忘年会

昨日は墓参りへOK!ヒロヤとケイコママと3人で行ってきた。

お盆、正月、お彼岸など「ここぞ!」という時にはタイミングが合わず、しかも3人揃ってということもなかなかチャンスが少ない。家業が因果な商売である。(笑)

それが昨日はバッチリ!ご先祖様への沢山あったご報告ができた!

いろいろ諸事情があって、ケイコママ側のご先祖様と、僕側のご先祖様と2ヵ所のお墓めぐりツアー。これは毎回のこと。

今回も両家の皆さんにご挨拶ができて良かった。

実は両方の両親、「もうちょっといろいろ教えてよ!!」と言いたくなるくらいのタイミングであの世へ旅立ってしまい、長生きだった方ではないのが残念極まりない。これもそれも人の寿命なので仕方ないが、居なくなってから気づくことや、理解できたことも非常に多かった。

自分自身も確実に人生の3分の2は過ぎたわけで、お花を捧げ、お線香とロウソクに火を付け、お墓に向き合うと短い時間の中での話がついつい長くなる。

ま、久しぶりにご先祖様とお話できて良かった。

夕方からはPKPK先輩のご自宅でのこもれび忘年会へ参加させていただいた。

毎週のように現場で一緒になり、大笑いをしながら一緒に大道芸活動を頑張ったり、時には喧嘩もしたり…。とりわけナガシマで一緒に活動をしてきた先輩、後輩どちらも懐かしい顔ぶれに会えて良かった。

もう、年に数回。良く会えても2~3回という状態がこのところの状況なので、積もる話も多い。

近状報告にはじまり、子供の話題、スマホの話題、YOUTUBEの話題、SNSの多アカウントの話題、大道芸の道具の話題、オリジナルアイテム製作の話題、老眼鏡の話題…

老眼鏡の話題には笑った!もう、そういうお歳のパフォーマー仲間も出てきたのか?と。(笑)そういう意味では僕が年齢的には最先端を行っているわけで、老眼鏡の度数についてのミニ講座を開いたり、最近の現場では…というような大道芸のことについて話したり(ショーのことなどは殆どは話はしないが)それぞれの将来への方向性を語ったり。

老眼鏡といえば、自分のパソコンの前には老眼鏡だけではなく、既にルーペ的なものに頼らざるを得ない現実。(笑)特に作業の時など必需品となった。

僕的には一番うれしくも楽しくもあったのは子供たち。

スピニングマスターズがイベンターから大道芸パフォーマーへの世界へと足を踏み入れたころにこの世に誕生した子たちが、高校生、中学生と今は立派なお姉さんだ!また同期や後輩たちも「お父さん」に一生懸命励んでおり、おむつを替えたりあやしたり、それはそれは微笑ましい風景だった。

クリスマスが近く、子供たちにはクリスマスVerのドーナツを差し入れた。ケイコママを「ドーナツだよ!」と持って行くと、群がる子供たち。誰かが「小さい子から!」と順番だと…。おお!!大人になった!!素晴らしい!!

また別の時間。

アダナとして「トモヒロパパ」と呼んでくれる子供たち。ゲームをしていて誰かが「トモヒロパパ!!」、別のところから「もう、トモヒロじいちゃんだよね!」と。正解!!そう思ってもらっても何の抵抗もなく、それなりに嬉しいものである。

そんな子供たちと少しコミュニケーションをしたく、みんなからは少し離れた席に座っていたが、皆さんご丁寧にご挨拶に来てくれて嬉しかった。

気が付けばあっと言う間に3時間。

一日中、とても良い時間を過ごさせてもらってありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする