シンプルに

スピニングマスターズのホームページ、TOPページのデザインを少しだけシンプルに変更しました。もちろん、引き続きスマホ、タブレット、パソコンなど各モニターサイズに対応しております。

http://www.spinning4.com/

いよいよ明日から2日間「第3回 多治見大道芸見本市」が開催されます。スピニングマスターズは初参加ですが、随分むかしのことですが、ウナガッパ祭りというイベントに出演したことがあり、その年の夏も猛暑。日本一暑い街として多治見がメディアに取り上げられておりました。

また、4年前の夏。この時も超猛暑で多治見の大型児童施設での出演。お客さん用にテントまで用意してもらってOK!ヒロヤは炎天下で必死にショーをやり遂げた!そんな思いでも。

どちらも猛暑!というイメージが強い多治見でありますが、あしたは大丈夫!!あさって日曜日は少々お天気が怪しいようですが、雨天対策も主催者がバッチリとのこと。いいじゃないか!天気など。楽しもうではないか!と思っております。

今日は1日かけてこの先GWまで全力疾走できるよういろんな準備をしました。

ジャグリング道具であったり、音響機材であったり、いざ!という時に故障、破損がないように万全を。こういうことがスピニングマスターズの中では自分の役割なのです。

そういう中で大量に用意したのがこれ。

なんだかわかるかな?

旧ブログからお付合いくださっている方はご存知だと思いますが、これはヘッドセットマイクの汗、雨対策に使うパーツ。

別の記事で書いたと思いますが、コンデンサーマイクは湿気が大敵。ヘッドセットはパフォーマーの額から頬を伝って、マイクのフレキシブルアームから先端のピックアップへ。

汗が入ると音声がまともに拾えなくなってしまうので、その対策にと吸水シートを細く短冊状にカットしたものです。

これをフレキシブルアームとカプセルの接合部あたりに巻きつけてビニールテープで固定。ここで汗や小雨程度の水分を吸収させてやるとショーが終わるまでクリアーな音声を保つことができます。

その昔、ティッシュを細かく折りたたんだり、フェルトを使ったりしていろいろ試していたところに、わくわくブーブくんが「こんなのもありますよ」と教えてくれたのがこれ。以来ずっとこれだけで一度もショーの途中で汗によるトラブルはありません。

写真はその当時のもの。

真夏、特に昨年のような猛暑となった時などはフレキシブルアームに取り付けただけでは不十分かなとこんな状態でショーをしておりましたが、30分のショーを終えると2ヵ所の吸水シートはズッシリ!!という状態であります。

こんなものすらも、もう既に準備をしておかないとアッという間に真夏のような状況下のでの大道芸となってしまうのです。GWあたりからは大変だろうね。特に体が暑さに慣れていない時は。

さあ、準備も万全!スピニングマスターズ全員張り切っております!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする