2017.11.18 ララスクエア四日市 ディアボロ体験ひろば

スピニングマスターズとしても長くやってきたディアボロ。私たちが大道芸をはじめるキッカケとなり、また、家族で共通の趣味を持てたことで一緒に過ごす時間も多くなり、単純に大道芸の道具!という一言では言い表すことができないほど、思い入れが強く、自らの大道芸ショーの中で披露するだけではなく、その楽しみも広く知っていただけたらと始めたディアボロのレクチャーや体験イベント。時には小学校、中学校での家庭教育セミナーなどで講演をしたこともありました。

スピニングマスターズにとって、そんなディアボロの体験がメインのイベント開催。こうしたイベントも実に20年ほど継続してきておりました。そしてこの「ディアボロ体験ひろば」というイベント。時にはテーマパークや商業施設などで実施させていただく機会がありますが、ディアボロをプレイする環境やコンディションにはベストな条件というものがあります。

この日のイベントは過去にも何度も開催させていただけ、ディアボロま回す!ということでの条件はバッチリ!!そして外は生憎の雨もようでありましたが、屋内でストリングスの湿気や強風の心配をすることもなく、お集まりいただいたお客さんと実にのびのびとディアボロプレイを楽しめました。

時間指定の開催イベントではありましたが、できるだけ現場に張り付いた状態で待機しながら、少しでもディアボロに親しんでいただける時間を多くとりたかったので1回目のショータイムの30分前からスタンバイ。そして2回目が終了してもその場を離れるのが名残惜しいほどで、5時くらいまでディアボロ認定やレクチャーが続けられました。

スピニングマスターズのメンバー全員4時間のイベント実施のような状態ではありましたが、その長ささえも全く感じないほど、とっても楽しいイベントとなりました。

数年前までやってきた形式からイベント内容も一新させ、OK!ヒロヤのデモンストレーションパフォーマンスもガラリと変えました。特に大道芸パフォーマンスでのそれとは大きく違うのが、技の配列や組み合わせ。ディアボロはひとつひとつの技ができるようになってからも、ルーティンとしていくつかの技を連続的に組み合わせる方法でパフォーマンススタイルを作り上げますが、難しいトリックばかりでもその「楽しさ!」は伝わらず、シンプルな技だけの配列では大道芸でのルーティンと大きな差がなくなってしまうという狭間でOK!ヒロヤも練習時にいろいろ苦労したようでありました。

また、使用するBGMの編集とのすり合わせも、イベント開催当日の早朝まで作業が続けられ、この冬からの「ディアボロ体験ひろば」の新たな再スタートに向けてメンバー全員が気合が入っておりました。

そのデモプレイのパフォーマンスがどんな風にお客さんの目に映っていたのかは、まだ感想や印象をお聞きしておりませんが、スピニングマスターズとしてはまだまだ進化できる部分はありますので、今後もどんどんバージョンアップしていく予定です!

※スピマガにご登録いただいております皆様には動画でデモパフォーマンスのダイジェスト動画を新しいスピマガページ(ログインが必要)にて公開しております。2017.11.18 ララスクエア四日市 デモプレイ動画公開!

イベント内容で大好評なのがディアボロゲーム。

小学生低学年、そして中学生まで、そして高校生以上大人の部と3回戦でのゲームはとっても盛り上がって楽しく、お客さんにもスピニングにも良い思い出ができました。

今後もこのようなイベントとしての開催を目指していきますので、スピニングマスターズのディアボロ体験ひろばをよろしくお願い致します!!

ご参加いただきました皆様ありがとうございました!また、一緒にディアボロを回しましょう!!

※イベント出演、大道芸活動の記事は、一部 ワン・オフ・アイテム(トモヒロパパのブログ)の方にも投稿記事があります。上記 イベントレポートの関連記事は・・・

ディアボロ体験イベントしてきたました!

※OK!店長のブログにも投稿記事があります。関連記事は・・・

ララスクエア四日市 ディアボロ体験ひろば

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする