ディアボロ認定LEVEL_4

OK!店長のディアボロ認定レベル3のトリックまで、すべての技をクリアしてチャレンジ権があるマッシブレベルの技、LEVEL 4があります。

この5つの技にチャレンジできる条件はたった2つだけ!

・レベル3までの技を完璧にクリアすること。

・OK!ストアで販売中のディアボロでチャレンジしてくれること。
※ラインナップの中でどのモデルを使っていただいてもOK!また、OK!ストアのラインナップの中なら、技ごとに固定軸、ベアリング軸のモデルに切り替えて使ってもOK!

 

2017年OK!ストアオープン&ラインナップ追加記念企画

2017年9月にオープンし11月にはラインナップを追加したOK!ストア。これを記念しまして、ディアボロ認定での特別企画がスタート!

レベル4に設定されたすべての技をクリアされた方に達成記念プレゼント!!
これは珍しい!ワンサイド空竹(コンジュー)のダントゥーリンタイプ、または旧中国独楽スタイルの空竹のどちらか1つをその場でプレゼントいたします。ただし、両タイプそれぞれ10個ずつ限定、合計20名様となりますので、期間内であっても数が無くなり次第終了させていただきます。

※上記レベル4チャレンジ条件を満たしており、レベル4の技をすべてクリアされた方。
※プレゼント企画は2018年3月末までの限定企画です。また、予定数に達した時点で終了させていただきます。


レベル4
・ダブル グラインド(3回ずつ)

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 ダブル グラインド動画(再生59秒)  ↑

LEVEL 3でチャレンジした「スティック グラインド」の発展形で応用技です。今回は、ディアボロをスティックに乗せている時間では無く、右手、左手のスティックを行き来させます。左右のスティックの上にそれぞれ3回ずつ乗せ換えます。

1)ディアボロへ高速回転を付けて準備が出来たら、スティック グラインドと同様、ディアボロを右手のスティックへ近づけて、右のスティック上へ乗せます。この時に、左のスティックは右スティックと同じ方向を向いたまま真横で待機させます。

2)次に、右のスティックへ乗せているディアボロを、左のスティックへと移動させます。左で待機しているスティックの方へ向けてジャンプ。この時、強く高くジャンプさせるのでは無く、最小限の距離と高さで左スティックへと移動させてあげると、成功率がグッと高くなります。

3)続いて、上記と同じ要領で左のスティックへと移ってきたディアボロを、元の右スティックへジャンプ。更に左スティックへ・・・

4)合計、各手3回づつ乗せる事が出来て、アイドリング状態へと戻せたら成功です。コツとしては、反対の手へジャンプさせて移す時に、いかにソフトにジャンプさせてあげれるか。ディアボロをジャンプさせる時も、飛んできたディアボロを受け取る時も、ディアボロ本体に対してスティックが斜めになったりしないよう、真っすぐ向いたまま動かしてあげると良いと思います。

 


レベル4
・スティック リリース(3回)

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 スティック リリース動画(再生1分13秒)  ↑

ダイナミックで、決まるとカッコイイ技です。利き手にもっているハンドスティックを投げて、元の手へブーメランのように返ってくるトリックで、グリップをキャッチでれば成功!

1)まずは、自分の目の前でディアボロを左右へ振って振り子のように動かします。この時、放す方のスティックをディアボロに向けて真っ直ぐに持って準備。

2)振り子の状態で揺れているディアボロが、放すスティックと反対方向へと振られて、構えている手の高さよりも高くディアボロが振られたタイミングで、真っすぐ持っているスティックを放します。

3)放したスティックがディアボロの動きに釣られて、放していない方のスティックの周りを一周して、元の手へと近づいて戻ってきたらキャッチ。

4)コツは、ディアボロが振り子で高く上がったタイミングで、片方のスティックを放しますが、放したスティックに勢いが足らず一周し切らなさそうでしたら、放していない方のスティックを手前へと半円を描くように引っ張ってあげる事で、放したスティックが一周して飛んでくる動きの補助をしてやる事ができます。

5)連続で3回キャッチできたら成功ですが、1回ずつ動きを止めてもOKです。途中で失敗する事なく3回キャッチできれば成功です。

 


レベル4
・タイガーズ クレイドル

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 タイガーズ クレイドル動画(再生1分57秒)  ↑

キャッツ クレイドルでは、糸で1つのクロスを作りその上にディアボロを乗せましたが、タイガーズ クレイドルでは糸で2つのクロスを作ります。上の段と下の段、そしてもう一度上の段の戻して、アイドリング状態にできたら完成!

1)キャッツ クレイドルが猫の耳なら、タイガーズ クレイドルは虎の耳。一筋縄では成功出来ません。あやとりのようにストリングスを編み、上下に出来たバッテンへディアボロを行き来させる技。ディアボロへ高速回転を付けます。これぐらいのトリックとなってくると、スピードループで付く回転力が望ましいでしょう。

2)キャッツ クレイドルの編み方に一見よく似ておりますが、タイガーズ クレイドルは始めに左右のスティックを交換しません。ディアボロへと十分な回転が付きましたら、右のスティックを左へと倒して水平にします。

3)左スティックを前から後ろへ、左に倒した右スティックの上を通るように動かしてあげると、右スティックのストリングスで三角形が出来ます。その三角形へ左スティックを入れてやり、左右へスティックを引っ張ってあげると一つ目のバッテンが出来上がります。ここまでは、キャッツ クレイドルで作るバッテンとほぼ同じです。

4)更に、上記で行った一つ目のバッテンが出来ましたら、そのまま形をキープしつつ、右スティックを持っている右手の中指、薬指、小指の3本だけを使い、左スティックの下からディアボロへと伸びているストリングスを掴みます。

5)同じ要領で、今度は左スティックを持っている左手の中指、薬指、小指の3本だけを使い、反対の右スティック下からディアボロへと伸びているストリングスを掴みます。

6)これで左右のスティックが真っすぐ垂直になるように引っ張ってあげると、ディアボロの真上に2つのバッテンが編めていると思います。

7)バッテンが2つ出来ている形をキープしつつ、ストリングス全体を左右のスティックごと手前へ倒すと、ディアボロの真上に空間が出来ますので、左右のスティックを広げ切った勢いでディアボロを一気にジャンプさせて、一番上のバッテンへと乗せます。

8)更にディアボロをジャンプさせて、真ん中に出来ている2つ目のバッテンへと移動させますが、1つ目のバッテンからジャンプし、2つ目のバッテンでキャッチする瞬間も、ストリングス全体を左右のスティックごと手前へ倒してやる事で、キャッチがしやすくなります。

9)最後に、2つ目のバッテンからディアボロをジャンプさせて、1つ目のバッテンまで戻って来て、左右の3本指で掴んでいたストリングスを放すと2つ目のバッテンが解除されます。後は、キャッツクレイドルと同じ要領で、バッテンに乗っているディアボロの方へ向けて左右のスティックを真ん中へと倒していくと自然にストリングスが外れて、元のアイドリング状態へ戻り、ディアボロに回転が残っておれば成功です。

 


レベル4
・アラウンド・ボーズ・レッグス(3回)

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 アラウンド・ボーズ・レッグス動画(再生2分1秒)  ↑

足回し系の技です。最初は左足周りだけを回しておいて、後ろも通しながら右足も回します。3回できれば合格!

1)足回しを両方の足で行うトリック。8の字を描くようにディアボロが動くので、難しいように見えますが、コツを掴めば何回でも連続可能です。まずは、左足のつま先を地面に着けた状態で足回しが出来るように練習してください。足を浮かしたままではトリックへ挑戦する事も出来ません。まずは、左足を地面へ付けたままアラウンド・ザ・レッグが続けれるようになりましょう。

2)左の足回しが続くようになりましたら、いよいよ両足回し、アラウンド・ボーズ・レッグスにトライです。左足でアラウンド・ザ・レッグをします。左足の上を左スティックから右スティックへとディアボロがジャンプしており、右スティックでキャッチした瞬間に、ディアボロを飛ばしていた左スティックを、腰の後ろへと回して左足の下をディアボロが通過し、左スティックに近づいてきたタイミングで右スティックを軽く引っ張ると左スティックからディアボロがジャンプし、右腕の脇を通って飛んでくるので右スティックでキャッチ。

3)次に、上記でキャッチしたディアボロを左足へと軽く押し込みつつ、腰へ回していた左スティックを元通りにして、通常の左足回しをします。ここまでで、各足1回ずつできた事になりますので、後はディアボロの動きが止まらないように、左右の足3回ずつ回せてアイドリング状態に戻せたら成功です。

4)コツは、ディアボロが左右の足の周りをどう動くのか、しっかりとイメージトレーニングすることがポイントです。特に右足を回す時は、左スティックが後ろから腰へと移動しているので、体制的に辛いかもしれませんが、しっかりと真っすぐ腰から左スティックを出してあげる事で、スムーズに右足回しが出来ます。

 


レベル4
・ショルダーアームズ(OK!ver)
※バウンス3回+リバース1回+腕回し1回

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 ショルダーアームズ動画(再生2分17秒)  ↑

腕回し系の中でも難易度が高いOK!店長のオリジナル技の一つ。腕回しの体制を作り、ディアボロを糸に乗せ換えてから逆回し。そして最後はアラウンドジアームで戻したらクリア!ちょっと複雑な技ですが是非チャレンジしてみてくださいね!

OK!店長オリジナルで考案した、LEVEL4最後の技にして、最難関のトリック。これが出来たらLEVEL4オールクリアです。

腕回しの変化形トリックですが、どんな技?と、文面で書くにはあまりに複雑な技。どんな技なのかは動画を参考にしていただけると助かります。ココには、技が出来るまでの説明だけを載せておきます。

1)まずは、腕回しをする姿勢を作ります。両手のスティックを少し広げたら、コマの真上に肘を出すように構える事で、右スティックの先端から右腕へと垂直にストリングスが伸びてきており、腕回しが出来る姿勢が完成します。

2)ココから、左スティックの近くでディアボロを待機させて、右スティックをディアボロの隣に来るまで倒します。この時ストリングスの長さが崩れないように、右肘から左スティックと右スティックへと、それぞれ伸びているストリングスの長さがほぼ一緒になるように構えます。

3)左スティックの近くで待機させていたディアボロを、左スティックを引っ張る事によりジャンプさせ、右スティックから伸びているストリングスの上でキャッチ。これでバウンスという技が1回出来ました。

4)同じ要領で、今度は右スティックを引っ張ってディアボロをジャンプさせ、元あった位置の左スティック付近でキャッチ。これでバウンスが2回出来ました。更にもう一度、先程と同じ様に左から右へとジャンプさせて、バウンス3回目が出来ました。

5)ココまで技を進めると、右スティックから伸びているストリングスの上でディアボロをキャッチしている状態で止まっていると思います。今度は、ココからディアボロをジャンプさせる前に、左スティックを頭の方へと上げておきます。この姿勢のままディアボロを右スティックからジャンプさせて、空中にあるディアボロを、頭の方へ上げていた左スティックのストリングスの裏でディアボロの上から素早くキャッチ、その勢いを止めないままディアボロが右腕の後ろ、上へと回っていき、右スティックの近くまで戻ってくると、先程バウンスで右スティック側でキャッチした状態と同じ状態になります。

6)更にもう一度、右スティックを引っ張りディアボロをジャンプさせたら、今度はジャンプさせた右スティックでディアボロの上からストリングスの裏側で覆いかぶさるようにキャッチ。ココは動画をよくご覧いただいて、右スティックから伸びているストリングスのどこらへんでキャッチしているか確認してみてください。

7)ディアボロの上から覆いかぶさるようにキャッチした右スティックを、始めに構えた腕回しをする姿勢に戻るように振り上げると、ディアボロが通ってきた右腕の上、後ろを通過して左スティックの先端まで戻っていきますので、その勢いのままアラウンド ジ アームを1回します。

8)最後の腕回し一回まで出来て、ディアボロの回転が続いていれば成功です。ハッキリ言って、腕回し系統のトリックの中では難しいレベルの技となります。手順をしっかり覚えて、ディアボロの回転が途中で止まらないように加速させて、始めて成功できる技です。

 


LEVEL 1から LEVEL 4まで徐々に難易度も上がってきましたね。根気よく練習して、その過程も楽しみながトライしてみてくださいね!

OK!店長のディアボロ認定はいつでも無料です。どんどんチャレンジしてください。イベント出演時のショータイムが決まっている時など、認定がご希望に沿えないこともありますが、できるだけちょっとした時間を見つけてはOK!店長が認定させていただきます。

また、この技のこの部分が難しい!という時などはお気軽にお声掛けください。その場でレクチャーもいたします!!

それでは皆様のチャレンジをお待ちしております!!