2017.12.24 芸濃クリスマス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスイブの夜、普通ならファミリーで、カップルで、もしくは親しい仲間と一緒に過ごす日ですね!家の中でホームパーティーをするのも良いでしょう。どこかの会場でクリスマスイベントに参加したり、ライブを楽しむのも素敵なイブの過ごし方ですね。

残念ながら私たちパフォーマーは忙しい時期なので、そういったクリスマスイブをこの数年過ごしたことはありません。しかし、パフォーマー仲間やファンの方たちと一緒に過ごすことができ、パフォーマーならではといった感じのイブを過ごさせていただいております。

今年は三重県の芸濃町で。その昔、十年以上も前の話でありますが、家庭教育セミナーのような学校行事でショーをさせていただいたことのある地域。

直前までタイムテーブルなど出演情報が上手く届かず、当日の現場判断となってしまったこともありましたが、そこは長年の経験などで臨機応変な対応も必要でしたがとても楽しいイベント参加となりました。

最初は屋内とだけお聞きしておりましたが、実はとっても立派なステージでホールの中でのショーでした。

このステージでは約20分の持ち時間の中でパフォーマンスを行います。最近のストリート大道芸の現場や、ナイトパフォーマンスの現場においてショートスタイルでの構成を使ってパフォーマンスをしていることが役に立ちました。

もちろん、このところ絶好調のLEDディアボロのパフォーマンスも含めて会場の一体感と盛り上がりを引きだすことに成功!もう、子供たちの熱狂ぶりがヤバイ!!(笑)元気いっぱいで、ホール内なのに、大道芸のような距離感で見てくれておりました。

そしてセカンドステージは屋外へ。スピニングが到着したころ、LOTO先輩がステージを盛り上がていました。

この日は6時ごろから雨予報。小雨程度ならスケジュールを変更せず実施方向ということで、スピニングマスターズも簡単な雨対策だけしてのファイヤーショーを予定して出番まで待機しておりましたが、何とか5時くらいまでは雨も持ち堪えていた雨も5時過ぎたころからパラパラと。

次第に小雨から雨が強くなったり、また小雨になったりと刻々と変わっていく状況に、演目をどうするのか?ナイトパフォーマンス用のライティングをどうするのか?様々な判断を迫られ、準備時間を考えると15分前にはショーの構成を考えなければなりませんでした。


ディアボロもできるか?と心配したり、ファイヤートーチに火が点火できるか?など心配もしましたが、最終的には20分の中でクスダマだけは時間的にも天気的にもできずカット!

その他はすべて予定通りの進行でショーを無事にお届けすることができました。

ちょうどファイヤーショーをしているころは本降りで、油分がグリップに滲んでツルツル状態のジャグリングに随分と苦戦していたようでしたが、諦めることなく最後までやり遂げました。

雨が降りがした直後や、強くなったり小雨になったりと状況変化が読めない時など、本当に大変ですが、元々、大道芸とか、ストリートなどで環境に順応するような活動をしてきているパフォーマーには、毎年数回はこのような状況に遭遇することはあるので、対応策や装備はそれなりに持っていたためショーを中止することなくでき、本当に良かった!!

傘をさしながらも大勢のお客さんにお集まりいただき、誠にありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする