プロテクトハードケースのススメ

どんなジャグリング道具にでも、運搬方法&収納方法がとても大切です。
今回は、そんなお話し。

ディアボロでも専用のナップサックに入れたり、ご愛用いただいている皆様それぞれが、お気に入りのケースで持ち運んだりと、いかに道具を傷付けずにに収納して持ち運ぶか?
これ、結構悩みますよね。
OK!STOREで取り扱いが始まりました、ご好評いただいているコンタクトジャグリングボールは、その形こそ真ん丸で何にでも入れておけそうではありますが・・・実はコンタクトジャグリングボールって、技を行う時に、どれだけ水晶本体が綺麗であるか?これが重要になってきます。
技に挑戦する時に、正面に鏡を置いて練習していただくと、よりその重要性が解っていただけると思うのですが、76mmでマルチの練習でも、100mmでシングルの練習でも、その独特な動きや技の特性から「不思議に見せる」には、水晶本体が止まっているように、また浮いているように見せるには、出来る限り傷も少なくて綺麗な状態で行う事が大事なのです。

そこで!登場しますのが「専用プロテクトハードケース」です!
いつものように、OK店長的には見た目も凄く重要なので、その外観が・・・これ!

武骨な感じがどこかミリタリーな雰囲気もありつつ、とても丈夫そうでカッコ良くないですか?
これ一つ持っていけば、スパイムービーに出てくる主人公ばりにテンション上がります!!
この素材は耐衝撃性ポリプロピレンで出来ており、通常のプラスチック素材よりも断トツに丈夫で、ちょっとやそっと壁にぶつけてしまったり、床に落としたぐらいではビクともしません。

更には、プロテクトハードケース内には予め衝撃吸収材ウレタンが装備されており、ここへコンタクトジャグリングボールを動かないように収納しておけば、運搬中、収納時に傷付く事もありません!
このウレタン素材には元々15mm角の切れ込みが入っている為、76mmを何個?100mmも入れる?等、細かな収納個数にも対応しており、大変便利な構造です。
こちらは、初期装備のウレタン素材を76mmサイズが5つ入るように加工した状態。


そして、76mmを4つに100mmも1つ入るように、ウレタン素材からカスタマイズした状態。


OK店長も、スピニングマスターズとしてパフォーマンス時には結構ハードに使用しておりますが、壊れそうな予感すらしません。
また、持ち運ぶ際に使用する取っ手の部分の近くにダイヤルのような物が付いております。

と言いますかダイヤルなのですが、これ・・・中の空気圧を調整する事ができます!
どう言う事かと申しますと・・・

①ケースを開ける


②コンタクトジャグリングボールをしまう


③ケースを閉じる


④ダイヤルを回す

この順番で収納すると、ただ単にウレタン素材のスペースへ水晶を閉まっただけよりも密閉度が増し、ケース内でのガタツキを更に軽減してくれます!最強です!

このように、コンタクトジャグリングボールを使っての技を習得するのと同じぐらい、持ち運ぶ方法、保管しておく状態も凄く重要です。
お手元にあるケース等に収容するのも良いですが、是非!専用プロテクトハードケースを使用して、さらに上のコンタクトジャグラーを目指してください!