犬山城下町 大道芸まつりレポート2018.12.23-24

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第4回 犬山城下町 大道芸まつりは二日間の連続開催でした。

2018年最後の 犬山城下町大道芸まつりには大勢のお客さんにご来場いただきました。

23日は小雨が降ったり止んだりの不安定な空模様でしたが、雨雲レーダーのフル活用と、パフォーマーの強運だけで(笑)パフォーマンス中にほとんど降られることもなく無事に開催できました。

今年の9月から開始した大道芸まつり。その初回のメンバーでの出演で、和気藹々とした雰囲気の中で早朝の準備段階からやる気満々でした。

二日間の開催をダイジェストでレポート!

独楽太郎さんの名シーンが伝わるショットから数枚の写真。

また2019年にも出演していただける機会もあるかと思いますので、笑いと、磨き込まれた伝統的な芸を是非生で観ていただきたいパフォーマーです。この犬山城下町という場所にピッタリのパフォーマンスでした。

2回目のショータイム中に小雨がパラパラと…技術的に厳しい環境下でも最後まで見せてくれる芸人魂に感動。実行委員でもあるスピニングマスターズも毎回この先輩から学ぶことが多いのです。

しっかり安定した間違いのない技術の上に成り立つ、ほのぼのとした笑いと芸風。このレポートの筆者も大好きなパフォーマーです。

そして第一回の開催から皆勤賞パフォーマーのフォーク曲げアーティストRyoさん。

二日間連続でご出演いただきました。
無限の向上心を持つ努力家で毎回細かな部分まで調整し、自分の独創的な世界観を広げております。この犬山城下町 大道芸まつりだけではなく、いろんな意味で伸びしろも多く、将来が楽しみな若手パフォーマーではないでしょうか。オリジナリティーを大切に多くのお客様に楽しんでいただけるパフォーマンスを作り上げていってほしいと思っております。

いつもスタイリッシュな井出達でショーに挑んでおりますが、この日もサンクローススタイルでお客さんを楽しませていました。

彼はこの現場で生き生きとして頑張っているので、フォーク曲げアーティストRyoさんにも2019年は注目してほしい、特にこの犬山城下町 大道芸まつりではいろんな形でのチャレンジも自由。もしかしたら彼らしからぬアイテムを使った演目もあるかもね。(笑)

スピニングマスターズのパフォーマンス。

一日目は曇り空。LEDを多用したショーは晴天ではない時の方が本領発揮。

そして二日目は雨の心配の代わりに、風の心配。特にファイヤートーチは火の靡く方向とか、トーチ自体が流されるほどだとショーの進行が厳しい時があります。

出店ブースのテントも危ういほど、時々やってくる突風がありましたが、ディアボロとファイヤージャグリングはタイミングをずらしてでも安全重視で最後まで披露させていただけました。

この犬山城下町での大道芸はお客さんがやさしいというか、いつもにこやかで楽しくショーができます。一期一会でも、一瞬のふれあいでも、ここに大道芸の良さと城下町の人情があります。

クリスマスイブ。3連休の最終日なのでご自宅で過ごされた方も多かったというテレビニュース。確かに現場に居ていつもより少し人通りも少なく感じたのは事実ですが、いざショーをスタートすれば目の前には大勢のお客さんが。

そして楽しんでいる様子こそがパフォーマーのモチベーションにもつながっております。

無事2日間の大道芸パフォーマンスのプログラムを終了。

24日はディアボロ体験ひろばも実施。

大道芸パフォーマンスだけでなく、ファンの皆様と少しでも交流をしたいと思いプログラムに組み入れてみました。

だれ?このイエローディアボロを操るひと・・・おやっ???

ディアボロ先輩の技を見せてもらう時にはきちんと正座をして見せていただきます!!(笑)

オンラインウェブショップ OK!ストアの店長のブログではディアボロのLEVEL認定を実施。

LEVEL7までを達成した方がお二人。見事ディアボロをGETしていただきました!!おめでとうございます!!

その達成者のひとり、トモヒロパパの古くからのマブダチのりく君と久しぶりにGO! GO! 60秒トライアルでディアボロのジャンプ回数を勝負してみました。

これは実に無謀な挑戦でありました。彼が小さなころは勝負にもなっていたんですが、今では…。(笑)  ボロ負け状態でしたが、こんな負け方ならいつでも大歓迎!!ディアボロのLEVELだけではなく、成長をずっと見てきたので嬉しかった戦いでした。しかも上の写真では彼の頭の上から後光までさしております!!

他にもディアボロの上手な少年、キッズも参加してくれて楽しいひと時を過ごせました。来年の春からも、日が長くなればパフォーマンス終了後の時間も使いやすく、また実施できそうなチャンスがあればディアボロ交流会を開きたいと考えております。

2日間の開催中にとても多くのファンの方、大道芸好きの皆様、ディアボロファンの皆様にご来場いただき感謝しております。多く方から差し入れを頂いたり、この場所でいつも暖かいフードを提供している出店ブース、キッチンカーの皆さんからもいろいろ差し入れを頂戴いたしました。
急激に寒くなりだした今週。人の気持ちの暖かさというものがグッと身に染みわたる気がします。本当にありがとうございました。

会場レイアウトやパフォーマンスエリアの確保などいろんな改良点は今年の開催で気づくことができました。これを2019年の開催に役立てていけたらこの犬山城下町 大道芸まつりの大きな特徴でもある、ここでしか味わえないグルメとストリートエンターテイメントの2つを同時に楽しめる場所として、ご来場いただけるお客さんに快適な環境となるよう努力いたします。

また、お客さんのみならず、出店ブースのみなさん、出演をしていくパフォーマーにとってもより良いフィールド提供となればと思っております。是非応援してください。

来る2019年も3月より第四日曜(基本)の定期的な開催を頑張って運営していきますので、来場賜りますようよろしくお願い申し上げます。

運営スタッフ一同心からお待ちしております。それではまた来年、良い年をお迎えください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする