おススメ輪っか!

今回は、ストリングス貫通タイプのスティックへディアボロストリングスを装備する際に、おススメの装着方法について書きます。

僕の場合は、只今絶賛愛用中のカーボンスティックプロに、フェイリンストリングスSUNDIAステージストリングスを装備しておりますので、カラーが見栄えのするSUNDIAステージストリングスのイエローを使って、実際に装備してみます!

ストリングス貫通タイプでは無いハンドスティックでは、先端のパーツへ直接ストリングスを通すので、もしもストリングスの端へストッパーの為に作ったコブが、万が一ストリングスを通した穴(ホール)へ入ってしまっても、取り出したり装備し直したりするのは容易なのですが、貫通タイプのハンドスティックへ装備する際に、ストッパーの為に作るコブが小さいと、ホールの中へと入ってしまった場合に、取り出すのがとても困難になってしまう為、今回はこの対処方法についてOK!店長流のやり方を書かせていただきます。

上の写真のように、左のハンドスティックにはOK!店長流の装備方法で輪っかを作ってあり、右のハンドスティックへはノーマルのコブを作った状態である事がわかりますでしょうか?
この輪っかを作るか?コブのままにするか?で、上記の問題解決への対処が変わってまいります。

簡単に申しますと、輪っかを作っておけば上のように、使っていく内に多少ストリングスがハンドスティックのホールへ入っていってしまっても、輪っかをつまんで引っ張り出してあげる事ができます。

OK!店長流の輪っかを作らずにコブのままで使用しておりますと、このコブが使用中のテンションにより、ハンドスティックのホールへ入っていってしまうと、ストリングスを取り換える事が出来なくなってしまったり、色々と不便になります。

では、ここから輪っかの作り方でおススメの方法を!
まずは、貫通タイプのハンドスティックへストリングスを通します。
この時に、エンドグリップ側へ出しておくストリングスを、輪っかが作り易くなるように長めに出しておきましょう。

ストリングスの先端の方から、お好みの長さでUの字になるように曲げます。
この後結んでいくのですが、結んだポイントでストッパーの役目となりますので、そこでストリングスを装備した時の前端の長さが決まってきます。
これを加味してUの字の大きさを決めてあげましょう。

今度は、Uの字を作った2本重なるストリングス両方で更に輪が出来るように巻きます。

一つ前の工程で出来た輪へ、Uの字の先端を通していきます。
後は、通したUの字の先端と根本を引っ張ってあげれば完成なのですが、2本重なるストリングスの片方が、輪から出てしまわないように注意してあげてください。

どうですか?
こんな感じで、輪っかと根本のストッパーと出来上がりましたか?
この時に、一気に強く結んであげるのではなく、軽く結んでおいて、ストリングス全体の長さが好み通りになっているかチェックしてあげる事で、少し短くしたり長くしたり微調整がしやすくなりますよ!

はい!こんな感じで、両端とも輪っかを作ってあげる事で、ストリングスがホールへと入ってしまっても、ちゃんと装備し直したりする事ができます!

OK!店長も、長い間ストリングス貫通タイプのハンドスティックを愛用しておりまして、色々な方法を試してみましたが、この輪っかを作る方法が一番おススメです!
もし、更に画期的な方法などございましたら、OK!店長に教えてくださいね!

皆様も、より快適なディアボロライフを!!