新しい商品を載せました

ここ数日はセーバースピンパフォーマンス話題が続いていましたが、本日はコンタクトジャグリングボール話題を。

コンタクトジャグリングボールに関してOK!STOREではUVタイプに拘っております。

UVタイプは紫外線反応なので、太陽光の下、あるいは紫外線ライトで発光させるのですが、反応の強いボールは太陽光で発光が確認できますが、一般的な市販品はそこまで発光状態が確認できません。デイライトの大道芸などでも8~10メートル離れたところのお客さんからはハッキリとはわかりません。強烈な反応を起こすUVタイプであれば「ああ、光っているね」というレベル。

それを強制的に強い発光状態を視認できるように見せるためにはUVライト(ブラックライト)を使うのが一番早いのです。UVタイプというコンタクトジャグリングボールの特性はこんな感じで理解していただいていれば良いでしょう。

 

続いてオンラインウェブショップ OK!STOREでの販売商品について。

販売中のクリアーUV、グリッターUVはブラックライトや通常の日光下での紫外線などに反応しブルーに発光する特徴があり、今取り扱っているものは自分でもショーの時に実際に使用してみて、従来のUV効果より少しでも強い効果が確認できたためオンラインウェブショップ OK!STOREに置きました。(※海外で買い付けをしたものと、国内で仕入れをしたものとあります。)

自分で行うショーでも、特に強いUV効果のコンタクトジャグリングボールを探し求めておりましたが、中々希望通りの製品はなく、「よし!ならばOK!STOREオリジナルで!!」と一時は思ったのですが、1ロッドでの発注数が恐ろしく多く、とても自分のショップだけでは完売できない量で、さすがに断念。(笑)

 

海外からの輸入したものの中で現在は完売していて入荷も未定というのが、コンタクトジャグリングボール UV 76mmイエローグリーン。

普通UVタイプとして販売されているものはぼんやりとブルーに発光するボールが多いのですが、UVイエローグリーンは珍しい発色のボールでした。

上記写真、室内のような紫外線がないところではイエローに限りなく近い黄緑色。

 

普通の「晴天だね!」という日光の下では、グリーンに発光状態になります。

 

上記写真、さらに普通のLEDライトを室内で照射するとイエローグリーン。これは反対側から光を通している状態です。

 

こちらは側面からUVライトを照射した状態。周囲がくらいところでの写真ですが、もやは電球か??というくらい発光しています。

こういうボールは大道芸のショーでもステージショーでもちょっとしたライティング効果で面白い見せ方ができるのです。

今でもスピニングマスターズのショーの中では2つはUVブルー、1つはグリッタータイプのUVブルー、そしてもう一つがUVイエローグリーンという組み合わせです。

今は、このUVイエローグリーンが入手できないので、海外へもメールでいろいろ聞きまわって近いものを探しているうちに見つけた「GOLD」と表示されたコンタクトボールを紹介します。

最近、記載商品を追加した中から海外からダイレクトに仕入れをした「コンタクトジャグリングボール UV 76mm イエローゴールド」、このボールは一応UVタイプなのでUVライト、ブラックライトに反応をしまが、UV効果はそれほど強い方ではありません。

発光状態と、そうでない時の差が大きいというか、変色も面白いボールです。オンラインウェブショップ OK!ストアの商品紹介ページはこちらになります。
>>コンタクトジャグリングボール UV 76mmイエローゴールド

上の写真は普通の部屋の中で撮影したものです。見間違うほどUVイエローグリーンと同じような色合いで、ゴールドと言われるだけ黄色からアンバーカラー寄りです。

 

太陽光のしたでも同じように見えます。このボールは透明なので光を通してレンズ効果もあり注意も必要であることがわかります。

 

UVライトを使って発光した状態ですが、2通りの写真で確認してください。

まず、裏側から紫外線を通した状態。

 

紫外線を手前から照射した状態。

 

どうして発光状態時のカラーがこうして変わるのか僕にもわかりませんが、不思議でした。

 

こんなカラーも仲間入りしました!現在オンラインウェブショップ OK!ストアの方で5種類のコンタクトボール(76mmのみ)を記載しました。在庫品のみで終了予定です。

マルチコンタクトジャグリングのアクセントの一つにどうでしょう??
以上、OK!店長からの久しぶりにコンタクトボールのUV効果についての投稿記事でした。

 

次のブログからはいよいよセーバースピンパフォーマンスのスピン技動画を、まずは基本レベルから順次記載いたします。

投稿者:OK!ヒロヤ 投稿日時: