2017.12.30 デンパーク ウインターフェスティバル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年のラストパフォーマンスはウインターフェスティバル開催中のデンパークで。

デイライトのパフォーマンスでは青空で好天だったのですが、強めの風のおかげで寒くて震えながらのショー。本当に良くお客さんもお付合いくださったと思います。

風が強くなるとディアボロのルーティンでたまにストリングスやスティックが風に持って行かれてストリングスがアクセルに絡みつくというハプニングに遭遇することがありましたが、3ベアリングタイプのディアボロプロに乗り換えてからストリングスぐちゃぐちゃ系のトラブルからすっかり解放され、リリース系の技もノビノビと繰り出せております。

ディアボロはトス系の技を除けばとても順調です。しかし、相変わらず風は強く、2回目のショーでもスピニング名物の噴射も写真をご覧の通り。手動でコントロールできるので、強風の時は噴射をやめたり、少量に変更することも直前で調整できるように設計してあるので安全で安心です。

こうしたハラハラドキドキシーンは「安全確保」の上に成り立つものであり、一か八かのチェレンジではないのです。

2回目のショーのエンディングにおいても風が気になる状況でした。

むしろナイトパフォーマンスの時の方が風が止んでくれていたおかげで寒さをの感じ方も少し和らいでいたように思えました。

ディアボロのトス系の技もラストのナイトパフォーマンスの時だけできました。クリスタルクリアに高照度LEDのユニットを装着すると遠くから見ていてもトスをすると夜空にクッキリとディアボロのシルエットが浮かび上がりとても綺麗でありました。

こうして2017年仕事納めとなるラストパフォーマンスは終了。とても寒い夜でありましたが、沢山のお客様と一緒にHOTな盛り上がりで楽しくショーができました。

スピニングマスターズを応援してくださったすべての皆様へ、ありがとうございました!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする