FUJIYAMA日誌 FUJI-Qサマーフェス編 DAY1

本日より富士急ハイランド 大道芸サマーフェスティバル2019への参加一日目であります。

公式ホームページはこちら>>富士急ハイランドHP

昨夜は三重県いなべ市で夜7時からのステージショーがあり、無事に営業が終了してから最速で片付けと撤収。

大量のテーブルとイス、そして大きなステージ。こうした企業フェスティバルの出演経験は豊富な方でセッティングは完璧。

ショータイムはナイトパフォーマンスで自前の照明機材も持参しておりましたが必要ないほどのライティング。

開会式直後で会場の雰囲気もまだ出来上がっていないほどの時間帯でしたが30分のフルパフォーマンスでイイ雰囲気になれて、良かったと思います。

ショーが終わってからも差し入れやお話に来てくれるお客さんもいて楽しいナイトショーとなりました。

高速道路が近くまで伸びて来ているので、東員の新設インターから高速に乗れるのが便利になりました。おそらく多くの人が明日からお盆休みに突入するだろうし、そうなれば長期休暇直前で何とか仕事を片付けなければという人や、既に仕事を終え明日からの渋滞発生前に帰省しようという車で夜遅くだと言うのに凄い交通量でした。

マナーが悪いドライバーもいて左側車線からの追い越し、アオリ運転などサーキットでのビギナーレースの様な状態で非常に危険な感じでした。

安全運転と確実な移動が僕の仕事なのでハンドルに集中して運転をして深夜12時に宿泊先にに到着。

宿泊先のおばちゃんが遅い到着になってしまったにもかかわらず、何度かお電話して 部屋番号だけお聞きしておけば大丈夫ですよ と言っても 待っています と出迎えてくれました。

おかげで無事にシャワー浴びて布団の上で寝ることができました。良かった!ふぅ〜!安全運転と、急がなきゃという狭間で専属ドライバーとしては必死でありました。(笑)

宿泊先はなななんと!エアコンなし!!毎日暑い中で動き回ってエアコン無しで寝付けるか?ちょっと心配でしたが、流石富士山のご近所さんなので夜9時を回れば涼しいのです。

クタクタでシャワー浴びてグッナイ!!

さて、翌朝からの富士急ハイランド。

全体ミーティングを済ませて、現場の下見に。

今回の難しいところはどの場所で?ということよりも時間帯と直射日光対策

まずは直射日光対策は過去のこの場所での経験から簡易テントを持参。これはもう夏の標準装備アイテムとなっております。(笑)

そして刻々と変化するわずかな木陰にを利用してセッティング。少し手狭なパフォーマンススペースにはなってしまいますが、お客さんの安全第一。

お盆休みにに突入してからは毎日様々なイベントがあり、その合間を縫うようにしての大道芸実施となり、場合によっては30分という時間が使えないタイトなスケジュールのときも。

これらはケースバイケースで臨機応変な対応が必要でした。

とりあえず11時45分スタート。

集客に時間がかかるか?など苦戦覚悟でありましたが意外とスムーズな滑り出し。

沢山のお客さんに集まっていただけ、嬉しかったというより一安心というのが本音。

今日は過去の経験からの現場状況を思い出すようにパフォーマンスをしており、日陰が移動する方向は?とか、ショーは短めの方が良いとか、記憶をたどってショーをしておりました。

2回目のショーもまずまず。アジア系の海外からのお客さんは昨年よりも多くなった感じ。客上げの人選もひとつ間違うとショーは脱線して大変です。ここは慎重に・・・。(笑)

そして3回目。パフォーマンスの向きを変えて再セッティング。

仲間のパフォーマーとも時間調整や場所の共有など常に話し合いながら進めております。そしてスピニング最後のパフォーマンスとなる3回目のショータイムはわずか20分で終了する超ショートスタイルで。

この時間帯はお客さんちょっと少な目に感じました。たぶん、雨がパラパラとしていたので休憩中のお客さんが多かったのかな?

テントのおかげで雨の中でもエンディングにたどり着けました。大雨になってしまえば諦めることも必要ですが、今回のテーマ、デイライトの3回をしっかり頑張る!と決めた通りにやり切ることができました。

「寄せ」をするタイミングがほとんど無かったので、大きく広がっておりますが、小雨の振り出す中で最後までお付き合いくださったお客さんに感謝です。

今日は1日目ということで少し手さぐり的な感覚もあったのも事実ですが、3人でベストな状況をその都度見つけながら必死で頑張りました。

この夏のフェスではナイトパフォーマンスは辞退。デイライトのパフォーマンスをきっちりと一日3回を実施し、お客さんに楽しんでもらえるようにその3回を一生懸命やろうという3人の中でのミーティングがありました。

明日からも一切手を抜かずフルスロットル状態で1週間を駆け抜けて生きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする