになると、当然のことでありますが、いつも駐車場に困っちゃいます。名古屋で暮らしているとファミレス、喫茶店などには駐車場は当たり前。有料などとんでもない!という感じなのですが、東京ではそうは行きません。ちょっとランチというと、ファストフードやファミレスはすぐに見つかるのですが、パーキングがなかったり、有料だったり、高さ2.1m以下だったり(笑)とランチに苦戦をするスピニングマスターズ。

そうなんです、スピニング号は2.3mの車高があり、機材を積んでいて重いので2.2mくらいにはなってはいるのですが、パーキングに入れない!というハプニングにちょいちょい遭遇してしまいます。

おかちまちパンダ広場。あまりヘブン活動の現場としては人気がないと聞きますが、スピニング的には楽しいところだと感じてます。大道芸としての結果(?)もまずまずなんじゃないかと。葛西臨海公園のようにガッツリ寄せて大道芸らしい雰囲気にするには苦戦はしますが、意外と離れているところからでも見てくれております。一番遠いところからのギャラリーは真正面上の山手線のホーム(?笑)です。

午後はビルの陰になるので暑さの心配はありません。荷物を降ろしてスピニング号をパーキングに。セッティングができたらすぐにスタート!

昨年はこの場所で御徒町のPRビデオの撮影協力でTVカメラが入っており、何となく落ち着いてショーができなかった記憶がありますが、本日は時間もたっぷりあるのでマイペースで前半を完了。

後半戦になっても思ったほどは人数が増えなかったギャラリー様。しかし近くで最後まで見ていてくれた方たちの応援は凄くありがたく、拍手に支えられてショーを最後まですることができました。

前夜の大渋滞疲れで本日以上!!第二ラウンドはまた明日!!

はい!第二ラウンド開始!!翌日は曇り空。ちょっと雨も心配でした。予報も小雨という感じだつたからか公園で遊んでいる人も前日より少な目な様子でした。

大道芸はデジャブを見ているように同じような感じで、同じような雰囲気でした。たぶん、いつだれがどうやっても、こういう感じになるのかな?という、そんな印象でありました。

バッテリーですべての機材を駆動させなければならず、ホテルで充電したり、ストリート現場では、その準備も大変なんですが、そういう感じが好きで、遣り甲斐があると思いました。

またまた、フェミレスを求めて移動。御徒町ラウンドへ!本日も山手線と勝負です!(笑)

こちら、おかちまちパンダ広場でも前日と同じような雰囲気で、タイムループしちゃってんじゃないの?というくらい、ネタを変えても、トークテンポを早めてみてもあまり大きな差を感じません。不思議ですね。

ショーを終えると帰りの高速の渋滞ばかりが気になり、急ぐ必要もないのに、大急ぎで撤収し、機材をスピニング号に積み込んでいざ!帰宅!!

首都高速の乗り口を反対方向に間違えたり、最後まで珍道中の関東遠征でありましたが、東名高速の渋滞はまったくなく、スイスイと帰ってこれました。

これでスピニングマスターズのGWパフォーマンスツアーは完了!行く先々でいろんな出会いや、パフォーマー仲間としばしの交流ができたりと、とっても楽しかったです。

また、スピニングマスターズの大道芸をご覧いただきました皆様ありがとうございました!!

※イベント出演、大道芸活動の記事は、一部 ワン・オフ・アイテム(トモヒロパパのブログ)の方にも投稿記事があります。上記 イベントレポートの関連記事は・・・

東京から名古屋へ

久しぶりのともだち

うれしい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする