2020.01.03 犬山城下町 新春大道芸まつりレポート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ!今年も始まりました、犬山城下町 大道芸まつり。昨年も実施して大好評だった新春特別開催です。

昨年12月の開催時は急病によるハプニングでスピニングマスターズ一組の出演で雨予報だったこともあって、本腰を入れての開催とスピニングマスターズ出演は久しぶりのことでした。晴天ではありませんが、程よく晴れて比較的暖かい感じ。昨年の新春大道芸は風が強くて少しやりにくかったイメージもありましたが今回は天候的にはバッチリ!!

今回出演は初期メンバーとも言うべき、フォーク曲げアーティストRyoとスピニングマスターズOK!ヒロヤの2組。

キッチンカー&飲食ブースが8軒。バラエティー豊かで大道芸パフォーマンスをご覧いただきながら飲んだり食べたりできる、エンターテイメントとグルメのコラボ!そこが犬山城下町 大道芸まつりの良い所。

毎月、犬山城下町に来れば大道芸も見られる!というイメージも徐々に定着しつつあり、何度か足をお運びいただいているリピーターのお客さんも多くなってきました。また、それぞれお気に入りの大道芸パフォーマーを訪ねて来ていただけるファンの存在も本当にありがたいことであります。

少し早めの10時半からゆっくりとスタート。毎回必ずRyoくんと一緒の時には先行が良いか、後行が良いかのチョイスも本人に聞いてからタイムテーブルを決めるのですが、先行が大好きなRyoくんでした。

少しずつ、しかもやさしくお客さんに呼び掛けながらショーをスタートしていくRyoくん。

彼のショー中盤には早くもこの状態。様々な現場を通して経験も積み、この犬山城下町でも一番回数を多く実施して来ており、大道芸らしい空間作りも上手くなったと思います。

お正月休みで周辺民家に配慮してバッテリー駆動での実施。それはスピニングも同じで特に午前中はかなり控え気味の音量。代わりに城下町通りを往来するお客さんに中で何をしているのかライブ中継のように生声&生BGMで大道芸の様子をこのアンプとワイヤレスで流しました。

前回同様のシステムそのものですが、たかが単三電池6本でとてもクリアで大きな音が再生できるので本当に便利。しかも最初にテスト使用した名古屋城でのポップアップ活動から4回目の使用ですが、まだ一度も電池交換しておりません。ライフサイクルが長く、メンテフリーであることも助かります。※最近いろんな人から「あれは?なに?」と訊かれることが多かったのでもう一度掲載。これ↓

吉田拓郎さんもニッポン放送のラジオ番組での収録で愛用していたというミニギターアンプです。詳しい情報は前回の犬山城下町 大道芸まつりのレポートで。
>>第13回 犬山城下町 大道芸まつり2019.12.22

さて、11時半前には2コマ目、スピニングマスターズの1回目のショータイム。スピニングマスターズも今回はバッテリー駆動でショーを実施。テスト的という理由もあったのですが、ラジカセでやっているような音量でも集客をどこまでできるのか?今年3月からの会場レイアウト再検討にこういう結果を生かせるように。

こうなることは良くわかっていてやっていることなのですが、通常は6軒限定の飲食ブースが8軒並ぶと両サイドがパンパンになり、途中で何度か寄っていただくるようにお客さんの誘導はするのですが、最終的には配慮しても配慮しきれない状態に。一応飲食関係の実行委員は大道芸実施の実行委員とは別窓口なので、7件目、8件目の募集の際にはこの件を了承いただいた上でのこと。

特に大道芸では火器を使うダイナミックなショーを展開するパフォーマーも多く、また、犬山城下町ではファイヤーショーの大道芸パフォーマンスも見られる!ということも将来に向けてお客さんの中に情報として定着してほしいという願いもあり、そういうことで安全面は絶対条件。パフォーマーとギャラリーとのクリアランスを考えて確実なセーフティーゾーンを確保しなければなりません。

その条件をすべてクリアすると大道芸のパフォーマンスエリアの設定はこの状態しかないのです。今回は飲食関係と大道芸関係とで綿密な打ち合わせ、すり合わせを行ってから会場レイアウトを決定しました。

飲食ブース&キッチンカーの売上には重要なテーブルやイスも多く出しました。(テーブル23個、椅子138席)このレイアウトで飲食と大道芸、双方が少しずつ我慢をして少しずつ意見を通してバランスの良い基本レイアウトとなり、2020年も安定した開催ができるようになっていくと思われます。

さて、肝心の大道芸パフォーマンスのレポートを続けます。

フォーク曲げアーティストRyoくんの2回目のショータイム。

この時のショーを見ていたトモヒロパパ的には集客力は見事というほかありませんが、彼らしい本来の持ち味が以前より薄くなり、突如と現れる二重人格のようなキャラが少し気になりましたが、エンディングまでお客さんを飽きさせない工夫もあり、1回目のショーよりも所要時間もグッと短く、とても良くまとまったショーだったと感じました。

スピニングマスターズの2回目。

気になっていた排水溝のフタ。飲食の実行委員長直々に段ボールを貼っておいてくれました。なんと親切な!!

おかげでダイス芸も心配なくできます。午後2時頃のショットです。ランチタイムを過ぎても全く途絶えることの無いご来場客。大道芸パフォーマンスも楽しんでもらえている感じが手に取るようにわかりました。

バッテリーのトラブルで音響に少々問題がありましたが、ショーの進行はOK!ヒロヤのキャラが炸裂し盛り上がっておりました。

この日はハイペースで入れ替わり、それぞれのセッティング完了後にそのままスタートという、あまりインターバルを空けずにショーができました。本来なら30分くらいは空けたいところなのですが、いろんな方面からのリクエストもあって20分インターバルで。これは大急ぎで入れ替わり作業をするので結構大変でした。

3回目の登場!!フォーク曲げアーティストRyo!!

3時をちょっと過ぎたころのショットです。この日、一番の集客人数でした。ただ、彼はしゃがんで低い姿勢でショーをしている時間が長く、全体の70%はこの状態。写真を撮るにも台の上からでもこのような状態にしか見えず、筆者には少々勿体無いとも感じます。しかしながら、そこは、彼には彼の考えや理由があるのでしょう。これはお客さんからの見え方であり、ショーの構成や進行には何の問題もありません。素晴らしいパフォーマンスで見事なショーでした。

バックヤード側から筆者が撮影したショット。フォーク曲げアーティストRyoくんらしい一枚が撮れました。

そしてスピニングマスターズの3回目のショー。どうするか?雨雲レーダーではちょっと怪しい雰囲気。雨予報もあります。会場内のお客さんも次第に少なくなり始める4時頃。

新春大道芸6コマ目。OK!ヒロヤが意を決してスタート。

お客さんは少な目でしたが、スピニングマスターズが感じる「お客さんからの返り」は一番良く、関係づくりやお客さんとの掛け合いが上手く歯車が合っていたショーだったと思います。

スピニングマスターズのレポート内でも良くこんな書き方をするのですが、写真からでは本当の会場の空気感はわからないものです。

ここから更にもうひと踏ん張りして頑張るOK!ヒロヤ。少しネタも入れ替えてのショーも反応良く、更に集客にも役立った感じもありました。

ファイヤーショーの直前にグッとお客さんの密度もあがり、スピニングマスターズの3回目となるエンディングです。あと30分もすると陽が落ちるという時間帯でも多くのお客さんにご覧いただけました。

この日は4時45分まで大道芸ショーを実施しており、スピニングマスターズのショーが終わってからもお客さんの滞留効果があり5時ギリギリまで犬山城下町 大道芸まつりの会場は賑わっておりました。やはりこうした相乗効果は重要です。

トモヒロパパのお友達も応援に来てくれました!!元気そうで何より!!

晴着をお召しになったお客さんや三世代で一緒に新年をお過ごしになられているご家族など、お正月らしく犬山城下町 新春大道芸まつりを実施でき、出演者も楽しい一日を過ごさせていただきました。

記念写真、いつでもOK!!!

6回の大道芸ショー全て無事終了!!当たり前のことではありますが、怪我も事故もなく無事に完了できました。

1月と2月はお休みいたします。3月より第四日曜日と前日の土曜日と2日間連続で開催の予定でおります。

やっと1年半、そして14回目の開催となりました。飲食スペースと大道芸ギャラリースペースとの一番良いバランスでの両立や、開催場所特有の立地条件を生かせる犬山城下町 大道芸まつりを目指します。

私たち大道芸パフォーマーには飲食店のプロの皆さんの考え方や、ましてや何軒も集まるとどうしたいのかという意見を統一させるのは難しいものです。逆に飲食関係のスタッフの皆さんにはプロの大道芸パフォーマーがどうやって空間を作り上げるのかという点については中々理解しがたいものだということもわかっております。

だからこそ、譲るべきところは譲り、協議をして取り決めが必要となるのです。

2020年もバラエティー豊かな大道芸パフォーマンスがより多くのご覧いただけるよう、更にキッチンカー&飲食ブースの出店希望が多いということとが一番の理由で、今人気スポットの犬山城下町で毎月大道芸が見られる名所となるよう継続をしていく所存です。

2020年もどうか犬山城下町 大道芸まつりをよろしくお願い申し上げます。

以上!新春大道芸まつりのレポートでした。

飲食ブース、キッチンカー出店のお問い合わせは飲食の実行委員長にこちらから連絡ができますのでOK!ヒロヤにお申し付けください。

また、大道芸パフォーマンス出演に関するお問い合わせは、ダイレクトに大道芸実施実行委員長であるOK!ヒロヤまで。※FB、tw、LINE、メール何でも結構です。

レポート   スピニングマスターズ音響オペレーター&エンジニア トモヒロパパ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする