ストリングス(糸)と相性

 

皆様、MerryXmasー!!!
は、いかがお過ごしでしたでしょうか?
クリスマスプレゼントに、OKストアでディアボロをご購入いただきました皆様も、ありがとうございます!
在庫状況に変動があり、只今更に入荷待ち状態のディアボロもあります。
まだまだ、在庫が残っているディアボロもございますので、ご覧になってください。

お外は寒いですが、OK店長ガンバって屋外でもディアボロ回しております。
イブの日は強雨の中、LEDを搭載したディアボロプロ&ディアボロサンダーを使用。
雨の中・・・いつもの技は出来ないかと思っておりましたが、最近ストリングスも新調した事だし、思い切って今まで通りのルーティンやってみよう!と。
実はOK店長、色々とインプレッションを書かせていただいてはいるものの、ディアボロプロとディアボロサンダーを、雨の中使用するのは初めてでした。

アクセル、スリットの幅に変化がある固定軸と、ベアリング搭載モデルのディアボロ、果たして雨の中で回してみた結果は?

ええ、メッチャ回ってくれました(笑)
全く!と言ってはオーバーかもしれませんが、殆ど雨や湿気の影響も無くコントロールできました。
やっぱりOK店長の腕前は確かだなっ!なんて、高性能なディアボロのおかげだと思っております(笑)
特にディアボロプロ、雨なんて敵ではありません。てっきりベアリングが搭載されていると雨で上手く回転維持してくれないかな?なんて、疑っていた僕は店長失格です(笑)
湿気だろうが雨だろうが、普段と同じ使用感で回せれました!
更に愛着がわきましたよ!

さて、現在OKストアで販売中のディアボロに付属してきますストリングスは、ホワリン社の物になります。
耐久性や使い易さは、他の色々なストリングスと比較した場合に、アベレージってところでしょうか。
長持ちする訳でもないけど劣化が早い訳でもないし、糸の材質的にも軸への引っ掛かりが強い訳でもなく緩い訳でもなく。
至って平均的な性能のストリングスです。
これからディアボロを始めてみようって方にも最適かと思います。

※上図のホワリンカラーストリングスは、サンプルカラーでして、ご購入いただいております際に付属しておりますカラーとは、別カラーとなっております。
性能は全く同じです。

OK店長はスピニングマスターズ OKヒロヤとして、お客様の前でショーをご披露しております。
普段の練習では、どのストリングスが良いか?現在では7種類の中から模索して、分けて使用しております。

もちろん、ホワリンのストリングスを使用しても良いのですが、かなりの練習量とお客様の前で披露する回数が多い為、OK店長的には耐久性が足りないという理由と雨や湿気の強い環境でも演技をする事から、現在は「ラッドファクターストリングス 1.3mm」と「フェイリンストリングス 1.3mm」を愛用しております。

どのストリグスも素晴らしい性能ですので、ここからは使うプレイヤーの好みの話となってしますが、現在OK店長のプレイスタイル的には、細目の糸が使い易く感じます。
平均的には1.5mmもしくは少し太めの1.6mmが主流のようですが、上記のような湿気が多かったり雨の中という環境の中でも演技を求められるパフォーマーにとって、細目のストリングスがオールマイティに活躍してくれます。

少し太めの方が加速力を付けるのに適してはいるのですが、ちょっとした空気中の水分量の変化でディアボロへと巻き付いてきてしまうケースが多くなってしまいます。
僕も前までは、耐久性の強いSUNDIA社製の1.5mmストリングスを使用していましたが、悪天候のシーンもしくはアクセルスリットが細目のディアボロを使っていて強風の時など、やはり軸へ巻き付いてきてしまいミスへと繋がる事が多くありました。

細目のストリングスですと、太目と比べて加速を上げるのにやや劣る代わりに、一度加速を付けると回転が落ちにくくなるというメリットもあります!
回転させたままトークしているOKヒロヤに最適な訳です(笑)

※ディアボロサンダー、ディアボロプロに1.5mmのストリングス

※ディアボロプロに1.3mmのストリングス

固定軸では特に、アクスルの幅が狭くなるほど加速させやすいですが、巻き付く可能性も高くなる為、ストリングスは細目がおススメ!
また、ベアリング搭載モデルは巻き付く心配が無い為、太目のストリングスでも回転を上げやすく、細目のストリングスでもコントロール性が良く、どちらでもOK!

是非、皆様も色々なストリングス(糸)で自分のプレイスタイルや挑戦中の技には何が適しているか?試しながら練習してみるのも、楽しいと思いますよ!!