ディアボロ認定LEVEL_6

OK!店長のディアボロ認定レベル6のトリック解説です。

 


レベル 6
・バックハンド フライフィッシング

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 バックハンド フライフィッシング 動画 (再生 1分15秒) ↑

1)通常のフライフィッシングとは違い、自分の肩より後ろ側でキャッチする技です。まずは強く回転をつけて準備します。

2)右手に両方のスティックを持ち、先端同士が広がるように構えて片方のストリングスを左手の指で引っ掛け、ディアボロをジャンプさせたら束ねたストリングスの上でキャッチします。これと同時に、体とディアボロとを左側へと向きを変えておきます。

3)ここまでは、通常のフライフィッシングと同じです。次に、ストリングスの上にあるディアボロを右肩を越えるように背中側へジャンプさせます。

4)背中の方へ落ちていくディアボロを目で追いながら確認し、落ち切る前にディアボロを追いかけるようにして、肩の上から両方のスティックを振りかざしディアボロへとストリングスを引っ掛けてキャッチします。

5)最後に、キャッチしたディアボロを真上へ振り上げるようにスウィングさせて正面へ戻ってきて成功です。

 


レベル 6
・スティックリリース バリエーション

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 スティックリリース バリエーション動画 (再生 1分50秒) ↑

1)LEVEL4で登場したスティックリリースの応用技です。左側でノーマルのスティックリリース一回、連続で右側でもミニスティックリリースを2回行います。まずは、ディアボロへ強く回転を付けます。ノーマルのスティックリリースを始めに行うので、ディアボロを振り子の状態にし、左側へ上がった時に肩の高さぐらいまでディアボロが移動したタイミングで、右スティックを放ち、ノーマルのスティックリリースを一回行います。

2)リリースされて飛んで来たスティックをキャッチしたら、スティックリリースで一回転してきたディアボロを左から右へと振り子のように動かします。

3)ディアボロが右肩近くまで移動するまでに、右スティックをリリースする準備として、左から移動してきたディアボロの上から右スティックをなせれるようにディアボロへと近づけておきます。

4)ディアボロが右肩に近づいた(右斜め上方向へ移動した)ら、ディアボロの上から内側を通って右側へ移動していくように右スティックを放ちます。この時、一回転する右スティックのコースが外側のコマを通るように注意してください。更に、ノーマルのスティックリリースよりも素早く右スティックが動いてくるので、ディアボロの周りを一回転した右スティックをキャッチします。

5)ストリングスが一周巻き付けた状態にあるディアボロを、左スティックの近くへとゆっくり移動させたら、左スティックを反時計回りに動かしてストリングスを解き、その流れで再び右肩へ近づくように振り子でディアボロを動かしていきます。

6)ここまで一連の動作で、右スティックをリリースしてキャッチした手とスティックの形は維持したままディアボロを動かせると、2回目の右スティックリリースがやり易いです。右肩近くまでディアボロが再び近づいてきたら、先程と同じ要領でもう一度右スティックリリースを行い、キャッチできれば成功です。

 


レベル 6
・ダブルグラインド プラス フィンガー

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 ダブルグラインド プラス フィンガー動画 (再生 1分12秒) ↑

1)LEVEL4で登場したダブルグラインドに、更にフィンガーグラインドをプラスした複合技です。回転軸(ベアリング)装備タイプのディアボロで挑戦する事により、成功率が飛躍的に上がります。ダブルグラインドからスタートしますので、ディアボロに高速回転を付けてください。

2)まずは、右スティックでスティックグラインドをします。できる限りスティック上に乗せたディアボロが暴れないようにして、回転を保ちます。

3)続いて、左スティックへとディアボロを移動させて、スティックグラインドをします。この時も、最小限のジャンプで移動させてディアボロの回転スピードが出来るだけ落ちないようにしましょう。

4)ここから、左スティックでグラインドさせているディアボロをジャンプさせて、今度は右手の人差し指の上でキャッチしてグラインドさせます。左スティックから右手人差し指へとジャンプさせたタイミングと同時に、右手で持っていたスティックは左手へ渡して、左手には2本のスティック両方を持っている状態にして、右手人差し指でキャッチしましょう。

5)数秒フィンガーグラインドをした後、左手で2本まとめて持っていたスティックの先端同士を広げておき(フライフィッシングの時のようなV字型)、そこへフィンガーグラインドさせていたディアボロを滑り落とすように投げ、ストリングでスキャッチできれば成功です。

 


レベル 6
・アンブレラ & ワンハンド アンブレラ

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 アンブレラ ワンハンド アンブレラ 動画 (再生 2分) ↑

1)ディアボロの動き全体が傘のシルエットになり、スティックやストリングスのテンションをかける力加減と、ディアボロを動かしていくテンポが見た目以上に難しいトリックです。ディアボロへ高速回転を付けたら、振り子のように動かします。

2)左右どちらからでも良いのですが、ここでは左側へディアボロを勢い良く振り上げ、左スティックの外側から持ち上げるように動かし、自分の顔の前辺りを通過して右方向へと移動させます。この時、両方のスティックの先端は上を向くように立てておくと、この後テンションをかけていく動きが楽になります。

3)ディアボロが顔の前辺りを通過して右へと動いたら、両方のスティックは体の前で構えておき、ディアボロが右肩の高さまで落ちてきたら、素早く一瞬で両方のスティックを同時に左側へ引っ張り、ストリングスにテンションをかけてディアボロが同じ軌道を描きながら、再び顔の前を通過し左肩の高さまで移動させます。

4)ここまでで、アンブレラ1往復が完成です。動きやタイミングが難しい技の為、右から左へと引っ張る動き、左から右へと引っ張る動き、それぞれに分けて練習しておき、まずは1往復が綺麗に動いて傘のようなシルエットが出来上がるか何度も練習してみてください。

5)連続で形が大きく崩れる事無く3往復できたら成功です。アンブレラとワンハンドアンブレラをマスターしてください。

 


レベル 6
・リキャプチャー

↓ mp4動画で技の紹介 ↓

技の説明 リキャプチャー動画 (再生 2分) ↑

1)左右のスティックでディアボロを上からキャッチする技で、この他にある様々な応用トリック習得の為には必要不可欠なトリックです。左右どちらからスタートしても良いですが、ここでは左スティックから始めます。ディアボロを左スティックの近くまで移動させておきます。

2)ディアボロを左スティックの近くで小さくジャンプさせて、左スティック先端付近のストリングスでディアボロの上からキャッチ。ディアボロの動きが止まる前に、交差している両方のスティックを広げてストリングスを張り、右方向へディアボロをジャンプさせます。

3)自分の右側までディアボロが飛んできたら、広げていた左右のスティックの右スティックでディアボロを覆いかぶせるように上からストリングスでキャッチします。この時、始めに左スティックでキャッチした時と同様、右スティックの先端付近のストリングスでキャッチできると、連続しやすくなります。

4)更に、ディアボロの動きが止まる前に交差している左右のスティックを広げてストリングスを張り、今度はディアボロを左方向へ飛ばします。

5)自分の左側までディアボロが飛んで来たら②と同様の方法でキャッチ。ここからは②~④を繰り返していきます。連続で左右合計6回(左3回、右3回)リキャプチャーでキャッチし、最後は元のアイドリングへ戻せたら成功です。

 


 

>>>LEVEL 7へ