9M・DRAGON

今回は、パフォーマンスドラゴンの9mにチャレンジしてみた話題です。

始めの自粛期間から復帰後、新たに演目へ追加したセーバードラゴン。

これは、ライトセーバーの先端部分をカスタマイズし、パフォーマンスドラゴンと言う一種のフラッグ(旗)を装備して、竜を空中で操っているかのように見せるアイテムです。

これまで、本番では1.5m、3m、5m、7mと4種類の長さを使い分けてきました。

始めは、使い慣れていない事もあり、まずは扱い易さを優先して1.5mから。これは復帰戦となった富士急ハイランド大道芸フェスティバルで使用しました。

その後、レギュラーとなっている大道芸現場もボチボチとではありますが復帰してきて、色んな場所でセーバードラゴンも活躍しております。
その中で、屋内外問わず環境によって、その長さを使い分けております。

パフォーマンスエリアが広く取れるか?風の強さがどれくらいか?主にこの2点を気を付けて、より広い場所で風がほぼ無風状態の時に限定して7mサイズも、実際に本番で披露しております。

やはり長くなればなる程、ダイナミックであり、よりお客様の注目を集める事が出来ると感じております。

更にその上をいく9mサイズも手に入れましたので、今回はトレーニングへ出掛けた際に練習した様子を動画にしました。

いかがでしょうか?比較動画ではありまんせんし、実際に目の前でご覧いただけた時ほどのインパクトは無いと思いますが、9mの長さともなるとダイナミックさに加えて、より竜っぽい動きに見えてくるように自分では感じました。

オープニングで披露するには、あまりに強烈なアイテムかと思いますが、こちらの9mドラゴンは使える環境も限定的で、完全無風状態で、いつものストリート大道芸をする時に使っている広さよりも大きく場所が確保出来る室内限定といったところです。
主に、舞台があるようなホール内のステージ上が望ましいと思います。

もっと自由自在に操れるように、ジャグリングやセーバースピンの練習同様、セーバードラゴンにも力を入れていきたいと思います!

投稿者:OK!ヒロヤ 投稿日時: