サイズ&レベル

今回は、ディアボロの大きさ(サイズ)と技(レベル)との相性についてお話しますね。

よく、OK!店長の元へ
「〇〇歳ぐらいの男性だと、どの大きさのディアボロが良いですか?」
「女性でもディボロできますか?どの種類がおススメですか?」
と、お問い合わせいただく事があります。
ディアボロについて等、わからない事や質問などございましたら、気軽にOK!店長までお問合せメールフォームからメッセージくださいね。

 

ディアボロには様々な種類やサイズがあります。
もちろん!男女、年齢問わず、どなたでも楽しんでいただけるところが魅力でもあります!
まず、適正なサイズ!ってのは、実はありません。
殆どが、好みでチョイスいただいていますが、OK!店長の見解では、男女問わず小学校1,2年生までの方でしたら、どの種類でもSサイズをオススメしております。
と言うのも、ディアボロは大きくて重さが有れば有る程、回転が長続きしてくれますが、今度は反対に長い時間練習をしていると、腕の力が足りない方などには疲れやすいと言うデメリットもある為、まだ扱いに慣れていない小学校低学年ぐらいの方までは、軽くて小さなSサイズをオススメさせていただいております。
小学校の中学年以降の年齢の方でしたら、Mサイズもしくは将来的にも色々な技に対応してくれるLサイズでも良いでしょう!

その他、Sサイズのディアボロが全て初心者向け・・・と言う訳でもありません。
実は、ディアボロのSサイズやMサイズの大きさですと、トス系やアラウンド系の技、ディアボロを投げたり体の周りを回すトリックに向いております!
軽い分、投げた時に高く飛んでくれたり、また小さいカップであると、体の周りを通す技の時に、小回りが利いて扱いやすい等、利点も多いのです。

Mサイズのディアボロは、全ての種類に存在する大きさではありませんが、オンラインウェブショップ OK!STOREではディアボロプロ(ベアリング軸)とディアボロビギン(固定軸)の2シリーズで展開させていただいているサイズでして、オールマイティに活躍してくれるディアボロのサイズだと思います。
大きすぎず、小さすぎず、どんな技へも挑戦しやすくて扱いやすいMサイズは、大きさに迷った時にはコレをお選びください。

更に応用技や、腕の力に自信のある方など、簡単な技から難易度の高い技まで、ディアボロを長く楽しんでいただく方には、やはりLサイズが良いでしょう!
OK!店長も、皆さんの前でディアボロの演技をご披露させていただいている時には、全てLサイズでお届けしております。
ディアボロが動いている時の見栄えや、重さが適度にあるが故の回転持続力、共にLサイズがピカイチでございます!

そして、ディアボロには昔からその形態で人気のある「固定軸」と、近年新たな機能で色んな可能性を秘めた「ベアリング軸」と、大きく2種類の軸が存在しています。
オンラインウェブショップ OK!STOREにも、どちらのタイプも取り扱いがございますので、ラインナップを是非ご覧くださいませ。

固定軸と言うのは、ディアボロの中心にある軸がカップ本体と密着されていて、スティックとストリングスから直接力がディアボロ全体に伝わるタイプです。
この固定軸で出来ない技が殆どありません。ストリングを軸へ巻き付けて行うエレベーターなどの技にも向いております。

 

ベアリング軸・・・と聞くと、なんだか上級者向け?と思われがちですが、実は初心者から上級者の方まで幅広く色んな技へ挑戦しやすいタイプでもあります。
中心の軸の中にベアリング機構が搭載されていて、軸とカップ本体が独立されており、空転状態で加速した力で長時間の回転力を発揮してくれます。
つまり、これから技を覚えたいのだけど、すぐに回転が止まってしまって技に挑戦する時に焦ってしまう・・・なんて悩みも、ベアリング軸でしたら一発で解決です!

回転を上げる為の技が出来なくとも、基本的な技でしたら、一番始めに覚えるローリングスタートができれば、後はべリング軸が補助してくれて、じっくりと技への挑戦が可能になります。
ただ、べリング軸とカップ本体とが独立している機構上、固定軸では可能であったエレベーター等の軸へストリングを巻き付けて行う一部の技が出来ないデメリットもございます。

色々なタイプのディアボロがありますが、一つ一つに特徴があって、メリットもデメリットも共存しています。
その中から、自分にはコレが合う!ってディアボロと出会えた時の喜びは大きく、また愛着も直ぐに沸くと思います。
OK!店長は、大道芸パフォーマー・スピニングマスターズ・OK!ヒロヤとしても活動中です。

現在愛用しているモデルは「ディアボロプロ・Lサイズ」と「ディアボロサンダー」です。

ご披露する技との相性を考えて、ベアリング軸と固定軸と二刀流でございます。
皆様も、自分にベストチョイスのディアボロで楽しんでくださいね!

一覧を記載しておきます。

製品 直径 高さ 重さ
ディアボロ サンダー シリーズ 125 148 248
ディアボロプロ シリーズ L 130 145 261
ディアボロプロ シリーズ M 120 140 227
ディアボロプロ シリーズ S 105 130 200
ディアボロ ビギンシリーズ M 118 138 234
ディアボロ ビギンシリーズ S 100 108 185
ディアボロ スタンダードシリーズ L 130 145 257
ディアボロ スタンダードシリーズ S 105 125 198