セーバースピンパフォーマンスのナイトビュー動画も沢山ご覧いただき誠にありがとうございます。

ナイトビュー動画ではシングルセーバーの撮影時にはRGBカラー可変タイプのセーバーを使用しました。発売する予定(輸送が遅れておりますが)のライトセーバーはヒルトのカラーはブラックとシルバー、そしてガンメタという3タイプ。そしてブレードはブルー、レッド、グリーン、パープルの4カラーを単色で。そして少量しか入荷しない予定ですが、RGBタイプというカラーの可変タイプもございます。

そこで、今回はこのRGBカラータイプのライトセーバーを使ってブレード発色の実験動画を作成してみました。

 

実際にナイトビュー動画を撮影したときに使用したライトセーバーはこれ。ヒルトにエクステンションアタッチメントなどで延長したりして形状は市販品とは若干違いますが、光り方、ブレード発色などは大きな違いはありません。

 

カラーチェンジはボタン一つで簡単に変更できちゃいます。

レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、アイスブルー、ブルー、パープル、シアン、ホワイト、ピンク、ライトピンクに変化します。できるだけナチュラルなカラー確認がしていただけるように画像も撮りました。

Red

Orange

Yellow

Green

IceBlue

Blue

Purple

Cyan

White

Pink

LightPink

一度スイッチONでセーバーを起動させてから、スイッチボタンを長押しするとブッ、ブッ、ブッと3回バイブレーション合図があり順番にカラーチェンジをすることができます。

ちなみに起動状態からバイブレーション5回でOFFとなります。

起動状態からスイッチをワンクリックでは点滅をゆっくり遅く、または点滅をチカチカと早くなど、フリッカータイプを選べます。これはパフォーマンス中でも切り替えると面白そうですね。

起動していないOFF状態から長押しでバイブレーション3回でサウンドフォントを切り替えたり、サウンドオフにすることもできます。

スイッチは1つしかないので、こんな感じで長押ししてバイブレーション合図が何回あるかでセッティングができます。

 

RGBカラーチェンジ ナイビューテスト動画をご覧ください。動画の最後の方ではゆっくり点滅させながらスピンさせるとどうなるのか?そんな実験もしてみました。(実は初めてやってみました  笑)

前回のナイトビュー動画まではLED照明を幾つか使用して撮影をしましたが、今回は殆ど照明無しの撮影です。PCモニターやスマホ、タブレットなどのディスプレイ環境によっては正確なカラーチェックにはならないかもしれませんが、大体のイメージは見てお分かりになったかと思います。

いかがでしたか?気分によって、パフォーマンスのシチュエーションによってカラーチェンジできるのも楽しいですね!!

 

コロナウィルス感染拡大の影響で緊急事態宣言がでており、思うように動画撮影ができなくなりました。今まで自由に使えていた河川敷もGW中はトラサクで進入禁止になっていては入れません。

しかし、たった今、良いニュースも入ってきました。地元が緊急事態宣言解除となるようです。まだコロナウィルスの脅威が去ったわけではないので油断は禁物ですが、解除となれば少しは身動きがとりやすくもなると思います。

まだまだ、セーバースピンパフォーマンスの動画、他にもディアボロやコンタクトジャグリングなどの動画も撮影できればドンドンドシドシアップしたいとOK!店長は張り切っております。応援よろしくね!!!!