2017.10.22 ハロウィンフェスティバル

ニュースでは「伊勢湾台風並みの・・・」と何度もニュースで言われていた大型の台風接近で数日前から雨ばかり。スピニングマスターズも現場待機状態で何もできないまま撤収していたり、お休みしてディアボロ認定の動画撮影をしたりと、なかなか思うように大道芸活動ができませんでした。

しかし、こういう時こそあせらず、無理をせず、また必ずやってくるであろうチャンスをジッと待つのです。

本日もイベント出演ではありましたが、前日から台風の進路ばかりが気になっていたスピニング。ニュースでは大型台風であることが強調されて注意を呼びかけていて、名古屋まつりの関連行事が相次いで中止となり、スピニングマスターズの本日の出演予定の現場も、愛知県に接近してくる時間と出演時間が近かったので、もしかしたら中止になってしまうかも、などと不安もありましたが、とりあえず予定時間より早めの行動で自宅を出発。

途中が混雑していても大丈夫なように、仮に早めに到着してもこんな日なので現場も混乱しているはず。こういう時は基本1時間繰り上げのスピニングなのであります。予想通り場所の変更となりロビーのような場所でのパフォーマンスとなり、大雨の中スタッフの皆さんもお手伝いくださって搬入完了。

いざ仕方ないことではありますが、天井の高さ制限やスペースの関係で演目を若干変更しなければならなかった事以外ではバッチリ!

大雨と搬入とセッティングで、OK!ヒロヤのトレードマークのレッドモヒカンもしんなりしておりましたが、無事にスタンバイ状態にこぎつけることができました。

セッティング中トモヒロパパは後頭部のあたりで泳ぎまくっていた熱帯魚の水槽から、エアーポンプの「ぽこぽこ」という音が気になって気になって。(笑)まあ、本番になると集中しちゃうんで大丈夫なのでありました。

こんなお天気でもご来場者の皆さんは元気なのです。

スピニングマスターズの出番まではちょっとロビーも静かだったので、大丈夫なのかな?お客さんは見てくれるのだろうかと。その時はちょっと台風が恨めしく思えました。自然環境には逆らえないね。

前の出演者がおわり、15分ほどの入れ替わりセッティング時間で、ストリート大道芸のように集客や前座的なネタなども必要かな?と思っていたのも、いらない心配で、あっと言う間に立見席まで満員状態。そしてロビーがパンパカパン状態に。

なんと!一番盛り上がったポイントがディアボロのLEDを点灯させた瞬間に「おおお~~~!」というどよめきが。(笑)さすがに技術者のみなさん、食いつくところがニクイね!

スピニングマスターズもディアボロはデビュー前からやってきて、それはそれはなが~~い歴史もあり、まだどこのメーカーからも市販はおろか、開発さえされていなかったころからLEDを仕込んだディアボロを使ってきましたが、最近は自動的に変色したり、遠心力でオートマティックに点灯、消灯ができるような製品まであり、使っていく私たちとしてもチョイスも含めて楽しいのであります。

そしてメインのパフォーマンスでも、ラストパフォーマンスでもお客さんとの一体感と掛け合いが楽しい大道芸ショーとなりました。

ハロウィンフェスティバル実行委員会、スタッフの皆様、そしてご覧いただきましたご家族の皆様、足元の悪い中ありがとうございました。

帰り道ではトラックの巻きあげる水たまりの雨水が、まるで消防ホースで水をかけられたような状態で、スピニング号も前が見えない・・・。集中力と安全第一なのであります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする