2017.9.2 三菱ケミカル サマーフェスタ

8月もおわり、9月最初のパフォーマンスが倉敷市で!

朝9時に出発し、往復800キロ、そして深夜1時に帰宅するというミッション(?)で、ダンガン特急パフォーマンスツアーでありました!

※写真はサウンドチェック中のスピニングマスターズ。

いつものようにスピニング号車内でミーティングをしながらの移動。どんなコンセプトのイベントで、ステージの大きさは?、ご来場者は?、ご年齢は?、そしてスピニングの演目&ショーの構成はどうする?などなど。大まかに決めておき、あとは現場を見ての最終判断。時にはステージに上がってから決めるというギリギリでの変更もあるほどで、スピニングマスターズがイベント出演でいつも一番シビアに考えていることがお客さんとの距離。これによってショーの内容が決まっていくと言っても良いほどなのです。

時間的にナイトパフォーマンスとなるために、それ用の装備やアイテムも準備中。ディアボロのLEDは定番ですが、リチウムイオンバッテリーを交換してから本当に発光と持続力が向上し大きなステージでの視認性もアップして助かっております。

大きくしっかりとしたステージでのパフォーマンスは安心して動け、殆どリハーサルも必要なく、ショータイム15分前からステージ上でセッティングをしながらMC開始。司会のお二人にご紹介頂き、パフォーマンススタート!

ディアボロはショー前半のラスト。まだまだ中盤なのですが、ケイコママが写真をどこから撮れば?と困っちゃうほどの盛況ぶり。サウンドチェックをしている時は、目の前のベンチまで来てくれて満席になれば嬉しいね!とメンバーは話ておりましたが、いざ、スタートすれば満員御礼。ホント嬉しかったぁ!

サマーフェスタ会場はとても涼しく、イイ風が吹いておりましたが、ショーに影響があるかと心配していたほどではなく、2ディアトスもエンディングのファイヤーもバッチリ!
しかし、バッチリ!でなく、ちょっとだけ予定外だったのがクスダマ。1発で開くことができずバルーンセッティングをやり直し、その間少し進行が遅れてしまいました。ただ、それが凄く一体感が強くなったというか、好感だったのか、ショーを終えてからの握手、ハイタッチがビックリするほど。

今年はふくやま大道芸に参加できなかったため、岡山県、広島県のファンの皆さんとお会いする機会がなかなか無いと寂しい思いをしておりましたが、沢山のファンの方々ともお話でき、元気をいただくことができました。遠くからご来場くださり、スピニングマスターズを応援してくださった皆様、そしてステージを支えてくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

※イベント出演、大道芸活動の記事は、一部 ワン・オフ・アイテム(トモヒロパパのブログ)の方にも投稿記事があります。上記 イベントレポートの関連記事は・・・

まだまだイケルね!弾丸ツアー!

リチウムポリマーバッテリー(Li-Po)について

ディアボロLEDユニットのバッテリー交換(最終)

デイライトでも使える!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする