100の迫力ブルー

今回は、コンタクトジャグリングボール クリアーUVブルー100mmを使用した場合の見栄えと、ブラックライトシステムを装備したUVライトの使いやすさをインプレッションしたいと思います。

OK!STOREでラインナップされているコンタクトジャグリングボールには、サイズが2種類ございます。
76mmと100mmの2タイプ!
いずれもブラックライトを照射すると、ブルーやイエローに発光するUV仕様ですが、それぞれのサイズには適した技があります。

まず小さい方の76mmは、マルチと呼ばれる複数個を片手もしくは両手で操る技に向いています。
もちろん、シングルで適している技が出来ない事もありませんが、アイソレーション等の水晶本体が止まっていたり浮いているように見える技には向いておりません。
片手で2個を回したり、両手で3個を八の字に回したり、4個をピラミッド型に積んで回したり・・・複数個を操るトリッキーな技に向いております!

そして、100mmのサイズはと言いますと・・・シングルと呼ばれる、1個のみの水晶をつかって静止しているように、浮いているように見える不思議な技や、腕や体から離れる事無く転がしたり動きを一点で止めたりする、迫力のあるロールと言う技等に向いております!
また技については別の投稿で詳しく書いてみようと思いますが、この100mmのコンタクトジャグリングボール、何と言ってその大きさから感じられる存在感と迫力が凄いです!
76mmの水晶を何個も操るのも綺麗なのですが、この100mmの大きさ一個の水晶に集中して行う技には、コンタクトジャグリング独特の不思議な雰囲気を醸し出す技がいくつもあります。

更に、今回はUVライトを装備した場合に、100mmのコンタクトジャグリングボールを操ると、暗闇の中ではどのくらいの照射率なのか?発光度はどうなのか?
コチラです。

ブラックビームと比べてUVライトは小型な設計なので、大きい方の100mmに光を当てた場合に、綺麗に発光しないのでは?
と、思いがちですが、実はブラックビームは、ライトの先端で光が拡散されるように特殊なレンズが装備されているのですが、UVライトはその発光しているライトの部分そのものがむき出しに付いている形なので、程よく水晶全体を包み込むように綺麗に光が行き渡っていて、その相性は良いのです。

しかも、UVライトのスイッチは、その本体のお腹部分に大きめに作られているので、OK!STOREオリジナルのリストバンドに装着していると、技を行っている最中でも、指一本で簡単にON、OFFが可能なのです!
その上、装置自体がかなり小ぶりなので、100mmのコンタクトジャグリングボールを使って、シングルの技をする時に邪魔になる事もありません。

ブラックビームはボディが大振りな変わりに、その光るパワーが絶大です!
UVライトは、光の強さを変えたりする事は出来ませんが、その小さなボディからは想像できない程の照射率と、使い勝手の良さがスムーズであります!

UVライトと100mmのボールを使用してのインスタに乗せた動画です。↓

皆様のプレイスタイルに合わせたアイテムで、コンタクトジャグリングボールの楽しさも更に広がる事と思います!