FUJIYAMA日誌 FUJI-Qサマーフェス編 DAY7

さぁ!最終日です。特別な思いも沸いて来るし、よくここまで一切手を抜くことなく全力で頑張ったと自分たちを褒めたくなるような、ちょっと胸を張りたくなるくらいの気分で最終日のゲートを入場。

昨夜は台風の暴風域のピークだったかというくらい宿泊先でも雨風が窓をたたく音すごかったけど、本日は午後から天気も回復方向。最終日もフルパワーパフォーマンスで頑張りましょう!!

朝は依然として若干怪しい天気ではありますが、もう天気予報など信用できず、自分の目で直前の空模様から判断するのが正解。

11時ごろには急激に雨も止んですっかり青空。(油断はできませんが…)

雨が止んで嬉しいのでありますが、実は休止していたアトラクションが一斉に運転再開。大道芸にとってはお客さんの足が速くなるという副作用もあるのです。けど、昨日もこのブログに書いたとおり、ここは遊園地。楽しいアトラクションもいっぱい!!存分に楽しんでくれればそれで良く、大道芸もついででOK!時間にゆとりがあるときにお付き合いくださればそれでホントに良いのであります。

1回目のショーはまだ地面も乾ききっていないタイミングでスタート。今日も向きは昨日と同じ。このときはフラッシュデビルスティックとディアボロ、そしてファイヤーショーからエンディングへの流れ。所要時間は20分以内!

2回目のショーです。地面もカラカラに乾いてくれて、お客さんも座ってゆっくりと楽しんでくれました。

2回目のショーを終えてから、ステージ前の広場を明日のイベント準備で作業が始まるということで、更に不思議なポジションに移動。

3回目のラストパフォーマンスの前にランチ。ケイコママはチーズドッグを食べてました。

15時30分、ラストパフォーマンスのスタート直前。いつもこんな感じのマジでゼロスタートであります。昨日と今日は雨予報だったからなのかお客さんは少な目。

今回は富士急ハイランド大道芸サマーフェスティバル2019に参加してからテントが必需品でありましたが、ラストパフォーマンスの時だけは天気も回復し雨の心配もほとんど無かったのでテントをたたんで開放的にパフォーマンスを。

ラストパフォーマンスにふさわしい盛り上がりでした。おかげさまで本日予定の3回のパフォーマンスも最後の最後まで楽しくできました。

それでは今回の全18回、一切手を抜くことなく全力で駆け抜けたパフォーマンスを1回ごとに振り返ってみたいと思いますが、それは、後日スピニングマスターズのイベント報告記の方で。帰還後に一気にアップいたします。

お片づけも終わり全18回をやり切って達成感が味わえる瞬間。

OK!ヒロヤが日焼けして真っ黒であります。あんなお肌のメンテナンスをして、日焼け止めを塗っていたにも関わらず。(笑)

台風9号、10号と立て続けに不安とさせられましたが、今振り返れば全く出来なかったという日は1日もなく、やゆのか?やらないのか?は結局は自分との戦い。スピニングマスターズも大道芸をスタートして小雨の中で進行したことは数回ありましたが、雨で中断しなければならなかった大道芸は一度もなく、無事に18回のショーを披露させていただけました。

これは、富士急ハイランドという場所と、チャンスをくれたスタッフの皆さんと、そこへご来園くださった全てのお客さんに感謝であります。

これで7日間にわたって書いてきたFUJIYAMA日誌も締めくくり。

明日は葛西臨海公園での大道芸活動です。2コマ予約しているので2回のショーができるとイイね。明日は名古屋に戻ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする